テーマ:勝手連

行ってきました、濃溝の滝…師走勝手連

<濃溝の滝>今年後半から急に騒がれ始めた「濃溝の滝」。場所を調べたらテクから西南西に約40kg、1時間ちょっと程度のところにあった。 師走勝手連は久しぶりに遠足付きということに… 11日モッチャンとチュンさん到着。普段より1時間も早く10時30分に来夷。天気も良く暖か、早速作業に…。 今回の作業は、ネット支柱下の防草シートの敷…

続きを読むread more

恒例のもみ殻運び…11月勝手連

<ベンジャミン、プルメリア、ブーゲンビリア>ママさんがいすみに定着しだしたので杉並の洋ランや亜熱帯植物群の管理ができなくなってきた。特に冬場は温室の管理ができないとそれらの全滅は火を見るより明らか。かといって全部いすみに持ってくるのも無理…ということでノアの箱舟じゃないが数種の植物を選んで軽トラで運んできた。 南向きの廊下に保温性を高…

続きを読むread more

大草刈り完了…10月勝手連

<イノシシ!!>10月に入り朝テラスを巡っていると樹列の畝間が変に荒れていた。浅く掘り返されたようなのだ。そして次の日さらに荒れがひどくなっていた。見回ってみると第2、第3テラスのほぼ半分の畝間が荒らされている。 その広さからはどう見てもタヌキやハクビシンの仕業ではない。鈴木さんにも確認したがやはり猪である。 周りをぐるりと川に囲ま…

続きを読むread more

前へ…9月勝手連

長雨で曼珠沙華も精彩がない… こんなに雨続きの9月は本当に珍しい。亭主がいすみに入って初めての経験だと思う。体には良い休養だが、次への作業が全く進まない。 雨の中でも作業をと思いはするのだが、大きく茂った雑草は雨に濡れて重く、乾いているときの3倍は体力を使う。既にだいぶ腰をやられてる今の亭主には怖くて出ていけない世界だった。 …

続きを読むread more

1トン達せず、986㎏…葉月あれこれ

忙しさにかまけて、畑の方を放っといたら背丈50cmほどの雑草で覆われた中にカボチャが30個ぐらいできてた…お手伝いの鈴木さんは直売所で売れとおっしゃる。でも直売所もカボチャだらけ… 8月早々に毎年楽しみにしている山崎夫妻との石窯パンパーティとなった。 8日午前夫妻到着。まずは摘み取りのお手伝い…もう盛りは過ぎかけていたが、目標と…

続きを読むread more

ピークシーズンのサポーター

今年は花芽が6つ出た。でも少々小ぶりか… 7月に入った。只々ブルーベリーの収穫の毎日が続く…変わったのはハイブッシュ種の収穫が終わりラビットアイ種の収穫が始まっていることだけ…。 と、ここまで書いたのがて今8月7日… 会う方、電話で話す人、メル友…みなさんから「ブログが変わっていない」と言われ続けた。 さもありなん。本人は7…

続きを読むread more

シーズン開幕そして忙殺…それゆえついでの勝手連…

今日は6月24日…やっと少し気持ちに余裕ができてきた。月初めから突然ピークが訪れ、ペースの掴めぬまま摘み取り、選別、出荷作業に追いまくられたハイブッシュシーズンが終わりに近づいている。 画像はほぼひと月前(5月28日、勝手連が作業を終え帰宅した翌日)のデューク。 本当に美しい姿の実だ。(エチョータと並んで当園のメイン品種である。) …

続きを読むread more

こまごま作業一気に片付く!… 5月勝手連

<エルダーフラワー>早春に露地に移植したエルダーの花が咲いた。なんてこともない花なのだが、この樹は西洋ではいろいろな言い伝えがあるのが面白くて、農園に役に立つハーブを調べ始めた7~8年前にインターネットで取り寄せたものだ。 和名「セイヨウニワトコ」。マスカットのような甘い香りが特徴で、花言葉は、思いやり、愛らしさ、 熱心… 西洋のた…

続きを読むread more

シーズンに向けて…4月勝手連

4月も半ば、ぼつぼつウインドブレーカがいらなくなってきた。 今年最初の大草刈りもほぼ目途が付き、ガーデニングやファーミングにも少しづつ手を回せるようになってきた。 表のR&Bガーデンの一部を長細くレンガで囲い新たに作った区割りにポピーやハーブを植えることにした。より花壇らしくなってくるだろう。 4月17日モッチャン到着。 今月は…

続きを読むread more

防風ネット張替え完了…3月勝手連

<サクランボの花が咲きました。>今年はいくつ実がなるか… 雨だらけで作業が遅れるばかりの3月。まだ春と認めたくないのだが、もうしっかりと春… 3月14日、モッチャンと久しぶりのチュンさん来訪。が…この日は終日大雨…悔しいったらありゃしない。 で、やむなく室内作業。前日四街道の西浦氏が季節はずれ(かな?)に夏ミカンを送ってくれた。タ…

続きを読むread more

再び忙中忙へ…2月勝手連

こんなに暖かい冬が続くのが良いのか良くないのか…何せうちの周りが季節に合っていない。2月の初めミモザがうっすらと黄身がかってきたので枯れるのじゃないかと心配したのだが、何のことはない1か月以上も早く花が咲き始めていたのだ…この分では2月末には満開になる勢いだ…。 <こっちはほぼシーズンどおり…> 2月3日早朝ハノイから成田に着き…

続きを読むread more

黙々と、ただ黙々と…正月勝手連

<なぜまあ、こんなところに…> ラビットアイテラスの12列、ブルージェムNo.12に小鳥の巣が…ママさんがどう剪定するか楽しみ… 暖かい日の続く正月19日、亭主が剪定でシャカリキになっているとこへモッチャン到着。 今月と来月は寒いのが危険なのでチュンさんがお休み。モッチャンの単独行である。 一方一月の作業メニューは例年結構多…

続きを読むread more

暖冬の師走の中で…12月勝手連

12月12日の紅葉… 例年に増して今年の紅葉はことのほか美しい。これも暖冬のせい?… 12月12日今年最後の勝手連活動開始… 昼前モッチャンとチュンさん到着。 今回はやりたい作業がたまっており、昼食後すぐに活動開始… まずは隣家の高師さんの田んぼからのもみ殻運び。先月できずに1月後れとなったもの。 今年はバークチップを大…

続きを読むread more

最近ついてる勝手連…11月勝手連

<ポンチョ…>今から50年以上前になる…亭主が大学生のころ好んで東北の名山を一人で登り続けていた折、必ず持参した黄色いポンチョである。なぜか今も傷一つなくいすみにある。もちろん雨が染透ることもない… 11月8日、霧のように降る弱雨の中11月の勝手連活動が始まった。予報では3日間雨とのこと、日延べをも考えたのだが、前後に予定があり変更で…

続きを読むread more

来シーズンへの作業好調!! 10月勝手連

<きくちゃんお手製ジャガイモのキッシュ> 9日、10月の勝手連活動開始。モッチャンが菊チャンお手製のジャガイモのキッシュを持参。久しぶりの質の高い昼食に快哉を叫びつつ堪能。美味かつ結構ボリュームがあり夕食時になっても空腹を感じなかった。 今回の勝手連活動は天候にも恵まれて超効率的に作業がはかどった。 今までたまっていた残務が一…

続きを読むread more

新たなシーズンに向けて…9月勝手連そしてあれこれ

もう9月も終わる。タイトルとは裏腹になかなか残務処理から抜け出せない。 シーズンの興奮と緊張からは9月半ばには抜け出せてはいたのだが、残された目の前の膨大な草刈り作業に心は安らぐどころではなかった。特に今年の9月はダラダラとした雨の日が多く作業を妨げた。 <第1テラス>第2テラスとの間の中道も雑草で先が見えないぐらい… …

続きを読むread more

ハナ逝く…

<5月1日のハナ 10回目の誕生日> 9月20日未明ハナが逝った。まだ10歳であった。逝くには早すぎる歳だ。 9月に入ってすぐのころ、またハナが食べなくなった。 7月にもそんなことがあり、近くの早川動物病院に連れて行ったら、口内炎だといわれ手当てをしてもらった。 そのご快癒して元気になったと思っていたのだが、9月に入ってまた…

続きを読むread more

葉月あれこれ②… 勝手連、玄太郎そしてシーズンの終わり…

<ジャム瓶のデザインを変えた…>初めてジャムを作ったのが、2009年の夏。7回目の夏になる今年思い切ってジャム瓶のデザインを変えた。 理由はいろいろあるが、最大のきっかけはこれまでのラベルが耐水性でなかったこと… やはりジャム瓶は水分の近くにあることが多く、ラベルの字や図柄が滲んでしまうことがあった。販売中にそうなるともう売り物では…

続きを読むread more

文月あれこれ 

何はともあれ申し訳ない。 現在というかここの処ずっと、到底ブログに入れる状況にない。時間的にも気持ちの持ちようも… で、またまた昨年同様画像のみでご勘弁いただく… <ノビリス> 園内ピカ一!!甘く、大きく、実もかたい… いろんな条件が重なったのだろう。理由は定かでないが、今年の実はむちゃくちゃ甘い… 特に7月後半から、ほ…

続きを読むread more

ハイブッシュシーズン始まる…6月勝手連

<スパルタン>左下3cm、極大粒。上中1.8cm、これが一般的に「大きい」と喜ばれる大きさ…6月、今年もハイブッシュ種のシーズンが始まった。昨年の当園最初の摘み取りが6月5日2.7kg。今年は6月1日には我慢しきれずに摘み取りを始めた。5日も早くシーズンが始まったのだ。しかも例年ならまず北部ハイブッシュの極早生種(ウエイマウスもアーリー…

続きを読むread more

いよいよシーズン開始…5月勝手連

<デューク> 好天続きの5月、心臓の手術や脚立からの落下騒動での4月の遅れを取り戻そうとシャカリキになったのだが、やはり一人遊びでは遅々として進まない。 必死になって草刈りを進め5月半ばには第2、第3のハイブッシュテラスを刈り終えた。これで6月から始まる収穫時にも足元が気にならないし、ショウジョウバエ対策も何とかなりそう。 第1(…

続きを読むread more

モッチャン草刈り機に挑戦…4月勝手連

<デューク>4月22日、ハイブッシュの純白の花が美しい。満開である。 ただこれまでに比べて花の白さがやや目立たない気がする。花芽数を去年の半分近くに落としたためだと思っている。 お師匠さんの片岡氏が、「ハイブッシュは二芽にすると実が大きくそろう。」とおっしゃり実践されている。 いろいろ悩んだ末に一度試してみようと今年決行したのだ。…

続きを読むread more

多彩な人々の行き交い…3月勝手連

<スモモ復活…> 毎年夏にとても甘い実をたわわに茂らせていたスモモ。3年ほど前からパタリと実が成らなくなり木肌に苔が張り付き枯死寸前までいっていた。手当の仕方もわからず、とりあえず大きく枝を切り落とし樹形を1/3ほどに縮めて回復を待った。昨年かすかに蘇るかなと思わせるような兆しを見せていたが、今春樹一杯に真っ白な花をつけてくれた。どう…

続きを読むread more

春遠からじ…2月勝手連

<ラビットアイの花芽> 連日剪定の日が続く・・ 12月はチョコッとおさわり程度にいじったが、本格的に始めたのは正月明けの4日からだから1か月半。まだまだ剪定の日は続く… 記録を見ると昨年は2月2日には作業が終了している。やはり今冬は暖かだったのだろう。12月の樹の落葉が遅かったので作業に入れなかったのが剪定が遅くなった主因だと思う…

続きを読むread more

養蜂分隊コラボ…正月勝手連

<蝋梅> 今年の冬は暖かなのか…拙宅の水道はまだ一度も凍っていない。 三が日以降剪定を始めてからは、穏やかかつ暖かさを感じる日が続いている。 雪も降らず雨模様の日も数日あった。 昨年の大雪は2月の上・中旬だったから今から安心はできないが、それでも穏やかといえる日が続いている。 そんな1月17日、モッチャンが到着。勝手連活動が始…

続きを読むread more

カブトムシどうする…師走の勝手連

<初冬の日差しが穏やかに…> 12月12日、雨上りの渡辺園でJA主催の剪定講習会が開催された。いすみのブルーベリー仲間も40人を超えるほどに膨らみ、毎回の集まりが結構にぎやかになってきた。<さて、この樹をどうするか…> ともあれ亭主の園はまだまだ本格的な剪定に入れる状況にはない。 まだ落葉が不十分と言い訳しながら前捌き作業の段…

続きを読むread more

春に向けて…11月勝手連

ラビットアイの紅葉が進み、テラスが真っ赤になり始めた。 そんな好天のなかで気分的にも前向きになってた18日昼前、モッチャンがビッグニュースとともに1人で到着。 ただそのニュースはブログに書いていいかどうか未確認のままなので内容は次回・・・ 今回はモッチャンが3泊、チュンさん2泊、ボスが1泊と毎日メンバーが増加する珍しいパターンの月…

続きを読むread more

多様な作業メニュー 10月勝手連

<秋です…ジューンベリー> 2つの大きな台風通過後も、なんとなくうすら寒い日の続く10月後半。 いつもになく在夷日数が少ない月とて、何とか効率よく働こうとするのだが気持ちばかりが焦って体はおっくうがる。 やっとのことでコリアンダー、カモミールなどのハーブやルバーブ、遅まきながらの玉ねぎの種撒き等々春先向けの種まきがやっと。 そん…

続きを読むread more

マドンナ菊ちゃんがお嫁に行っちゃった…菊見るときは 陰の人

10月11日、テラスのマドンナ菊ちゃんが、ばい菌ばかりを相手にしてると思ってたのに、とうとうお嫁に行っちゃった… 勿論「おめでとう」なのであるが、何となく寂しい… 眼前に由比ヶ浜が広がるアマンダンブルー鎌倉という瀟洒なホテルだった。 久しぶりに鎌倉の地を踏んだ。以前は東慶寺によく訪れたこともあったが、多分10年ぶりぐらいだろう…

続きを読むread more

亭主ナマスを吹く… 9月勝手連

<農園からのスーパームーン> 8月28日、今夏のブルーベリーシーズン終了宣言をした途端に完全に気が萎え腑抜け状態になった。 2月の大雪被害以降、その修復からシーズン突入まで全く気の休む暇がなかった。 プロではないのだから無駄働きも多いが一日の労働量はそれほど多くはない。肉体的な辛さは少なかったが、精神的には消せない焦りが常…

続きを読むread more