テーマ:

むべなるかな

11月の初め、またまた婆さんがデイサービスから変なものを持って帰ってきた。 なんでこんなに貰ったり上げたりするのが好きなのか、不思議を通り越して異常な気がするぐらいだ。 ただ先日の越前ガニのようにご相伴にあずかったりもするから、ご都合主義の亭主としてはやめてくれと言う意欲も薄れるのだが…。 明るい紫色の実の付いた小枝だった。(…

続きを読むread more

歓迎準備

明日からひ孫の玄太郎お坊ちゃまがイモ掘りに来るってんで母は大忙し。 そのあたりの物をいろいろ集めてるがどうするんだろう。 母が何か考え始めると私が忙しくなる。 「玄太郎の歓迎のお飾り作るから、さつまいも掘ってちょうだい。」 「カキは甘ガキと渋柿姿が違うから両方…」 ドングリは自分で拾って来てた。 …

続きを読むread more

秋の恵み 閑話休題

ここんところとみに冗漫なブログになってるなと感じてたら、案の定知人からクレームが出た。 反省して短いやつ。 農園の周りの秋の恵み。 皿はモッチャンの作品。 柿とクリはブルーベリーテラスに勝手に生ってるもの。ともに美味。 くるみと銀杏はわが家へのアプローチ道路にボタボタ落っこちてたもの。これもいけるんだが…

続きを読むread more

落合川の改修工事記録

農園は周囲を2本の川に取り囲まれている。1本は川巾が50mほどある大きな2級河川で落合川という。親父は、まるで環濠に取り囲まれた城塞のようなこの地形がいたくお気に入りで手に入れたようだ。中には隣の高師さんと我々と2家族しか住んでいない。次の地図の左半分に高師さんが住み、右半分に我々が住んでいる。 <> 県が平…

続きを読むread more

ミニ収穫祭  11月の勝手連

11月は若いころからなんとなく好きな月だった。最大の理由は天候だろう。早朝は凛とした空気の冷たさが頬に心地よい。日中は小春日和のなんともいえない穏やさが体感できる。 勝手連の訪れた4日間はまさに典型的な11月の天気に恵まれた。 キリッとした空気の中オープンデッキから望む朝日 農園も霜で覆われた。冷たくて気持ちがいい。 …

続きを読むread more

飲酒聽琴又詠詩

秋も深まり、友人と酒を酌み交わしたくなり、田中ちゃんを誘った。 同様の気持ちだったか、すぐに駆けつけてくれた。嬉しいね。 到着早々自慢のオープンテラスへ引っ張って行き、ひとしきり苦心談の押し付け。小春日和の秋の午後、田中ちゃんの買ってきてくれたブルーベリークッキーでアフタヌーンティ。 田中ちゃんも結構お気に入りみたいだった。 …

続きを読むread more

秋の収穫いろいろ

今年ももう11月。いよいよ野菜畑の収穫の時期が始まった。 先日モッチャンと長谷川君が来た折里芋を掘ったがなかなかの味。なぜ自作はこんなにうまいのか不思議でならない。フレッシュだからか?完塾だからか? となると市販の野菜は何か一つ工程なりタイミングなりが不十分なままで販売に回されているということになる。 田舎住まいの幸せなとこか。 …

続きを読むread more

?5年後にはブルーベリーテラス?

昨年3月に移ってきたときは竹と杉で地が覆われ、夢ばかりでかく実現可能か自信の持てない土地だった。ほぼ一年半たった今、農園予定地の上段はほぼインフラ作りが完成した。この冬にはいよいよブルーベリーの定植を始める。現時点での農園全景を残しておく。 農園の南側 母屋とその右側の倉庫が見える。 農園の南東角の方向。農園の出入り口…

続きを読むread more