テーマ:いすみ

春を探して…

<春の色に輝き始めたメデットの花芽> 3月6日、恒例の大学の同期会に参加。法学部卒で首都圏在住メンバーの会合である。 夕方からなぜか私学会館で立食パーティ。(卒業したのは私立じゃないのに…) ま、それはどうでもいいのだが、歓談の最中仲間から、最近特にブログの掲載頻度が少なすぎるとクレームがついた。短くして回数を増やせとも注文あ…

続きを読むread more

春が来た! 新田野の春

ママさんの春の始まりが都会でのお雛様なら、亭主の春は花樹の芽ぶきで始まる。 ふきのとうや菜花に舌の春を感じた次は目の春だ。 今は庭のゆきやなぎが目にいたいぐらいに咲き誇っている。 そして婆さんの春は、坐骨神経痛の回復とともに遅い書き初め(?)から始まった。 ハナの春はデイトから…相手は今まであまり見たことのない白黒 …

続きを読むread more

母、白寿

9月1日、母99回目の誕生日だった。 明治42年(1909年 酉年)に生まれ、今年は白寿になる。 山口県防府市で生まれ、山口女子師範を出て、教員生活。 昭和16年に父と結婚してから現在まで、主人や子供に附いてソウル、名古屋、東京、沖縄、千葉とその居所を変えながら、20世紀のほぼ全部を生き抜いてきた。まさに女丈夫である。 …

続きを読むread more

玄太郎君 beach debut

おしゃもじ隊の後を追うように、15日は娘家族が来訪した。 既にブルーベリーは鳥の餌食となり果てていたが、まだいすみには外房のきれいな海がある。 わが愛孫玄太郎君の海デビューが主目的であった。 ジジ馬鹿の撮る孫の写真に説明は不要。 <木陰の娘家族> <バーベキューの準備> <お手伝い> <玄太郎が写してくれた…

続きを読むread more