再生なるか!美味李…11月勝手連

霜月も下旬、ブルーベリーの紅葉真っ盛りである。 2mを超えるまでに育った158本のラビットアイ種のモミジの樹間を整姿しながら通り抜けていくと結構贅沢な気分になる。 摘果はもちろん、春の花満開の時と並んで果樹園づくりの醍醐味の一つといえる。 11月17日昼前、いつもより1時間近く早く雨の中をモッチャン到着。 次第に雨が強く…

続きを読むread more

唖然!!

11月に入った初日。 久しぶりに後輩の佐藤君が柿と柚子を持って訪ねてきてくれた。 「椎茸、どうですか? うちは出始めましたよ…」とおっしゃる。 「まだまだ、うちはほとんど日の当たらないとこに置いたし、来春からだよ」とあてずっぽう。 最後に確認したのが確か10月半ば… 次の日なんとなく思い出して家の裏に行ってぶったまげた。 …

続きを読むread more

もみ殻運びそして秋草との死闘 10月の勝手連

どうも今年の気候は例年とだいぶ違う様な気がする。例年という言葉もあいまいではあるが、やはりおかしい。 この秋の雑草の伸び具合は異常にすごいし、いたるところセイタカアワダチソウだらけで近隣の休耕田や荒れ地は黄色一色に染まっている。 当園のテラスも畑も刈っても刈っても雑草だらけ。ついには冬まで投げ出そうかと思うほど… とはいえ…

続きを読むread more

トロイ そしてご褒美ツアー添乗員

<イリアス> ついに来た! イリアスの丘。 小学生のころあこがれていたトロイ。 訪れることはまずないだろうと思っていたギリシャ神話の世界 丘のずっと向こうがエーゲ海。 この浜にアガメムノーンやアキレスが上陸したのだ。 そして迎えたのが男らしいヘクトールとダメ男のパリス兄弟。 ここに立ちたかった。そして立った。その間…

続きを読むread more

祭りのあと…9月勝手連

8月19日、モッチャンに今夏4回目の応援を頼み込んだ。 前日まで2週間駐在したママさんがさすがに杉並をほおっては置けないと帰宅することになったのだが、農園のラビットアイはまだまだ残り実が多い。 亭主一人では到底摘みきれない。 勝手ではあったが今夏のファイナルサポーターとして来夷してもらった。 しかし考え合みればも…

続きを読むread more

驚異の600kg越え!!  摘み取りシーズン終了。

<コピルアク&越の一> 終わった!! というより、終わらせた!! さすがに「もういい。今年はもう十分やった」と実感したのだ。 6月11日に約5kgのウェイマウスとデュークを摘んでから9月7日バルドウイン、ノビリス、フェスティバルで3kgの89日間。 ほぼ休日なしの3か月であったが、吾ながらよく動けたもんだと思う… そ…

続きを読むread more

最強軍団再び…phaseⅡ

8月も半ばに入り、外房の稲は刈り取り時期に入った。 最強のサポーターもさすがに積み取りばかりでは退屈になり、ほかの作業のサポートに興味が移ってきたようだ。 そこへ目を付けたのが二人のママたち。 なんと家事のアルバイトと称し、自分たちが手を抜くための姦計を図った。 朝のゴミ捨てが30円だとか 風呂掃除が100円だとか… …

続きを読むread more

最強軍団再び…phaseⅠ 8月の来訪者⑤

8月8日、再び玄太母子がやってきた。 今回は一週間の長丁場。 摘み取り経験3年越え。ベテランの域に達した強力なサポーターではあるのだが、別途受け入れ側としても相当な覚悟が必要だ。 すなわち1週間、玄太ママの「ゲンタロウ!! 」の怒鳴り声を聞き続けることになるのだから…{%がっか…

続きを読むread more

炎天地獄8月の来訪者 サポータ④

<居間から見た風船蔓> 今年もまた雨の降らない8月が続く。 夏の太平洋高気圧に常に一番近い位置にある外房。夏の雨は望めないのだということがやっと判ってきた。 (遅すぎる!! ) 連日の猛暑の中、摘み取り、選別、出荷そして草刈と水遣り… どれも最優先事項… 毎年少しずつは改善しているつもりなのだが、何せ収量が毎年ネズミ…

続きを読むread more

ツムツムツム!!!  7月の来訪者 サポータ③

7月下旬 遅れ気味だったラビットアイテラスの実も百果繚乱(?)の呈。湧き出るように実が次々に碧くなっていく。 天候の加減(遅れ気味の夏、突然の真夏)で先陣を切るオースチンやブライトウェルの熟しが遅れぎみのところへ最晩生のデライトやバルドウィンが早めに熟し始めたのが重なり、園内は突然ほぼ全ての樹が摘み取り時期に入ってしまった。 玄太母…

続きを読むread more

猫の手も…サポータ②働き蜂の夏休み

20日、一学期の終業式もそこそこに玄太王子母子がサポートに… 玄太にとっては初めての夏休みに入ったのだ。 ジージの時代は通信簿と言った文書(今、なんといわれるのか知らない…)とともに… 今回はパパさんの出張の間を利用し5日間と長く滞在して、目的はサポートと言ってくれるのだから涙・涙である。 まだ小学一年生なのたが、摘…

続きを読むread more

ブログ? それどころじゃない サポター①

またまた始まった!!! 想像どおりの7月下旬。亭主の気は遠くなりそう。 今日24日、パルドウイン、デライト、ティフブルーの3種が未だ収穫に入っていないが、残り7種のラビットアイは盛りに入っている。 ママさんが長期滞在に入ってくれたほか、急遽勝手連の非常呼集、玄太母子の応援等さまざまなサポートを受けながら摘み取りが続いているが…

続きを読むread more

悩ましき端境期なしのブルーベリーテラス… 

先日までテラスの中を我が物顔に飛び回っていたムクドリ、今日はネットの外の椿の枝にとまり無念そうに鳴いていた。ザマミロ!! <オースチン RE> <ブライトウェル RE> <ティフブルー RE> 7月9日のラビットアイ種(RE)3品種である。 オースチンとブライトウェルは摘み取り時期に入った。 ティフブルー…

続きを読むread more

梅雨の最中に…大事件勃発

土手の雑草の中に凛々しく咲いていた名も知らぬ花。ただの野草というには姿がよすぎる。 いつか庭に移植したいと思っていたのだが、ついついそのままにしていた。 またまた「探し屋モッチャン」が見つけて摘んできてくれた。 などとのんびりした話なんぞしてられなかった梅雨のどっ最中であった… 上手く行っていたのだ。 ハイブッシュ…

続きを読むread more

作業メニュー無数 6月勝手連

やっとクレマチスがまともに咲き始めた。 やはり今年の地温はまだまだ低いのだろう。すべてが遅い感じがする。 わが農園だけなのかそれともいすみ全体なのかは定かでないが… 入梅当日の9日、6月の勝手連活動開始。 今回はボスも欠席でモッチャンとチュンさんの二人。 ハイブッシュテラスはまさにブルーのベリーがたわわに実を膨らませて…

続きを読むread more

シーズンの始まり…

6月7日のウエイマウス(北部ハイブッシュ)である。 千葉県は今のところ北部ハイブッシュの南限エリアだから全国で最も早く市場出荷ができる有利さを持っている。 中でもウエイマウスが最も早く熟す樹なので、いすみ地区で市場出荷をされてる方々が一番多く栽培されている樹といって良い。 いよいよ露地栽培ブルーベリーのシーズン幕開けだ。 …

続きを読むread more

やっと晴れた!! 5月の勝手連

もうすぐシーズンを感じさせるハイブッシュテラスである。 <ウエイマウス NHB 5/13> <シャープブルー SHB 5/13> 一方ラビットアイテラスはまだまだ受粉がうまくいったとわかる程度… <ノビリス RE 5/13> 各テラスに胎動の息吹を強く感じられる5月12日、モッチャンとチュンさんそしてボスがそれ…

続きを読むread more

スーパーお助けマン玄太がやって来た!!

今年ももうG/W。 そして5月の3日、恒例となりつつある玄太王子のお助けマン来訪。 初めてJRに子供料金を払い、今回は玄太ママと上総一ノ宮駅にご到着。 お迎えに出た亭主とママさん(「玄太ママ」とややこしいので以下「R子さん」と呼称。)とR子さん御用達の洋食屋「カレント」へ直行。 満7歳のお誕生ランチとなった。 …

続きを読むread more

懐かしき朋友の訪れ

一段と呆けてきた。 高齢になるとはこういうことかと日々あきれるほど呆けが進んでる。 日常のふるまいの中で「今なにを真っ先にしなくてはいけないのか」ということをすぐ忘れ、ただただ目の前のことに流される姿が増えてきた。 この前置きは、また写真を撮り忘れたことの弁解だ。 26日、かっての仕事仲間であり個人的にも家族を含めて…

続きを読むread more

今年もミツバチが来た!! 

25日朝、今年も岩佐夫妻が丹精込めて育てているミツバチの巣箱を持参してくださった。 今年は農園のど真ん中の柿の木の根本に置いてもらった。 今年のラビットアイは開花が遅く、やっと咲き始めた様子の花芽がちらほらある程度。 設置のタイミングとしてはジャストであった。 で、問題はこの日のフォト… このブログを作ろうとカメラ…

続きを読むread more

春なのに…4月勝手連

<ようやく満開のジューンベリー> 4月も下旬に入るのにまだ石油ストーブやエアコンの暖房の世話になってる。 「ハイブッシュの花が盛りを過ぎ結実に向かい始めた4月下旬、ラビットアイの花が一斉に開き始めた。」 これが昨年4月26日に書いたブログの巻頭。 本来ならもう咲き始めた花で白っぽくなってるはずのラビットアイテラスがまだ赤みが…

続きを読むread more

春! 楽しい大忙し…

4月2日に植えたばかりの玄太王子の仙台枝垂れが満開となった。 まさかこんなに花がつくとは思いもよらず、「桜切るバカ」を信じてそのままにしておいたのだが、 ブルーベリーでは絶対やってはいけないこと。この先が少々心配になった。 そしてそのブルーベリーもウエイマウスの花が咲き始めた。 今年もやっと身軽に外遊びのできる気候に…

続きを読むread more

ピカピカの1年候補生来訪。

<タンポポの羽毛  撮影:玄太郎カメラマン> ようよう春めいた4月1日、晴れて卒園を終え、新一年生としての入学式を前にした玄太王子が、つかの間の春休みをご利用になってご来臨遊ばした。 昼前玄太ママに言わせれば「最後のタダ乗り」となる特急わかしおで大原駅到着。 そのまま昼食で玄太お気に入りのイタリアンレストラン「カンパーニャ…

続きを読むread more

そしてまた雨 3月勝手連

「桜と菜の花」ではない。「梅と菜の花」なのだ。 3月も半ばを過ぎたというの、ここでこんなシーンはあまり経験がない。 紅梅、白梅ともに爛漫といったところである。 3月15日(木)、モッチャン愛車で来訪。 さすがに3月、世の中は屋外活動にいそしみ始めたか、道路が混んだよう。 農園を見て回りながら作業打ち合わせ。 今回もウ…

続きを読むread more

ママさん御用達

3月も半ばに入ったのにまだまだ寒い日が続いている。それでも田畑は確実に春である。 ママさんと散歩してた畦道に土筆がいっぱい。 「食べるか?」と聞いたら「いらない」とおっしゃる。 袴をとる面倒くささが先に立ったようだ… <3月11日 14時46分 東北に向かって…> ブログにママさんの記録ももっと残したいのだが、…

続きを読むread more

ボス夫妻来訪 ジャガイモの植え付け

火は良い。 体だけでなく心まで高ぶらせる。 最近はここで手軽にインスタントコーヒーを飲む楽しみを覚えた。チョコレートもある。 <ハイブッシュテラス14列の植え替え> 3月3日杉並方面では孫は男ばかりなのにおひな様でうつつを抜かしているはずの日、 ハイブッシュテラス14列の接ぎ木用に植えていたデライト(ラビットアイ種)4本を…

続きを読むread more

三寒一温(?)… 雨の日の遊びが続く如月の晦前後

寒い! まだまだ寒い日が多い。 そして雨続き… 今年の冬は長く寒さも厳しかった感じ…。灯油の使用量も例年になく多い。 歳のせいばかりじゃあるまい… それでも ぬかるみ状態の畑やテラスのそちこちに春が生まれてる。 <ルバーブの新芽> はじめ、ふきのとうかと思ったが、開き始めた葉の具合がまるで違った。 <そしてふきのとう…

続きを読むread more

桜並木づくり始動!! 2月の勝手連

モッチャンが最終日帰宅前に梅の枝を活けてくれた。 活けるのは例年のことなのだが、今年は花がまだ咲いていない。 全国的に開花が大きく遅れているようだ… 1月の活動が中止となり、2月17日今年最初の勝手連活動が始まった。 実際には2月の初め、モッチャン一人で2日ばかりサポートに来てくれたのだが、雨で仕事にならず、寒肥を置く作…

続きを読むread more

寒中あれこれ  正月勝手連活動中止

正月ももう終わり、さすがに庭に咲く花もない。と思っていたら蝋梅が三分咲き程度に… 暮れから続く連日の剪定作業にかまけてブログをさぼってたら家内からお叱りの電話。 「間が空きすぎよ!!そんなに書かなかったらいすみでなんかあったんじゃないかと心配されるでしょ!!!」ときた。 「書くネタがないんだよ」と弁解したが、確かに独居…

続きを読むread more

ついに!! テラスデッキの拡幅へ…師走の勝手連

R&Bガーデンで咲いたバラたち。 師走も半ばを過ぎたというのに前庭でバラがしっかりと咲いている。暖かかった秋の名残か… 15日モッチャン上総一ノ宮到着。 家に着くなりすぐ薪ストーブの煙突に固焼きの粘土板を取り付けてくれた。 先月の勝手連の際「帰ったら焼いてきます。」と言っててくれたもの。 まさにあつらえたわけだが、…

続きを読むread more