秋真っ最中…神無月から霜月あれこれ 

助平ったらしくタダでウインドウズ10にバージョンアップしようとしてぶち壊したパソコンが返ってきた…。この間約30日…しかもデータの大半は復旧できず。改めて自らの杜撰さに対する不遜な姿勢を呪った…。反省しても治るものではなさそうだが、できるだけ長くいささかでも注意してみる… <なにもそんなに…> 秋真っただ中である。 隼人瓜が実…

続きを読むread more

来シーズンへの作業好調!! 10月勝手連

<きくちゃんお手製ジャガイモのキッシュ> 9日、10月の勝手連活動開始。モッチャンが菊チャンお手製のジャガイモのキッシュを持参。久しぶりの質の高い昼食に快哉を叫びつつ堪能。美味かつ結構ボリュームがあり夕食時になっても空腹を感じなかった。 今回の勝手連活動は天候にも恵まれて超効率的に作業がはかどった。 今までたまっていた残務が一…

続きを読むread more

草刈りに目途がつき…神無月あれこれ

<ムベ 郁子> 秋らしくなってきた。「ムベなるかな…」のムベである。アケビと同じようで食べるところも少なく、なんとなく手が出ない。ただ山形のほうではこの外の果肉を食べるとか聞いた。ま、それぞれにどうぞお好きなように…の感あり。 実りの秋である。今年は隼人瓜も豊産になりそう。 そして柿も… 6日、ブルーベリー仲間の熱田さんが、…

続きを読むread more

新たなシーズンに向けて…9月勝手連そしてあれこれ

もう9月も終わる。タイトルとは裏腹になかなか残務処理から抜け出せない。 シーズンの興奮と緊張からは9月半ばには抜け出せてはいたのだが、残された目の前の膨大な草刈り作業に心は安らぐどころではなかった。特に今年の9月はダラダラとした雨の日が多く作業を妨げた。 <第1テラス>第2テラスとの間の中道も雑草で先が見えないぐらい… …

続きを読むread more

ハナ逝く…

<5月1日のハナ 10回目の誕生日> 9月20日未明ハナが逝った。まだ10歳であった。逝くには早すぎる歳だ。 9月に入ってすぐのころ、またハナが食べなくなった。 7月にもそんなことがあり、近くの早川動物病院に連れて行ったら、口内炎だといわれ手当てをしてもらった。 そのご快癒して元気になったと思っていたのだが、9月に入ってまた…

続きを読むread more

葉月あれこれ②… 勝手連、玄太郎そしてシーズンの終わり…

<ジャム瓶のデザインを変えた…>初めてジャムを作ったのが、2009年の夏。7回目の夏になる今年思い切ってジャム瓶のデザインを変えた。 理由はいろいろあるが、最大のきっかけはこれまでのラベルが耐水性でなかったこと… やはりジャム瓶は水分の近くにあることが多く、ラベルの字や図柄が滲んでしまうことがあった。販売中にそうなるともう売り物では…

続きを読むread more

葉月あれこれ① 出前付きサポータ来訪

7月29日、今夏最大のサポーター弟嫁の「操」が帰名し、7月が終わる。 7月の総収量380kg。平成25年の402kgには届かかったがまずまずの収量である。 ただ問題は8月、本日8月10日。8月のこれまでの収量、ほぼ100kg 。そしてすでに多くの樹が残実処理に入っている。 あと2週間ほどで今年の収穫も終わることになろうが、残り実は…

続きを読むread more

文月あれこれ 

何はともあれ申し訳ない。 現在というかここの処ずっと、到底ブログに入れる状況にない。時間的にも気持ちの持ちようも… で、またまた昨年同様画像のみでご勘弁いただく… <ノビリス> 園内ピカ一!!甘く、大きく、実もかたい… いろんな条件が重なったのだろう。理由は定かでないが、今年の実はむちゃくちゃ甘い… 特に7月後半から、ほ…

続きを読むread more

テラス変貌?・・・水無月あれこれ

<アジサイの太巻き> なんとも美しい千葉県人得意の太巻き…もう美術品である。 わが愛するパン屋「フリブール」の奥さんがママさんにプレゼントとして持参。感動ものであった。 多分これまで見た太巻きでこれ以上のものはなかった。というより良くまあこんなことができるものだと人の技の無限を感じた。そして本当においしかった…食べるのに逡巡したの…

続きを読むread more

ハイブッシュシーズン始まる…6月勝手連

<スパルタン>左下3cm、極大粒。上中1.8cm、これが一般的に「大きい」と喜ばれる大きさ…6月、今年もハイブッシュ種のシーズンが始まった。昨年の当園最初の摘み取りが6月5日2.7kg。今年は6月1日には我慢しきれずに摘み取りを始めた。5日も早くシーズンが始まったのだ。しかも例年ならまず北部ハイブッシュの極早生種(ウエイマウスもアーリー…

続きを読むread more

いよいよシーズン開始…5月勝手連

<デューク> 好天続きの5月、心臓の手術や脚立からの落下騒動での4月の遅れを取り戻そうとシャカリキになったのだが、やはり一人遊びでは遅々として進まない。 必死になって草刈りを進め5月半ばには第2、第3のハイブッシュテラスを刈り終えた。これで6月から始まる収穫時にも足元が気にならないし、ショウジョウバエ対策も何とかなりそう。 第1(…

続きを読むread more

玄太10歳、ハナも10歳、農園10年ひとくぎり…

<シラー・ペルビアナ> 前々回、名を問うた花は、シラーと呼ばれているユリ科の花らしいとわかった。原産は地中海のようで、なんでこんな花が庭にぽつんと咲いていたのか不思議だ…この春はナガバジャノヒゲとそろって珍しい野草が2つ見つかった。ことになる。田舎遊びの楽しみの一つだ。 <玄太御用達カンパーニャのお祝いケーキ>5月2日、玄太王子…

続きを読むread more

カテーテルアブレーション完了…卯月あれこれ

<デューク> 今年のハイブッシュ種は結果が少し早いか… 突然の話だが、長雨が終わりやっと晴天の続き始めた4月も末の26日、ママさん付き添いで千葉県循環器病センターに入院。翌27日長年連れ添った発作性上室性頻拍(PSVT)とおさらばするカテーテルアブレーション治療を実施。翌日経過を見て4日目の29日退院。なんともあっけない3泊4日…

続きを読むread more

モッチャン草刈り機に挑戦…4月勝手連

<デューク>4月22日、ハイブッシュの純白の花が美しい。満開である。 ただこれまでに比べて花の白さがやや目立たない気がする。花芽数を去年の半分近くに落としたためだと思っている。 お師匠さんの片岡氏が、「ハイブッシュは二芽にすると実が大きくそろう。」とおっしゃり実践されている。 いろいろ悩んだ末に一度試してみようと今年決行したのだ。…

続きを読むread more

スーパーマンNo.2本格出動…ユンボー復活!!

<ジューンベリー真っ盛り> 長雨続きの4月である。接ぎ木は終わったものの草刈りは遅れ、春のガーデニングには手が付けられない。作業はズレにずれて行く… それでも大きな朗報一つ…ユンボー復活!!! 先のブログで少し紹介したスーパーマンNo.2冨川さん。「パーツが届いたよ…」と4月に入って再び…

続きを読むread more

ガーデナー玄太…玄太の春休み②

<とりあえず今回はここまで> 排水路作業がおえて、いよいよ本来のガーデニングに入ることになった。 <昨年11月> 玄太が煉瓦を敷き始めた。<前回2月>モッチャンがモッコウバラを剪定。 ただ1列煉瓦を並べただけ(それでも前より随分見栄えか良くなっていた。 )の庭は、春になると再び雑草で生い茂る。 これを解決する方法と…

続きを読むread more

穴掘り玄太…玄太の春休み① 

<R&Bガーデン>拙宅の侵入路脇にあるバラとブルーベリーを中心に広げ始めた庭である。当園で唯一ガーデニング遊びが目的の草木スペースとも言える。現代はミモザが大きくなり存在を主張している。また最近はレモン、ライムなどの柑橘類も育ってきている。 勝手連が帰京した翌日、入れ替わりにママさんと玄太母子そしてフクが大挙して来夷。静かないすみ…

続きを読むread more

多彩な人々の行き交い…3月勝手連

<スモモ復活…> 毎年夏にとても甘い実をたわわに茂らせていたスモモ。3年ほど前からパタリと実が成らなくなり木肌に苔が張り付き枯死寸前までいっていた。手当の仕方もわからず、とりあえず大きく枝を切り落とし樹形を1/3ほどに縮めて回復を待った。昨年かすかに蘇るかなと思わせるような兆しを見せていたが、今春樹一杯に真っ白な花をつけてくれた。どう…

続きを読むread more

やっと接ぎ木作業へ…弥生あれこれ

<今ミモザが最高にきれい…>そして菜の花も… 例年にないほど雨の日の多い今年の3月、作業予定がずるずると遅れる。 15日からと考えていた接ぎ木、20日を過ぎてやっと作業に入れた。 一昨年の秋、接ぎ木することを前提に約100本のラビットアイ種を第2、第3テラスに地植えした。 そして昨年3月そのすべての樹に3本~4本のハイブッシ…

続きを読むread more

剪定の合間に…早春あれこれ

「ナガバジャノヒゲ」(長葉蛇の髭?)というらしい。 キラキラ輝くブルーの実… 寝室前の垣根の下草を整理していて発見。「なんだこれ!!」 まさに宝石を発見したような驚きと喜びだった。美しい… 今日は3月3日、頭に血の登った状態の続いた剪定の日々がやっと一段落し、いささかの落ち着きを取り戻したのが3月の初日ごろ。 「春に3日の晴…

続きを読むread more

春遠からじ…2月勝手連

<ラビットアイの花芽> 連日剪定の日が続く・・ 12月はチョコッとおさわり程度にいじったが、本格的に始めたのは正月明けの4日からだから1か月半。まだまだ剪定の日は続く… 記録を見ると昨年は2月2日には作業が終了している。やはり今冬は暖かだったのだろう。12月の樹の落葉が遅かったので作業に入れなかったのが剪定が遅くなった主因だと思う…

続きを読むread more

養蜂分隊コラボ…正月勝手連

<蝋梅> 今年の冬は暖かなのか…拙宅の水道はまだ一度も凍っていない。 三が日以降剪定を始めてからは、穏やかかつ暖かさを感じる日が続いている。 雪も降らず雨模様の日も数日あった。 昨年の大雪は2月の上・中旬だったから今から安心はできないが、それでも穏やかといえる日が続いている。 そんな1月17日、モッチャンが到着。勝手連活動が始…

続きを読むread more

玄太王子来夷…未年最初のアルバイト 

戌年はまだ先だが… 10日夕刻、玄太母子来夷。成人の日の連休を使っての2泊3日だが、実質的には1泊2日と短い。往復の時間が可哀相なぐらいだ。ただ目的の一つは「フク」のお迎え。ママさんと「フク」を杉並に連れ帰る必要があった。 勿論玄太はついでのアルバイトが狙い。 ただ今回は本人もそんなに稼げないなとあきらめていたみたいで目標は1…

続きを読むread more

遅ればせながらの謹賀新年他…

「あけおめ!」であります。 穏やかなお正月でありました。 なお、「フク」が咥えております賀状は、亭主のお出しした賀状の返送されてきたものであります。念のため… 3日にいすみに戻り、すぐさま剪定に入りました。 ママさんはラビットアイ、亭主はハイブッシュと担当を分けスタートしましたが、さすがに樹数が多く終りがいつになるやらまだ見当も…

続きを読むread more

カブトムシどうする…師走の勝手連

<初冬の日差しが穏やかに…> 12月12日、雨上りの渡辺園でJA主催の剪定講習会が開催された。いすみのブルーベリー仲間も40人を超えるほどに膨らみ、毎回の集まりが結構にぎやかになってきた。<さて、この樹をどうするか…> ともあれ亭主の園はまだまだ本格的な剪定に入れる状況にはない。 まだ落葉が不十分と言い訳しながら前捌き作業の段…

続きを読むread more

勝手連養蜂分隊誕生か…師走あれこれ

ラビットアイの紅葉が美しい。 おじいさんは山じゃなくて第2テラスへ苗木の移植に… おばあさんは川じゃなくて第1テラスへ剪定に… そんな師走のある日東京の方から若い二人がドンブラコと流れてきました…(失礼…) 7日、元モッチャンとこの菊ちゃんの友人「佐野ちゃん」が、可愛い車でボーイフレンドを連れてやってきた。佐野ちゃんはこ…

続きを読むread more

霜月あれこれ

<気が付いたら皇帝ダリアが…>早いものでもう霜月も半ばを過ぎた。まだ師走もあるが、年初めからバタバタとあわただしい年であった。 年を取ると日が経つのが早いというが、あながちそればかりではないようで、トップシーズンの他は、補修々々の毎日で大仰に言えば息つく暇もなかった… 先月のサンルームの屋根の補修で気分もやっと前向きになり、春に向け…

続きを読むread more

春に向けて…11月勝手連

ラビットアイの紅葉が進み、テラスが真っ赤になり始めた。 そんな好天のなかで気分的にも前向きになってた18日昼前、モッチャンがビッグニュースとともに1人で到着。 ただそのニュースはブログに書いていいかどうか未確認のままなので内容は次回・・・ 今回はモッチャンが3泊、チュンさん2泊、ボスが1泊と毎日メンバーが増加する珍しいパターンの月…

続きを読むread more

出稼ぎ玄太大活躍!!

<HAPPY BIRTHDAY ママさん  娘たちからの恒例の花かご> 運の良いことに予報が大外れ。薄曇りもあったけど晴天の多かった8日から10日、玄太母子がやってきた。 珍しく土曜日の授業が5時限までだったようで、初日到着は16時過ぎ。夕日は既に西に傾き外遊びはできず夕餉を楽しむ。 先月末にママさんと一緒にいすみに来てい…

続きを読むread more