バイト小僧と銅鍋

<銅鍋> 勝手連の帰郷した翌日21日、夏休み早々に玄太王子、玄太ママと到着。 5年生になった王子は世の並みの児童らしく中学進学の「お受験」戦争に巻き込まれているらしく、あまりゆっくり滞在できないらしい。 当の本人、稼ぎにあてる時間を少しでも稼ごうと到着早々バイト開始… まずはカップの蓋へのシール貼り(1枚1円? この稼ぎ…
コメント:0

続きを読むread more

ピークシーズンのサポーター

今年は花芽が6つ出た。でも少々小ぶりか… 7月に入った。只々ブルーベリーの収穫の毎日が続く…変わったのはハイブッシュ種の収穫が終わりラビットアイ種の収穫が始まっていることだけ…。 と、ここまで書いたのがて今8月7日… 会う方、電話で話す人、メル友…みなさんから「ブログが変わっていない」と言われ続けた。 さもありなん。本人は7…
コメント:0

続きを読むread more

シーズン開幕そして忙殺…それゆえついでの勝手連…

今日は6月24日…やっと少し気持ちに余裕ができてきた。月初めから突然ピークが訪れ、ペースの掴めぬまま摘み取り、選別、出荷作業に追いまくられたハイブッシュシーズンが終わりに近づいている。 画像はほぼひと月前(5月28日、勝手連が作業を終え帰宅した翌日)のデューク。 本当に美しい姿の実だ。(エチョータと並んで当園のメイン品種である。) …
コメント:0

続きを読むread more

こまごま作業一気に片付く!… 5月勝手連

<エルダーフラワー>早春に露地に移植したエルダーの花が咲いた。なんてこともない花なのだが、この樹は西洋ではいろいろな言い伝えがあるのが面白くて、農園に役に立つハーブを調べ始めた7~8年前にインターネットで取り寄せたものだ。 和名「セイヨウニワトコ」。マスカットのような甘い香りが特徴で、花言葉は、思いやり、愛らしさ、 熱心… 西洋のた…
コメント:1

続きを読むread more

GW 第3のスーパーマン「少年玄太」の出現と玄太ママの大活躍!!

まもなくブルーベリーも実りの時期に…(撮影 玄太郎)早期収穫米の田植えも終わりGWに入った。亭主はこの時期の田んぼのクールな美しさが好きだ。 フクとママさんの毎朝の散歩も空気が冷たく小気味が良い。 5月3日、GWも後半。玄太と玄太ママかが事故で大渋滞のアクアラインルートを7時間以上かけて昼過ぎいすみに到着。折角のお休みも初日はくたび…
コメント:0

続きを読むread more

シーズンに向けて…4月勝手連

4月も半ば、ぼつぼつウインドブレーカがいらなくなってきた。 今年最初の大草刈りもほぼ目途が付き、ガーデニングやファーミングにも少しづつ手を回せるようになってきた。 表のR&Bガーデンの一部を長細くレンガで囲い新たに作った区割りにポピーやハーブを植えることにした。より花壇らしくなってくるだろう。 4月17日モッチャン到着。 今月は…
コメント:0

続きを読むread more

春本番 卯月あれこれ

約1か月ブログが作れないでいた。 2005年2月に作り始めたこのブログももう11年続いた。田舎でくらし始めた老人の生活も11年も書き続ければ毎年毎年そんなに目新しい変化があるわけではない。ここへ来て少々作りあぐねた感があった。ベトナム旅行もあったが確かに正月から剪定、接ぎ木、草刈と春まで毎日焦りの中で過ごしてきて、夜はブログよりゲーム…
コメント:0

続きを読むread more

防風ネット張替え完了…3月勝手連

<サクランボの花が咲きました。>今年はいくつ実がなるか… 雨だらけで作業が遅れるばかりの3月。まだ春と認めたくないのだが、もうしっかりと春… 3月14日、モッチャンと久しぶりのチュンさん来訪。が…この日は終日大雨…悔しいったらありゃしない。 で、やむなく室内作業。前日四街道の西浦氏が季節はずれ(かな?)に夏ミカンを送ってくれた。タ…
コメント:0

続きを読むread more

春に三日の晴れなし…

<ミモザ満開> 「春に三日の晴れなし」というが、おかげでテラスの地面は乾く間がない。 剪定と1回目の花芽調整に2月いっぱいを使ってしまったので挿し木、接ぎ木がともに3月の仕事になってしまった。また畑の方はジャガイモの植え付けがに全く手が付けられない。 にもかかわらず地面はベチャベチャ…作業がどんどん遅れていく… とりあえず挿し木…
コメント:0

続きを読むread more

剪定作業終わりました!! とりあえず…

<3月1日>最終列となったラビットアイテラス第8列の剪定。 終わりました!!やっと 3月1日。テラス内は日差しも風もそして香りも、もう完全に春である。 <ミモザと梅の同時満開…初めて…>そしてこの日、奇跡的にも予定よりたった1日遅れで最後…
コメント:4

続きを読むread more

再び忙中忙へ…2月勝手連

こんなに暖かい冬が続くのが良いのか良くないのか…何せうちの周りが季節に合っていない。2月の初めミモザがうっすらと黄身がかってきたので枯れるのじゃないかと心配したのだが、何のことはない1か月以上も早く花が咲き始めていたのだ…この分では2月末には満開になる勢いだ…。 <こっちはほぼシーズンどおり…> 2月3日早朝ハノイから成田に着き…
コメント:0

続きを読むread more

超忙中超閑あり…

<ハロン湾の船頭さん>その清潔な笑顔に思わず見とれた…18歳だそうだ… 横の坊やは多分甥っ子らしい… ということで、1月の27日から8日間ばかりベトナムへ行ってきました。 剪定の目途もついていない超忙中でしたがいろいろと悪条件が重なり、やむなくここで出かけることと相成ったのであります。2年ぶりぐらいの海外でした… 亭主としては珍…
コメント:0

続きを読むread more

黙々と、ただ黙々と…正月勝手連

<なぜまあ、こんなところに…> ラビットアイテラスの12列、ブルージェムNo.12に小鳥の巣が…ママさんがどう剪定するか楽しみ… 暖かい日の続く正月19日、亭主が剪定でシャカリキになっているとこへモッチャン到着。 今月と来月は寒いのが危険なのでチュンさんがお休み。モッチャンの単独行である。 一方一月の作業メニューは例年結構多…
コメント:0

続きを読むread more

玄太郎の冬休み

遅まきながら新年あけましておめでとうございます。 暖かで穏やかなお正月3が日でありました。暮れの30日に杉並に帰り4日にはいすみに戻ってくるというチョンの間の里帰りでありました。 <近くの熊野神社へ初詣。> もう30年もお参りしている神社で、茅の輪くぐりが結構人気です。ただ正月早々なんですが、この神社30年間手水舎の手水を流してい…
コメント:0

続きを読むread more

暖冬の師走の中で…12月勝手連

12月12日の紅葉… 例年に増して今年の紅葉はことのほか美しい。これも暖冬のせい?… 12月12日今年最後の勝手連活動開始… 昼前モッチャンとチュンさん到着。 今回はやりたい作業がたまっており、昼食後すぐに活動開始… まずは隣家の高師さんの田んぼからのもみ殻運び。先月できずに1月後れとなったもの。 今年はバークチップを大…
コメント:0

続きを読むread more

竹チップづくり…師走あれこれ

今年のいすみは皇帝ダリアがとても美しくいたるところで目に付く。当たり年なのだろう。 今年ももう師走。4日、久しぶりにブルーベリー振興会の研修事業「竹チップづくり」が開かれ、夏の出荷時期以来の会合となった。場所は大多喜町、振興会メンバーの小高氏の所有される竹山。 小高氏が別に主催されているのかオタッキー・森林講なる里山づくりのプロジェ…
コメント:0

続きを読むread more

最近ついてる勝手連…11月勝手連

<ポンチョ…>今から50年以上前になる…亭主が大学生のころ好んで東北の名山を一人で登り続けていた折、必ず持参した黄色いポンチョである。なぜか今も傷一つなくいすみにある。もちろん雨が染透ることもない… 11月8日、霧のように降る弱雨の中11月の勝手連活動が始まった。予報では3日間雨とのこと、日延べをも考えたのだが、前後に予定があり変更で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋真っ最中…神無月から霜月あれこれ 

助平ったらしくタダでウインドウズ10にバージョンアップしようとしてぶち壊したパソコンが返ってきた…。この間約30日…しかもデータの大半は復旧できず。改めて自らの杜撰さに対する不遜な姿勢を呪った…。反省しても治るものではなさそうだが、できるだけ長くいささかでも注意してみる… <なにもそんなに…> 秋真っただ中である。 隼人瓜が実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来シーズンへの作業好調!! 10月勝手連

<きくちゃんお手製ジャガイモのキッシュ> 9日、10月の勝手連活動開始。モッチャンが菊チャンお手製のジャガイモのキッシュを持参。久しぶりの質の高い昼食に快哉を叫びつつ堪能。美味かつ結構ボリュームがあり夕食時になっても空腹を感じなかった。 今回の勝手連活動は天候にも恵まれて超効率的に作業がはかどった。 今までたまっていた残務が一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草刈りに目途がつき…神無月あれこれ

<ムベ 郁子> 秋らしくなってきた。「ムベなるかな…」のムベである。アケビと同じようで食べるところも少なく、なんとなく手が出ない。ただ山形のほうではこの外の果肉を食べるとか聞いた。ま、それぞれにどうぞお好きなように…の感あり。 実りの秋である。今年は隼人瓜も豊産になりそう。 そして柿も… 6日、ブルーベリー仲間の熱田さんが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たなシーズンに向けて…9月勝手連そしてあれこれ

もう9月も終わる。タイトルとは裏腹になかなか残務処理から抜け出せない。 シーズンの興奮と緊張からは9月半ばには抜け出せてはいたのだが、残された目の前の膨大な草刈り作業に心は安らぐどころではなかった。特に今年の9月はダラダラとした雨の日が多く作業を妨げた。 <第1テラス>第2テラスとの間の中道も雑草で先が見えないぐらい… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナ逝く…

<5月1日のハナ 10回目の誕生日> 9月20日未明ハナが逝った。まだ10歳であった。逝くには早すぎる歳だ。 9月に入ってすぐのころ、またハナが食べなくなった。 7月にもそんなことがあり、近くの早川動物病院に連れて行ったら、口内炎だといわれ手当てをしてもらった。 そのご快癒して元気になったと思っていたのだが、9月に入ってまた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉月あれこれ②… 勝手連、玄太郎そしてシーズンの終わり…

<ジャム瓶のデザインを変えた…>初めてジャムを作ったのが、2009年の夏。7回目の夏になる今年思い切ってジャム瓶のデザインを変えた。 理由はいろいろあるが、最大のきっかけはこれまでのラベルが耐水性でなかったこと… やはりジャム瓶は水分の近くにあることが多く、ラベルの字や図柄が滲んでしまうことがあった。販売中にそうなるともう売り物では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉月あれこれ① 出前付きサポータ来訪

7月29日、今夏最大のサポーター弟嫁の「操」が帰名し、7月が終わる。 7月の総収量380kg。平成25年の402kgには届かかったがまずまずの収量である。 ただ問題は8月、本日8月10日。8月のこれまでの収量、ほぼ100kg 。そしてすでに多くの樹が残実処理に入っている。 あと2週間ほどで今年の収穫も終わることになろうが、残り実は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文月あれこれ 

何はともあれ申し訳ない。 現在というかここの処ずっと、到底ブログに入れる状況にない。時間的にも気持ちの持ちようも… で、またまた昨年同様画像のみでご勘弁いただく… <ノビリス> 園内ピカ一!!甘く、大きく、実もかたい… いろんな条件が重なったのだろう。理由は定かでないが、今年の実はむちゃくちゃ甘い… 特に7月後半から、ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テラス変貌?・・・水無月あれこれ

<アジサイの太巻き> なんとも美しい千葉県人得意の太巻き…もう美術品である。 わが愛するパン屋「フリブール」の奥さんがママさんにプレゼントとして持参。感動ものであった。 多分これまで見た太巻きでこれ以上のものはなかった。というより良くまあこんなことができるものだと人の技の無限を感じた。そして本当においしかった…食べるのに逡巡したの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイブッシュシーズン始まる…6月勝手連

<スパルタン>左下3cm、極大粒。上中1.8cm、これが一般的に「大きい」と喜ばれる大きさ…6月、今年もハイブッシュ種のシーズンが始まった。昨年の当園最初の摘み取りが6月5日2.7kg。今年は6月1日には我慢しきれずに摘み取りを始めた。5日も早くシーズンが始まったのだ。しかも例年ならまず北部ハイブッシュの極早生種(ウエイマウスもアーリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよシーズン開始…5月勝手連

<デューク> 好天続きの5月、心臓の手術や脚立からの落下騒動での4月の遅れを取り戻そうとシャカリキになったのだが、やはり一人遊びでは遅々として進まない。 必死になって草刈りを進め5月半ばには第2、第3のハイブッシュテラスを刈り終えた。これで6月から始まる収穫時にも足元が気にならないし、ショウジョウバエ対策も何とかなりそう。 第1(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄太10歳、ハナも10歳、農園10年ひとくぎり…

<シラー・ペルビアナ> 前々回、名を問うた花は、シラーと呼ばれているユリ科の花らしいとわかった。原産は地中海のようで、なんでこんな花が庭にぽつんと咲いていたのか不思議だ…この春はナガバジャノヒゲとそろって珍しい野草が2つ見つかった。ことになる。田舎遊びの楽しみの一つだ。 <玄太御用達カンパーニャのお祝いケーキ>5月2日、玄太王子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カテーテルアブレーション完了…卯月あれこれ

<デューク> 今年のハイブッシュ種は結果が少し早いか… 突然の話だが、長雨が終わりやっと晴天の続き始めた4月も末の26日、ママさん付き添いで千葉県循環器病センターに入院。翌27日長年連れ添った発作性上室性頻拍(PSVT)とおさらばするカテーテルアブレーション治療を実施。翌日経過を見て4日目の29日退院。なんともあっけない3泊4日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more