結構いい線 春の南房総

<おこわ弁当とつみれ汁をセットにして…550円>
寒い日でこれがまたなんとも美味かった…
画像


「以下次号」と書いた前のブログを書いたのが2月25日。そして今日はもう3月14日。なんでこう忙しい2月~3月なのかあらためて記録するが、とりあえず…
サンルームの屋根修理を終えた次の日、雨で仕事にならないからとママさんの奮闘をたたえて房総南部にドライブとしゃれた。特に狙ったスポットはないのだが、何かおいしいものを見つけようと10時過ぎに出発。
同じ道の往復はつまらないので、まずは鶴舞ICから内房へ向かう。木更津から南下して狭い高速道路をストレスを感じながらドライブ。富山まで来てボツボツ休憩かと考えてたら「ハイウェイオアシス冨楽里」の看板。何か気になって立ち寄った。
画像
まず、これが当たり!!
何の変哲もない田舎のサービスエリアだろうと思って入ったら、なかなか…すぐに働いてるおばさんたちの生き生きした雰囲気がズン!と伝わってきた。いい店は必ずそうだ。

<菜の花>冒頭のつみれ汁でのセットはこのお店。寒い日だけに立ちのぼる湯気がご馳走。
画像
画像
<近藤牧場>ここのソフトクリームがまた絶品。鄙にはまれなじゃないが驚いた。しかもつみれ汁の後に合うのだ…?
画像
<青倉商店>ずらりと並んだ山家焼きや大かき揚げもまた食欲をそそる。食後に見たので晩飯のおかずに買い込んだ…
画像
また行きたくなる道の駅の一つだ。ママさん御用達のお店にノミネート!!
1Fの地元産品の直売所でよもぎ餅やピーナッツバターを買い込んで高速を南下、2度と行くチャンスなどないであろう館山の洲崎灯台へ…
画像
画像
東京湾を最南端で見渡す景勝地だが、アプローチがめんどくさく中々寄ることがなかった。今回は天候も思わしくなく只々ドライブと思っていたので意を決して寄ってみた。運よく晴れ間が出てくれ来た甲斐ありであった。
この先野島崎灯台を経由して鴨川へ向かったのだが海は大荒れ、車から降りて散策など望むべくもなかった。
画像
画像
それでも千倉を過ぎて鴨川近くなったころやっと風雨も治まり道端の花畑に目が行くようになった。
まだ2月の末近くなのにもういろいろな花畑が目を楽しませてくれた。
画像
画像
画像


驚いたのは鴨川の南「丸山町」にまるで古いイギリスの田舎町を思わせる建物群を発見した時。
「道の駅 ローズマリー公園」という名前がついていた。珍しくてうろついててカメラに収めるのを忘れたのが残念だが、どうやら晩年のシェイクスピアが過ごした町を再現したものらしい。田舎町の箱モノの例にもれず10年程度で経営がうまくいかなかったらしく町の大部分は廃墟にして放置の様子。もったいない話だ…
こうやってみると皮肉なことに今回のドライブは、最初に訪れたのが手作り感と活気なあふれた「道の駅」そして最後が大金を投じて勢いを失った「道の駅」…。やはり「『長続き』は金ではなく人」とあらためて感じた一日であった。

"結構いい線 春の南房総" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント