杉並→いすみ8時間 豪雪???

<温室で真っ盛りのカトレアとブーゲンビリア>
画像
画像

2月7日ママさんを連れて杉並へ…
8日は関東大雪の予報なのにと思いつつ都知事選だからというので連れて帰る。(亭主は千葉県民…)
案の定8日朝から終日「観測史上初めて」だとか、「45年ぶり」だとかいろいろ言われるほどの大豪雪。
杉並も30cmほど積もってしまった。
<ノー天気母子>
画像
画像

杉並はママさんの城だから帰った途端にやれ掃除だ洗濯だと大忙し。が、亭主は全くやることなく3泊4日の「コタツムリ」・・・
今年3度目の大雪。
ブルーベリー仲間「大多喜のメタボ氏」のブログではシカゴから帰った当日8日大多喜ではすでに15センチ以上の積雪で真夜中までパイプハウスの雪を落としたとある。亭主もいすみの積雪が心配で気が気じゃない。
心ここにあらず、帰心矢の如し状態…かすかな期待はNHKの気象情報で外房沿岸が降雪エリアから外れている映像が流れていたこと。
待ちに待った10日、それでも早朝の道路の凍結を恐れて10時半に杉並を離れる。
自宅から甲州街道に出たところでカーラジオが「京葉道路全線通行止め」のニュースを報じる。
やむなく地道で都心を抜け京葉道路へ…でまたここで大ショック…江戸川に橋がかかっていない!!!
初めて知ったのだが(こういう時に限ってカーナビを入れてなかった。)、地道の京葉道路は、篠崎から有料の京葉道路に入らないと江戸川は渡れないのだ!!それなのに篠崎ではダンプやトラックを含めものすごい数の車が3列の大渋滞。どうなってるのか…
自宅を出てからすでに2時間が過ぎている。頭に来てナビを確認。千葉街道に迂回するより手はなさそうと左折。いい加減な除雪しかされていないグチャグチャの道を抜けて千葉街道に向かう。
たった7~8kmの迂回がこれまたものすごい渋滞で抜けるのに2時間。冗談じゃない。時計は既に14時を回ってる。
市川、船橋、千葉と通り抜けるあたりは確かに大雪だったようだ。道路の両端に除雪された雪が土手のように続いている。
千葉の中央部を抜けるころやっと車の流れがいくらか早くなったが、蘇我で茂原街道に入るときには既に17時をとうに過ぎ、どんよりした空は薄暗くなり始めている。完全に陽の落ちた茂原街道を抜けたのが18時。ここから周りの様子が完全に変わった。
よく視ると積雪のあとが全くない。いすみへ向かう広域農道は雪どころか雨の降ったような跡もない。
すこしくきたいしつつ19時前宅に到着。
助かった…雪のあとは全くなく、草も乾いてる。このあたりは雪がほとんど積もらなかったみたいだった。
11日朝乾いてる状態を写そうとカーテンを開けたら、なんとまた降雪。牡丹雪がゆっくり舞い落ちていた…
画像

どうなってんだ今年の冬は…?



"杉並→いすみ8時間 豪雪???" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント