黙々と、ただ黙々と…正月勝手連

<なぜまあ、こんなところに…>
ラビットアイテラスの12列、ブルージェムNo.12に小鳥の巣が…ママさんがどう剪定するか楽しみ…
画像


暖かい日の続く正月19日、亭主が剪定でシャカリキになっているとこへモッチャン到着。
今月と来月は寒いのが危険なのでチュンさんがお休み。モッチャンの単独行である。
一方一月の作業メニューは例年結構多い。とくに今冬は暖かさが続きいつもなら12月には終わっているブルーベリーの落葉が正月までずれ込んだ。2月には終わらせたい剪定が時間的に到底間に合わないこととなった。
亭主は物も言わずに剪定、剪定の連日である。
画像
下の画像では1本の結果枝に花芽が12ついている。この花芽を先から10個切り取り2つの芽を残す。いわゆる芽数調整である
画像
。全ての樹の枝数、花芽数を調整し、1本の樹から2kg~6kgの収穫ができるように剪定をしていく。1本の樹で約1時間から1.5時間はかかる。気が遠くなる作業である。
一方モッチャンは到着後すぐに寒肥を巻き始める。これもまたこの時期の辛気臭い大仕事だ。
画像
これまで肥料は油粕と有機リン酸を別々に買い、適当にブレンドして施肥していたが、今回は時間がないのを見込んで骨粉入りの油粕を準備。
画像
これをお玉に2杯ずつ(400g)撒いていった。下は第3テラス。150本のブルーベリーが整然と並ぶ…1本の樹の施肥に2分程度はかかるか…テラス全体で500本で約17時間は要する。
画像


2日目は予報どおり終日雨。モッチャン持参の夏みかんでジャムづくり…
画像
画像
2kgほどで約10個のジャムが完成。多忙な連日のちょんの間の休養日となった。
現在手持ちのジャムはブルーベリーのほかにリンゴジャム。これにママレードができたのであとは安い弾かれイチゴが出回るのが待ち遠しい…

雨上がりの3日目朝、すぐに施肥に入れないのでキヌサヤ、スナップエンドウの支柱つくりをお願いする。
画像
モッチャンの周りはナバナ。正月にナバナが食べられるとは思わなかったが、やはりうまい…
画像
いい支柱ができた…
昼過ぎ佐藤君が寄ってくれた。相変わらず時々独居老人を気遣って会いに来てくれる。ありがたいことである。
画像
そして施肥…
画像
亭主とモッチャンが会うのは3度の食事とテラスデッキでのお茶休憩のときだけ…
あとはそれぞれがそれぞれの場所でただ黙々と剪定と施肥に従事…会話はない…
最終日、全部の樹に施肥を完了したモッチャン、不足する細竹を準備してくれていた。
画像
ブルーベリーの支柱には100本でも足りないぐらい。今何をしておけばいいかを的確に見つけて作業する。そのサポート感覚には本当に頭が下がる。
明日から旅行の準備で杉並へ…バタバタのレポート勘弁…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント