モッチャン草刈り機に挑戦…4月勝手連

<デューク>
画像
4月22日、ハイブッシュの純白の花が美しい。満開である。
ただこれまでに比べて花の白さがやや目立たない気がする。花芽数を去年の半分近くに落としたためだと思っている。
お師匠さんの片岡氏が、「ハイブッシュは二芽にすると実が大きくそろう。」とおっしゃり実践されている。
いろいろ悩んだ末に一度試してみようと今年決行したのだ。師匠の処のように千本を軽く超える樹を育てているから言えることではないかとも思ったのだが、試すチャンスは多分今年がベストと考えた。収穫量がどうなるやら…

<エチョータ>
もう花が散り結実準備に入っている。
画像
<メデット>ラビットアイ種はまだまだこれから…それでもマルハナ蜂や蜜蜂は精力的に飛び回っている。晴れた日のテラスは羽根の音でうるさいぐらいだ。
長雨から解放された22日モッチャンがやって来た。今回はチュンさんが四国八十八か所めぐりに出かけたため1人で参戦。
早速草刈り開始…
画像
実は今回の勝手連作業にはいろいろ伏線(?)がある。
4月勝手連についての亭主の本当の計画は「倉庫づくり」であった。
が、この計画を断念せざるを得なかったのは、亭主の迂闊さにあった。
去る4月7日、亭主は屋根の修理をしていて脚立から落下。右半身を強打し活動不能に陥った。翌日医療センターでCTとX線で診察。右半身の強度の打撲と背骨の株のちいちゃな突起のような骨を折っていた。春の計画に大打撃となったのだ。
加えてその直前にやはり同じ医療センターの循環器担当医師の勧めで発作性頻拍のアブレーション手術をすることにしており、こっちは県の循環器病センターを紹介されていた。なんとこの時期に病院の梯子を余儀なくされる日々が続くようになっていたのだ。落下後10日余りは寝ていても体に痛みが走り、朝は起き上がれないぐらい。生涯で最大の大けがといえる。手術日は迫る、体は動かせないとハラハラ物の毎日が続いていた。
ただ幸いなことに(?)雨の日が続き、健康な状態でも作業のできない日が多く、いささかの気休めにはなっていた。

で、機械嫌いのモッチャンに強引に自走草刈り機を教え込み草刈り作業の4月となった。
亭主はまだあまり体に力を入れることが困難な状態なので、富川さんが復活させてくださったユンボーの整備に回った。オイルというのは、燃料の他にエンジンオイル、ギャオイル、作動オイル等々嫌になるぐらい種類がある。燃料にしても、ガソリン、軽油、混合オイルはたまた灯油での軽油代用品づくりなど様々。勉強になる。
ただ一人優雅なのは我がママさん。杉並にフクが帰ったので朝昼日課の散歩もなく、毎日ブルーベリーの花芽数をチェックして着き過ぎているのはないかと確認三昧…
画像
それにしてもやはり晴れた4月のテラスは最高である。風爽やかに川を渡り、様々な野草や花木が咲き乱れる。そして暖かい…

2日目、第3テラス、第2テラスの自走機草刈りを終え、第1テラスの1/3ほどまで来たところで自走機ダウン。
確かにモッチャンの精力的な動きには自走機もついていけなかったのか…
画像

JAの整備工場で見てもらったら、アクセルレバーのワイヤーが千切れかかっていた。これは多分メーカーの造りが甘かったのだろう。ワイヤーを交換してもらうことにして、自走機は部品到着までお休みとなった。折角亭主が改心して回転ベルトを交換し、ギャオイルなども入れ替えたばかりなのに、不良品を売りつけられていた!!

モッチャンて人は何処まで体力があるのか…「次何しましょう」が口癖みたいに亭主を駆り立てる。
で、「屋根の補修」と発言してしまった。あの悪夢の再来である。
画像
画像
前回1人で屋根に上がった時、どうしても背丈だけでは手の届かない部分があった。これを手前のなだらかな屋根には事後を立て、高い部分まで登って補修する。1人が梯子の下を抑えていなければ到底できない位置の補修である。
今、体力的に絶対優れているモッチャンが梯子を支え、亭主が上って補修するということで合意。二人とも一抹の不安を心に秘めて作業開始。
記録写真としては最高のネタなのに、残念ながらママさんは部屋でパソコンゲームに夢中で写真など撮ってくれない。よってこの世紀の大冒険は画像なし!!

自走機を失ったモッチャン、今度は背負い式の草刈り機に挑戦。
画像

各テラスほぼ大半の草刈り終了。後は樹冠の微妙ら処を手動の刈払機で終わらせるだけとなった。
<第3テラス>
画像
<第2テラス>
画像

今回はここまで、明日から入院で早く寝なくちゃいけない…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック