若き日の情熱と感激再び…

<秋めくテラス>
画像
11月に入り、テラス内のブルーベリーがかすかに色づき始めた。
サンルームの屋根張りが終わり、春に向けてのハーブや豆類の種まきや植付けも進んだ。
<エンドウ、ソラマメ>
画像
<アメジストセージ>
画像

そんな少しのんびりできていた4日。
再びかっての盟友斉藤氏と伊藤氏お二人が農園に来てくださった。
2年半ぶりである。
前回4月は冷たい雨に邪魔されたが、今回はやや曇り気味の晴れで動くには支障はなかった。
が、やはりこのお二方の来訪には天気はほぼどうでもよし。
時間がいくらあっても足りないぐらいの語りつくしが中心となる。
画像

画像の時計は午後5時半。まだテーブルに料理は並んでいないが、ぼつぼつ会食がスタートしたところだ。
そして「もう1時過ぎたよ。寝ようよ…」と亭主がギブアップ宣言するまで延々8時間…酒と肴と談笑が続いた。
昔話、体調はもとより、本、音楽、料理、酒等々広範な領域に話題が尽きることがない。
30代、かっては仕事を間に怒鳴りあった相手が、今は枯れた戦友として酒を酌み交わす…最高である。
お互いに本音で付き合った、戦ったことが、心からの語りあいを今生み出している…
しかも亭主が驚いたのは、この8時間ママさんが一緒に会話に加わったことである。
いつもは9時過ぎにお休みになるのに…
よほど話が楽しかったのだろう。

実は斉藤氏とママさんは昔から相思相愛(?)…
本日久しぶりの再会は、斉藤氏がローマ駐在事務所の社長だったころお世話になって以来10年ぶりとのことだったが、何か、つい先日もお会いしましたって雰囲気…
夫婦も娘たちもローマやアムステルダムでお世話になったり、氏が亭主に電話をかける折の中継ぎをする機会が多かったことで、しかも斉藤氏は稀代の女たらし…ママさんもころりといかれているらしい…
伊藤さんも、それこそ若いころ毎晩のように酒を飲みながら仕事の進め方で喧嘩ばかり(そのくせ洋ランを育てろと亭主の鉢を押し付けたり…)してたのを帰宅してはママさんに話していたのでそれなりに近しく思っていたのかも…

2日目も朝食が終わってもまだ話は続く…
少し腹ごなしと庭へ…
画像
画像

画像
画像
画像
画像

この後亭主の大失敗。
大多喜城へでもご案内と思い車を動かそうとしたら、なんとバッテリーがあがってウンともスンとも言わない…
今からではさすがに充電時間はない。軽トラで新しいバッテリーを買いに出たが、大多喜のイエローハットは社員研修で休み。岬のタイヤ館は定休日。「どうして俺はこんなに運がないんだ」と自らを罵り神を恨みながらいすみ中を走り回り、結局カインズで手に入れて帰還。所要時間なんと2時間。
この間お二人は宅に閉じ込められた状態。本当に申し訳ない次第であった。
昼食は斉藤氏がご自慢の腕を振るって「キノコたっぷりのパスタ」(画像取り忘れは本当に残念。)
パスタのゆで具合、キノコのバランス、ソースの味付け、さすがと唸るほど美味であった。4人で430gペロリ…
昼過ぎ、別れを惜しみつつ大原駅へお送りした。
お二方とも睡眠不足と二日酔いだったようだ。電車の中ではぐっすり眠れたと思う。

お送りした後自宅でママさんとお茶した折、ママさんが一言・・・
「本当に楽しかった。でも私の前で『夜は何回オシッコに行く?』、『うーん、1回かな』なんてお話はねえ…」
たしかに…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック