待ってました! 恒例のパンとともに…7月の来訪者④

画像

7月最終日、山崎夫妻がサポートに来訪。
そして毎年こうやってパンの花畑が広がる。
もちろんパン一つひとつが手が込んでいるのだが、考えられないことにこのパンの広がりをイメージし創りあげるのはご亭主なのである。
しかも、わざわざご自宅から綺麗なぺーパーシートと竹ざるまで持参いただき、台所でパン一つひとつを丁寧に切って配置を考え並べて飾る…。
見事というほかはない。
「こんなパン屋が近くに欲しい…」 実感である。
画像

ママさんも毎年心待ちにし、この一年の出来事など大はしゃぎで会話が弾む。
が、まずいのは、会話の端々にずぼら亭主にしてみればあきれるほどの日常が現れ、形勢が悪くなることだ。
というのもこのご亭主、家事全般、特に料理はほぼ全部自分の仕事と任じている模様。
しかも夫婦ともにそれを当たり前のように思われ、どこが不思議なのといった様子。
確かに氏は魚釣りが趣味であり、釣った獲物は自分でさばいて揚げ物まで作ってしまうらしい。
もちろんそれはそれでいい遊びなのだが、亭主にしてみれば、これが日々のルーティンにまでなれば奥さんの領域なのだ。
女王にかしずく料理人というわけでもないのだが、お二人の日常は亭主の理解の外である。
かっては同じ職場で机を並べ、夜は夜とて大酒を酌み交わしたあの山崎氏からは到底想像できなかった本性なのだ。
そして、あまりママさんの前で話されては都合の悪い話でもある。

話は前後したが、朝早くから出て来られ9時には摘み取りが始まった。
画像
画像

毎年のことで手慣れたもの、二人で同じ品種のブルーベリーの樹をそれぞれに摘んでいく。
今回は盛りのバルドウインを午前中だけで17kg収穫。仕事が早い。
画像

7月来訪者の取を飾る素晴らしいサポートに感謝感謝でありました。
願うらくはパンパーティはせめて年二度ほど…


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック