そしてまた雨 3月勝手連

画像

「桜と菜の花」ではない。「梅と菜の花」なのだ。
3月も半ばを過ぎたというの、
画像
ここでこんなシーンはあまり経験がない。
紅梅、白梅ともに爛漫といったところである。

3月15日(木)、モッチャン愛車で来訪。
さすがに3月、世の中は屋外活動にいそしみ始めたか、道路が混んだよう。
農園を見て回りながら作業打ち合わせ。
今回もウッチャンとボスが不参加を余儀なくされメンバーはチュンさんと亭主の3人。
しかも後半は雨の予報。
目標は200個以上の挿し木用ポット作りと挿し木。晴れが続けば2回目の花芽摘み。可能ならばポット苗のポットサイズ替え。など等するべき仕事は山ほどある。
よほど効率的にいかないとと腹をくくる。
モッチャンの奥さんが今回はお稲荷さんを持たせてくださったので、それで腹を落ち着かせるとすぐに挿し木用のポット作りに入った。
今回のメイン作業である。
すでにラビットアイ種の挿し木は80ポット終わらせていたので、ハイブッシュ用に約200ポットを計画していた。
<ラビットアイ種80ポット>
画像


従来の挿し木の要領は、
①まずポットの底から不織布を挿し、
②次いでピートモスを入れてポットを整え、
③削っておいた挿し枝を挿す。
④名札を付けて終了。
というように4つの作業を一連の工程として採っていた。
が、今回はスピードを上げてみようと、まず①と②の作業を先行させ③と④は最後にまとめてすることにした。
変わらないようだが結果としては意外なほど時間が短縮され、予想していた時間よりはるかに早く作業を終わらせることができた。
モッチャン一人で初日に88ポット(11ポット入りの籠8つ)作ってしまったのだ。恐れ入った。
画像

この間亭主は、夏以降へ向けての野菜の苗作りに入っていた。
トマト2種(大玉とミニ)、栗カボチャ、ズッキーニ、チシャとサンチュなどの種まき…
画像

画像

まだまだルバーブやセロリ、ねぶかネギなどが終わっていない。
さすがにキュウリとナスは苗を買うことにして苗作りには手を付けないことにした。

2日目
朝食もそこそこに作業に入る。
引き続きモッチャンはポット作り…
画像

午前中に5籠(55ポット)程度作ったところでチュンさん到着。
作業をチュンさんに交代する。
が、とりあえず昼食。
菜花が美味そう。こちらはお浸しに…。
画像

で、農園で採ったフキノトウでパスタを作ることにした。
ベーコンとにんにく、茹でた春キャベツ、サービスにモッチャンの好きな玉ねぎを少し足し、アンチョビがなかったのでツナ缶。
これがまた旬の野菜のおかげか亭主の腕か、何せ美味かった。
亭主の料理はすべて出たとこ勝負。目分量、おおよそ、多分…と味見もせずに適当に作るのだから、たんびたんびに味が違う。
それでも素材の良さだけは疑いなく、おかげで結構いけるのだ。
パスタを330g茹でたのだがあと60gは足りなかった感じ…みなまだまだ食い足りなさそうだった。
大食いが揃ってる。

チュンさんポット作り開始。
持病やけがと仲のいい方、春先は花粉症。マスクをかけ(多分飲み薬も服用して…)の奮闘ぶり。
花粉症と縁のない亭主にはその辛さがうかがい知れないのだが、それを押してしかも休暇を取っていすみまで駆けつけてくれるのには頭が下がる。
画像

遠くから写すと(近くでも同じか…)、とんでもない場所で作業をしてるようだが、亭主にとってはここがパラダイスなのだ…
画像


3時間ほどで77ポットが完成し、ついに予定の200ポット越えが完成した。
この間亭主はハイブッシュの挿し穂を作り、できたポットに挿して、一つひとつのポットにラベルを立てていった。
工程変更の効果もあったのだが、もう1日かかると思っていた作業がこの日で完了したのにはさすがにびっくりした。
<ハイブッシュ種のポット群>
画像

<ラビットアイ種のポット群>
画像

結果として300ポットが完成した。
北部ハイブッシュ (132)
  デューク    33ポット
  エチョータ   33ポット
  ウエイマウス 44ポット
  スパルタン  22ポット

南部ハイブッシュ (22)
  ミスティ     33ポット

ラビットアイ    (132)
  フェスティバル 19ポット
  ノビリス     19ポット
  メデット      19ポット
  バルドウイン  19ポット
  ティフブルー  19ポット 
その他5種計  40ポット

モッチャンの午後は、本人が最も気にしていた大賀ハスの根の植え直し。
毎年3月には必ず手を付けるモッチャン恒例の仕事である。
画像
おかげで毎年夏には大輪のハスが見事に玄関を飾り、目を楽しませてくれる。
ただ、今年も株が増えていて植え残りの処分に頭を抱えている。
モッチャンもチュンさんも食べてみたらしいが、あまり美味いとは言えないようだ…
どなたか欲しい方がおいでなら喜んで差しあげるのだが…

3日目
予報どおり朝から雨。
屋外に出ることもかなわず、自然にサンルームのストーブに火をつける。
せっかくだからと焼き芋を焼いて暇をつぶす。
画像

画像

今回予定した大作業もあらかた片付き、亭主は挿し木したポットの名札づくりを続けるが、勝手連に託すべき屋内活動も特にない。
ふと思いついてモッチャンがためておいた藁で釉薬の灰を作り始めた。
最初サンルームの中でやると言い出したので、さすがに亭主も拒否。
折衷案でテラスデッキでやることを承諾したが、これすらデッキの屋根下のシェードに火がつくのではないかとハラハラもんであった。
<初めは火も小さかった。>
この後燃え上がりあわてることとなる。
画像

<どうやら要領を見つけたみたい。>
画像

<わら灰>
この灰を水で濾して作るらしい。
真ん中の白い筒は中までゆっくり灰化させるための煙突…珍しく芸が細かい。
画像


で、やむなく今回はここで活動終了。
予定を一日早く繰上げ二人でご帰還。
お土産はフキノトウと菜花…
チュンさんはせっかくやってきたのに1泊2日となってしまった。
もったいないがやむを得ず、4月の晴天を祈るや切というところである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック