貴重な晴れ間の中で  6月勝手連

4月、5月の雨日の多かったにことうんざりしてたら、何と6月は2日から梅雨入り。こんなに早い梅雨入りは記憶にない。そのせいか育つべき野菜が育ってない。何か今年の農園は危険な感じがする。

そんな6月の6日に勝手連が短い晴れ間を持ってきてくれた。
3月のブルーベリーの挿し木が終わってから4月、5月は車庫の改修で終始した勝手連。久し振りに農園や畑に出て本来業務となった。

ブルーベリーテラスは、なぎなたがやがやっと枯れてくれたので、待ちに待った草刈りの時期となっていた。なぎなたがやの種ができていないと来年のテラスは悲劇的な雑草地となる。かといって早く草刈しないとほかの雑草(特にカラスノエンドウ)の種が落ちる。いらいらしながら枯れるのを待ってたのだ。
6日は、メンバー到着後昼食もそこそこに作業に入った。

テラスの草刈はウッチャンが得意になってきた草刈機を駆使して開始した。

≪雑草の中に立ってるのはお地蔵さんや案山子ではない!≫
この日のために奥さんが鎌倉から買って来てくれた愛情あふれる菅笠をしっかり冠ったウッチャンなのだ。
画像

ラビットアイテラスの1列はおおよそ30mある。各列は3m間隔で高畝にしてあるので草刈機も平地とは扱い方が全然違って面倒くさいし神経を使う。
画像

ここを刈るには通路、右斜面、左斜面、植え穴面と最低2往復する必要がある。1本終わらせるのに軽く1時間はかかった。その列がラビットアイテラスだけでも15本あるのだ…。
画像

結構骨の折れる作業なのだが、一方で草刈機というのはなかなか魅力のある道具でもあるのだ。
あの騒音と丸のこの切れ味の小気味良さは人の気持ちを結構つかむ。
「破壊者の快感」とでもいうべきか…。
とうとうウッチャンは2日間この作業にかかりっきりで周りが心配するほどだった。草刈機の奥深い魅力の虜になったみたいだ。
≪菅笠の快感か破壊者の快感かのいずれかに酔ってるウッチャン≫
画像


≪草刈前 枯れたなぎなたがやが柔らかく美しい。≫
画像

≪草刈後 さすがにサッパリする。≫
画像


一方長谷川ワールドは収穫を待つ野菜類が複数あるのに雨ばかりで仕事が進まない。おかげでここも雑草の育ちがよすぎる。こちらも気が焦るばかりだった。
モッチャンにはすぐに収穫作業に入ってもらった。玉ねぎはとりあえず終わっていたが、急ぐのがニンニク。その他にキャベツ、そらまめ、エンドウ等々。
しかも明日合流する長谷川君が着く前までに掘った跡を整地して次の植え付けの準備をしておかなくてはならない。長谷川プランは綿密なのだ。
≪キャベツを取ってる≫
画像

≪今度は蕗 余裕だ。≫
画像


面倒くさかったのはニンニクの収穫だった。(写真撮り忘れ。)
しっかり出来ていれば茎を持って引き抜けるのだが、一つの群はなぜか茎の根元が腐ったようになっており、引っ張ると千切れて球が地中に残ってしまう状態だった。
仕方がないので掘り起こして一つ一つ収穫ということになった。雨水をしっかり抱いた粘土を掘り起こすのは結構重労働だ。しかもそこから丁寧に球を取り出す手間までかかる。
画像


そのあとは陰干しするのだが、根ぐされを起こしていて球の中の芯部分も融けかけてる。実自体は大丈夫なのでほぐして日に当て早く乾かすことにした。この作業で手はずるずるになるし臭いたるや相当なもんだ。ニンニクが好きじゃないと絶対やってられない。
画像


それでも今年の実は昨年の哀れな実に比べたら格段に大きいのが出来た。まだまだスーパーに出てるようなきれいな形じゃないが、仲間内で使うには十分だと思う。
今年は中橋君の奥さんにも渡せるなとちょっとほっとした。
画像


健全なほうは6本一束にして吊り下げられるようにするだけだから簡単。しっかり育てないとそのあとの手間が大きく違ってくる。勉強になった。
これだけでほぼ半日仕事となったが、モッチャン曰く「今ニンニク高いですよ。一個400円はしますから…」。これでちょっと嬉しくなった。全部で300球は軽く超えてるのだから…。
画像

画像


二日目。長谷川ワールドのボス到着。早々でかい袋を出すので何かと思ったら、大分の親せきから麦みそを仕込んだのでと送ってきてくれたとのこと。一抱えもあるやつを何とかしろという。
先日黒豆のみそを見よう見まねで仕込んだばかり。何とかなるなとは思ったが、これは失敗できないと少々緊張する。舐めてみたら甘い味がした。早速カメに仕込み直し。半年後にはいい味噌汁ができそう。

本人すぐさまマイワールドへ。
ニンニクを掘った後へヤーコンの追加とさつまいも、絹サヤの後がトマト、キャベツの後に唐辛子、どこかへオクラも植えたらしい。
何せブルトーザーが進むような姿でどんどん作ってしまう。半日でサッサと終えてつぎの日は朝6時前には奥さんのもとへトットと帰る。
≪トマトの植え付け。支柱も組み立てなおして…≫
画像

 お尻の所はショウガが植わってる。
トマトの苗は水耕栽培の脇目を取って挿していたものを使った。トマトは同種を一本ずつ手に入れれば後は脇目でどんどん増やせる。
画像


≪ニンニクの後のさつまいも≫ 「何とか金時」と言ってた。
画像


≪掘り上げた玉ねぎ≫
今年は天候のせいか、収穫が早すぎたか、昨年に比べて小ぶりだった。
画像

未使用のハンモックがこんなところで役に立ちとは思わなかった。新装の車庫が乾燥に最適の場所となった。
画像


結果として3日目が朝から雨で作業にならず、当日は早々にご帰京となった6月勝手連だったが、精力的に2日目までをこなしたおかげで予定した作業はほぼ終わらせることができた。何せ忙しい6月だったが、結果は夏から秋にはきっといい姿で生まれてくると思う。

いつも会食のシーンは同じようなので、今回は「テラスデッキでのアフタヌーンティ」のシーンを…
こう書くとロンドンはピカデリーのフォートナム&メイスンの喫茶店をイメージするんだが、当方のデッキははお客様の服装も含めて未だそこまでには至っていない。追いつくには相当時間を要するだろうが、今に見てろ!
画像

夏は紫蘇ジュース、冬はコーヒー。そしてチョコレートとクラッカーそしてバナナというのが定番のテーブルだ。
画像

今回はテーブルにバナナがない。モッチャン好みの安いバナナが見つからなかったそうだ。
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント