テーマ:葉月

次年度準備の始動  9月勝手連

今年は彼岸花が早い。そして例年より数が少ない感じ…それでも秋を実感させる。 9月21日、東京組のチュンさんが腰痛で急きょ不参加になりモッチャン単独で到着。 そしてこれまた間の悪いことにモッチャン到着の直前、亭主の不整脈の発作が始まり、昼前から夕方まで7時間全く動けずタイムロス。 モッチャン一人に灌水ホースの片づけを頼む。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月勝手連…700kgの大台越え!

<まだまだ赤いバルドウイン> 今日で8月も終わる。暑い。最後まで本当に暑い葉月であった。 そして台風は熱低に変わり、頼みの前線も関東ではさっぱり南下せず、月末になってもまだ渇水に悩まされている夏でもあった。 またまた遅くなってしまった8月勝手連報告もニュースとしては色あせてしまったが、摘み取りの記録としては重要なエポッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むげんの会 今夏最後の来訪者

我らが農園もいよいよ今夏のシーズンは最終局面に入った。 予想以上に早い感がある。 スタートが例年より早かったこともあるのだろうが、後半水やりの判断を間違えたのかもしれない。 もうどの樹も実がほとんどなくなってきた。 そんな12日、予定に入っていた今夏最後の来訪者「むげんの会」のメンバーが到着した。 といってもその顔触れはほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピークは続く 8月の来訪者

8月に入り、ラピットアイテラスの熟果も7月の中心だったフェスティバルやブライトウェルからノビリス、メデットといった種に交替してきた。特にブライトウェルは採っても採っても無くならない。花芽を残し過ぎたかとこちらが心配になるほど。 確かに今年はよく実っている。 8月の第1陣はボスであった。 会社勤務時代の同僚仲氏を帯同し8月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鯱光の朋来る。  8月の来訪者③

「よくもまあ」と半ば呆れたのではあるが、高校時代に最も親しかったクラスメート2人が名古屋からはるばるこの外房の片田舎まで訪れてくれた。 特に何かがあったわけではない。 ただ「農夫になった亭主の状況視察」が旅の目的だという。 もちろん「チョー嬉しい。」のではあるが、一般的に考えて男がこんなことするか? 女性ならわからんでもないが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚天動地の鍼灸体験 (小鬼連来襲の続き)

なんともはや説明のしようのない光景である。 娘の撮ったこの写真、あとから見て瞬間あわてた。 「ママさんに見つかったら怒られる…」と若い時代を思い出す。 まるでかってのバンコクかチェンマイでのあられもないマッサージのシーンみたいだ。 実はこれジャケ(セッチャン母ちゃん)が、お灸で治療をしてくれてるところなのだ。 髪をあっさり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恒例の小鬼連来襲!!  8月の来訪者②

全部自分たちで作った手作りのジャムである。 向かって右のルバーブは杉並()、その隣のブルーベリーとスモモと夏ミカンは亭主が作った。 奥の紫色はウッチャンの奥方の作品。 大好きなリンゴはみな食べてしまって今はない… でもこれだけの種類があると気持ちが本当に豊かになる。 一つひとつがそれぞれに特徴を出してうまいのだ。 毎朝一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more