テーマ:弥生あれこれ

植え付け三昧…弥生勝手連

春です!! わが家の土手に菫・菜の花…シイタケ、ナバナが収穫期…そして田んぼに水が入る… 3月20日ママさんのお友達のご主人たちが鴨川旅行の帰りに立ち寄ってくれ歓談。お土産はシイタケと菜花… 3月16日、哀れにもピーチャンは不妊手術… 急に暖かくなってきた17日、今月もモッチャン一人で来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄太の春休み②…チバニアンそしていすみのいちご

玄太の枝垂れ桜もきれいに咲き始めた。玄太と雪の二人はアルバイトの合間に結構いろいろ楽しんでもいた。いろんなジャムの朝ごはん。セッチャンがパンに塗っているのは後述のいちごジャム。おやついっぱいのお茶の時間…画像にはないが大好きな川遊びは暇ができると堤防を降りて行っていた。意外だったのは土筆に興味を持ったこと。おひたしにすると二人でハカマを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピカピカの一年生!!  玄太の春休み①アルバイト

福田農園開拓開始と玄太郎誕生は同じ年2005年である。農園開始が3月、玄太誕生が5月わずか2か月の差であった。画像は2歳…農園は植穴づくりの真っ最中。彼はこの穴がお気に入りであった。 3月25日、念願の中学入学が決まり、解放された春休みをといすみにやってきた。ジージを喜ばせる来訪の秘めたる狙いは入学祝とアルバイトフィーのゲットである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春の農園準備…3月いろいろそして勝手連

春です。3月の農園の春を少々…まずはブルーベリー…もうすぐ開花です。そして菜花とサクランボ。菫、パクチーニンニクそしてシイタケ…いすみの春です。そしてもひとつウラシマソウ 2月でやっと終わった剪定。3月は引き続き挿し木と接ぎ木に入り休むいとまなし。それでも剪定ほどの長時間ではないし気候もやや春めいてきて気持ちはずいぶん軽くなっている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春はあけぼの…3月勝手連

3月初め、玄太郎の愛犬フクが杉並から短期留学で来夷、これを機に3月半ばからまた朝の散歩を再開した。厳しい寒さも去った様子。きりっとした朝の空気が心地よい。40分5千歩程度…7時過ぎに家を出てフクの散歩ルートをたどると毎朝いすみ鉄道の黄色い列車の通過が楽しめる。「カン! カン!」と踏切の信号が鳴り、赤色灯が点滅。静かのな朝の空気を裂くよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんでこんなに忙しい!! あおりを食らった2月勝手連

<今が旬>今年はこれまでになく良く食べた。天ぷらは塩でも汁でも…蕗みそは3回作ったか…挙句の果てはバター炒め…(これがまた美味!!) とはいえ今年は年明けから思いもよらぬ事務作業が複数重なり、年寄りにはついていけないほど目くるめく混乱と煩わしさ巻き込まれている。本業に支障をきたさぬよう気を付けてはいるが、くたびれ果てて投げ出したい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防風ネット張替え完了…3月勝手連

<サクランボの花が咲きました。>今年はいくつ実がなるか… 雨だらけで作業が遅れるばかりの3月。まだ春と認めたくないのだが、もうしっかりと春… 3月14日、モッチャンと久しぶりのチュンさん来訪。が…この日は終日大雨…悔しいったらありゃしない。 で、やむなく室内作業。前日四街道の西浦氏が季節はずれ(かな?)に夏ミカンを送ってくれた。タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春に三日の晴れなし…

<ミモザ満開> 「春に三日の晴れなし」というが、おかげでテラスの地面は乾く間がない。 剪定と1回目の花芽調整に2月いっぱいを使ってしまったので挿し木、接ぎ木がともに3月の仕事になってしまった。また畑の方はジャガイモの植え付けがに全く手が付けられない。 にもかかわらず地面はベチャベチャ…作業がどんどん遅れていく… とりあえず挿し木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多彩な人々の行き交い…3月勝手連

<スモモ復活…> 毎年夏にとても甘い実をたわわに茂らせていたスモモ。3年ほど前からパタリと実が成らなくなり木肌に苔が張り付き枯死寸前までいっていた。手当の仕方もわからず、とりあえず大きく枝を切り落とし樹形を1/3ほどに縮めて回復を待った。昨年かすかに蘇るかなと思わせるような兆しを見せていたが、今春樹一杯に真っ白な花をつけてくれた。どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと接ぎ木作業へ…弥生あれこれ

<今ミモザが最高にきれい…>そして菜の花も… 例年にないほど雨の日の多い今年の3月、作業予定がずるずると遅れる。 15日からと考えていた接ぎ木、20日を過ぎてやっと作業に入れた。 一昨年の秋、接ぎ木することを前提に約100本のラビットアイ種を第2、第3テラスに地植えした。 そして昨年3月そのすべての樹に3本~4本のハイブッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

剪定の合間に…早春あれこれ

「ナガバジャノヒゲ」(長葉蛇の髭?)というらしい。 キラキラ輝くブルーの実… 寝室前の垣根の下草を整理していて発見。「なんだこれ!!」 まさに宝石を発見したような驚きと喜びだった。美しい… 今日は3月3日、頭に血の登った状態の続いた剪定の日々がやっと一段落し、いささかの落ち着きを取り戻したのが3月の初日ごろ。 「春に3日の晴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more