テーマ:サポーター

勝手連養蜂分隊誕生か…師走あれこれ

ラビットアイの紅葉が美しい。 おじいさんは山じゃなくて第2テラスへ苗木の移植に… おばあさんは川じゃなくて第1テラスへ剪定に… そんな師走のある日東京の方から若い二人がドンブラコと流れてきました…(失礼…) 7日、元モッチャンとこの菊ちゃんの友人「佐野ちゃん」が、可愛い車でボーイフレンドを連れてやってきた。佐野ちゃんはこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若き日の情熱と感激再び…

<秋めくテラス> 11月に入り、テラス内のブルーベリーがかすかに色づき始めた。 サンルームの屋根張りが終わり、春に向けてのハーブや豆類の種まきや植付けも進んだ。 <エンドウ、ソラマメ><アメジストセージ> そんな少しのんびりできていた4日。 再びかっての盟友斉藤氏と伊藤氏お二人が農園に来てくださった。 2年半ぶりである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーマン出現!!

「ジャーン!」である… 本日母屋屋根修復完了!!! 嘘みたいな本当の話… 台風での屋根破損が6日昼。 修復完了が8日日暮前。 こんな話聞いたことも見たこともない。 まさにスーパーマンの救援であった!! 昨7日昼前、隣家の高師さんに相談に行った。 6日午後からDIYも含め考えに考えたがいい知恵が浮かばず、誰か屋根屋…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

働き蜂6個ゲット 玄太の夏休み

<玄太の目線① 直売所マンテンに出荷されたブルーベリージャム> 今日8月27日、今年のブルーベリー摘みも最終盤となり、残るのはノビリスとバルドウインの残り実だけ。8月末か9月第1週には終了となりそう。 ママさんも3か月の長期サポートを終え昨26日杉並へ帰った。 25日からやっと一か月ぶりの大雨も降ってくれ、雑草だらけの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サポート隊第5陣 最強の主婦連合と働き蜂軍団

<花がないので…上総一ノ宮のレストラン「カレント」の夏のランチ> 何せ野菜が美味い。ここの人参なら亭主も好んで口にする… 実(げ)に恐ろしきは女の思考回路。 どうしてこういうことになったのか見当もつかないが、7月の初めに突然ママさんが「操さんがお手伝いに来てくれるわよ…」とのたもうた。「ジェ ジェ ジェッ!!」である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サポート隊第4陣…待ってました石釜パン

<さすがに今回の巻頭は花よりパン> ここ数年、夏の摘み取りが始まると期待を込めて待つのがこの石釜のパン。 人様のお持たせを期待するのは図々しい限りだが、何とも待ち遠しさを消し難い逸品である。 たらこマヨネーズを挟み込んだのとか砂糖でコーティングされたのとかチーズパンとかいろいろバラエティに富んでるのもさることながら、我が家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サポート隊第3陣 日帰り十字軍

藪カンゾウも水枯れ…夏の農園に咲く野の花はなぜかオレンジ色のものが多い。 春の黄色同様季節の到来を気付かせる。 もう何日雨が降らないのか…最後が7月4日だったから今日17日で2週間に近い。今夜は雨だというが… 昨年までだったら腹をくくって水撒きの準備にかかるところだが、今年は本当に気が楽だ。 スイッチをひねり、エンジンポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サポート隊第2陣 ミツバチジーヤの冒険?

またこの可憐な夏の花が咲いた。大好きなのだが名前は知らない。 何もしないのに毎年半日蔭に涼しげに咲いてくれる清涼剤だ。 7月12日サポート隊第2陣の来訪。 毎春ミツバチでお世話になっている岩佐夫妻が朝9時に到着。流山からは3時間近くかかるはずだから、相当早くから準備・出発いただいたことになる。 しかもこの夫妻、普段からミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今夏最初のサポーターそして灌水装置

ズッキーニである。 「ちょいと目を離したすきに」とはよく言うが、まさにそれ… ブルーベリーテラスにかまけて畑に目が行かず、「ヤバッ!」と言ってみたらこの始末。 なんともはや、今年もジャンボズッキーニの量産である。いくら好きとはいってもさすがにビビる… 猛暑開始の一日前、7月6日に今夏最初のサポーターとしてモッチャン一家が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚異の600kg越え!!  摘み取りシーズン終了。

<コピルアク&越の一> 終わった!! というより、終わらせた!! さすがに「もういい。今年はもう十分やった」と実感したのだ。 6月11日に約5kgのウェイマウスとデュークを摘んでから9月7日バルドウイン、ノビリス、フェスティバルで3kgの89日間。 ほぼ休日なしの3か月であったが、吾ながらよく動けたもんだと思う… そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最強軍団再び…phaseⅡ

8月も半ばに入り、外房の稲は刈り取り時期に入った。 最強のサポーターもさすがに積み取りばかりでは退屈になり、ほかの作業のサポートに興味が移ってきたようだ。 そこへ目を付けたのが二人のママたち。 なんと家事のアルバイトと称し、自分たちが手を抜くための姦計を図った。 朝のゴミ捨てが30円だとか 風呂掃除が100円だとか… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最強軍団再び…phaseⅠ 8月の来訪者⑤

8月8日、再び玄太母子がやってきた。 今回は一週間の長丁場。 摘み取り経験3年越え。ベテランの域に達した強力なサポーターではあるのだが、別途受け入れ側としても相当な覚悟が必要だ。 すなわち1週間、玄太ママの「ゲンタロウ!! 」の怒鳴り声を聞き続けることになるのだから…{%がっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎天地獄8月の来訪者 サポータ④

<居間から見た風船蔓> 今年もまた雨の降らない8月が続く。 夏の太平洋高気圧に常に一番近い位置にある外房。夏の雨は望めないのだということがやっと判ってきた。 (遅すぎる!! ) 連日の猛暑の中、摘み取り、選別、出荷そして草刈と水遣り… どれも最優先事項… 毎年少しずつは改善しているつもりなのだが、何せ収量が毎年ネズミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツムツムツム!!!  7月の来訪者 サポータ③

7月下旬 遅れ気味だったラビットアイテラスの実も百果繚乱(?)の呈。湧き出るように実が次々に碧くなっていく。 天候の加減(遅れ気味の夏、突然の真夏)で先陣を切るオースチンやブライトウェルの熟しが遅れぎみのところへ最晩生のデライトやバルドウィンが早めに熟し始めたのが重なり、園内は突然ほぼ全ての樹が摘み取り時期に入ってしまった。 玄太母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫の手も…サポータ②働き蜂の夏休み

20日、一学期の終業式もそこそこに玄太王子母子がサポートに… 玄太にとっては初めての夏休みに入ったのだ。 ジージの時代は通信簿と言った文書(今、なんといわれるのか知らない…)とともに… 今回はパパさんの出張の間を利用し5日間と長く滞在して、目的はサポートと言ってくれるのだから涙・涙である。 まだ小学一年生なのたが、摘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more