テーマ:皐月あれこれ

摘み取りの前捌き…5月勝手連

お判りだろうか?日本ミツバチの偵察隊である。任務は新しい軍団の住処を探すことにある。 ただ探してくれるのはいいんだが、すでに分蜂の盛んな時期は過ぎている。あまり期待しないで様子を見ている。要領が分かったので来春はきちんとしてあげて住んでもらえるようにする。 そしてボツボツ遅まきながらブルーベリーも青い粒が見つけられるようになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーズン開始…5月勝手連

今年はクレマチスが良く咲いている。その分モッコウバラがあまりパッとしなかった。5月の半ばを過ぎ、予想どおり早々とブルーベリーが青くなり始めた。待ち遠しかったシーズン開始である。 例年、千葉の露地栽培では収穫は6月からが普通なのだが、今年は春野菜育ちぶりや木々の花の付き具合などからブルーベリーの収穫時期も早くなると予想。で、勝手連には今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草刈り、草刈りそして草刈り…5月勝手連

<5月16日のエチョータ>先月に続きモッチャンがお嬢さん(菊ちゃん)お手製のキッシュを持ってきてくれた。先月あまりに美味であったので「おかわり!」をおねだりしていたのだ。やっと写真にとれた。そしてもちろん美味しかった~娘たちからはママさんに「母の日」のプレゼントついでにわが家のサクランボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW 修理屋玄太がやってきた

<日本ミツバチの巣箱と金陵辺>ひょんなことから日本ミツバチを飼育する羽目になった。本人も「やった方がいいかな」とは思ってたので「瓢箪から駒」ともいえる。 事の起こりはブルーベリー仲間の浅井氏から「金陵辺」なるシンビジュウムと同系の東洋ランをいただいたことに始まる。この花の香りが日本ミツバチを寄せる力を持っているらしい。 本来なら巣箱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こまごま作業一気に片付く!… 5月勝手連

<エルダーフラワー>早春に露地に移植したエルダーの花が咲いた。なんてこともない花なのだが、この樹は西洋ではいろいろな言い伝えがあるのが面白くて、農園に役に立つハーブを調べ始めた7~8年前にインターネットで取り寄せたものだ。 和名「セイヨウニワトコ」。マスカットのような甘い香りが特徴で、花言葉は、思いやり、愛らしさ、 熱心… 西洋のた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

いよいよシーズン開始…5月勝手連

<デューク> 好天続きの5月、心臓の手術や脚立からの落下騒動での4月の遅れを取り戻そうとシャカリキになったのだが、やはり一人遊びでは遅々として進まない。 必死になって草刈りを進め5月半ばには第2、第3のハイブッシュテラスを刈り終えた。これで6月から始まる収穫時にも足元が気にならないし、ショウジョウバエ対策も何とかなりそう。 第1(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄太10歳、ハナも10歳、農園10年ひとくぎり…

<シラー・ペルビアナ> 前々回、名を問うた花は、シラーと呼ばれているユリ科の花らしいとわかった。原産は地中海のようで、なんでこんな花が庭にぽつんと咲いていたのか不思議だ…この春はナガバジャノヒゲとそろって珍しい野草が2つ見つかった。ことになる。田舎遊びの楽しみの一つだ。 <玄太御用達カンパーニャのお祝いケーキ>5月2日、玄太王子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more