テーマ:母の世界

母の世界

母がいすみに住み始めたのが昨年の五月。早くも一年が過ぎることとなった。こんな田舎で我慢できるかどうか心配だったが、気丈なものだ、そして楽しみ方を知っている。「空気は奇麗だし、野菜が豊富。本当にいいところ。」と堂々たる生活ぶりだ。 退屈を感じるときはほとんどなさそうだ。 母のいすみで過ごしている様子をその作品などで記録しておく。 (…

続きを読むread more

勝手連 母バージョン

母の名古屋での謡の仲間がはるばるいすみまで訪ねてくださった。 第1日は一緒に勝浦の東急ハーベストで宿泊。夕食時にであろうか、どうやら勝手連の話が出たらしく、名前も活動内容も気に入ったらしい。「私たちはお母さんの勝手連!」と宣言されてしまった。何せ不肖の息子のもとでどんなに虐げられた生活を強いられてるのか心配で仕方がなかったらしい。口に…

続きを読むread more

蕗を採る母

今年の9月で97歳になる母がいすみへ移って来た。20年ぶりらしい。 終の棲家と覚悟してるのか落ち着いたものだ。空気がきれい。野菜がおいしいと楽しんでいる。今は蕗が真っ盛り。自家製の伽羅ぶきも結構いける。 しかし、唯一そして最大の悩みが「車がないとショッピングにいけない」こと。買い物好きが長寿の秘訣の母にとっては相当大きいストレスだろ…

続きを読むread more