テーマ:ブルーベリー

シーズン終わり気が抜けて…

茂原のレストランです。外観チョット気に入りました。 8月24日、きっちり3か月続いた収穫作業がほぼ終わりを迎え、少し気持ちに余裕ができたので茂原までランチドライブに出かけました。 ここんところママさんお気に入りの「ホタルカフェ」は店じまい、「カンパーニャ」はシェフ替わり、一宮の「カレント」も閉店と、プチグルメ環境は狭くなるばかり。時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーズン開始…5月勝手連

今年はクレマチスが良く咲いている。その分モッコウバラがあまりパッとしなかった。5月の半ばを過ぎ、予想どおり早々とブルーベリーが青くなり始めた。待ち遠しかったシーズン開始である。 例年、千葉の露地栽培では収穫は6月からが普通なのだが、今年は春野菜育ちぶりや木々の花の付き具合などからブルーベリーの収穫時期も早くなると予想。で、勝手連には今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョー甘っメデット!!…そして8月勝手連

<メデットの苗> 夏の水不足で葉が落ちてるが元気な苗である。もう新葉が出てきている。 面白いことに亭主のHPでの苗のリクエストには、最近必ずと言ってよいほどメデットが入っている。そして昨日もまた「メデットだけで3本」のリクエスト…購入された方から送金のことで電話が入った折、「メデットの苗を探すのに苦労しました」というお話が出た。そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文月のサポーターそしてあれこれ…

今年も大賀蓮がよく咲いてくれた。 6月から雨の全く降らなかった今年の夏、毎日6時前に起きて亭主はコーヒーを淹れ、ママさんはフクの散歩に出かける。朝食後亭主はJAや直売所、スーパーへの出荷、ママさんたちは摘み取りに… これがもう60日続いている。70半ばの老夫婦としては大した奮闘努力であると思う。 そんな二人をこの古代蓮は毎朝元気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次シーズンに向けて…またまた復旧からの発進…

8月16日、JAに今季最後の出荷を終え超早々とシーズン終了宣言。 全身で解放感に浸りつつ居間の座椅子でぐったりの日が続いた…6月からの長丁場を終え、もう1cmたりとも動く気はなかったのだ。 8月22日、勝浦で風速45mの暴風雨が観測された台風9号、当園ももろに襲撃され第2、第3テラスのネットは吹き飛ばされ、ブルーベリー、ジューンベリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピークシーズンのサポーター

今年は花芽が6つ出た。でも少々小ぶりか… 7月に入った。只々ブルーベリーの収穫の毎日が続く…変わったのはハイブッシュ種の収穫が終わりラビットアイ種の収穫が始まっていることだけ…。 と、ここまで書いたのがて今8月7日… 会う方、電話で話す人、メル友…みなさんから「ブログが変わっていない」と言われ続けた。 さもありなん。本人は7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーズン開幕そして忙殺…それゆえついでの勝手連…

今日は6月24日…やっと少し気持ちに余裕ができてきた。月初めから突然ピークが訪れ、ペースの掴めぬまま摘み取り、選別、出荷作業に追いまくられたハイブッシュシーズンが終わりに近づいている。 画像はほぼひと月前(5月28日、勝手連が作業を終え帰宅した翌日)のデューク。 本当に美しい姿の実だ。(エチョータと並んで当園のメイン品種である。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春に三日の晴れなし…

<ミモザ満開> 「春に三日の晴れなし」というが、おかげでテラスの地面は乾く間がない。 剪定と1回目の花芽調整に2月いっぱいを使ってしまったので挿し木、接ぎ木がともに3月の仕事になってしまった。また畑の方はジャガイモの植え付けがに全く手が付けられない。 にもかかわらず地面はベチャベチャ…作業がどんどん遅れていく… とりあえず挿し木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

剪定作業終わりました!! とりあえず…

<3月1日>最終列となったラビットアイテラス第8列の剪定。 終わりました!!やっと 3月1日。テラス内は日差しも風もそして香りも、もう完全に春である。 <ミモザと梅の同時満開…初めて…>そしてこの日、奇跡的にも予定よりたった1日遅れで最後…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

竹チップづくり…師走あれこれ

今年のいすみは皇帝ダリアがとても美しくいたるところで目に付く。当たり年なのだろう。 今年ももう師走。4日、久しぶりにブルーベリー振興会の研修事業「竹チップづくり」が開かれ、夏の出荷時期以来の会合となった。場所は大多喜町、振興会メンバーの小高氏の所有される竹山。 小高氏が別に主催されているのかオタッキー・森林講なる里山づくりのプロジェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草刈りに目途がつき…神無月あれこれ

<ムベ 郁子> 秋らしくなってきた。「ムベなるかな…」のムベである。アケビと同じようで食べるところも少なく、なんとなく手が出ない。ただ山形のほうではこの外の果肉を食べるとか聞いた。ま、それぞれにどうぞお好きなように…の感あり。 実りの秋である。今年は隼人瓜も豊産になりそう。 そして柿も… 6日、ブルーベリー仲間の熱田さんが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉月あれこれ②… 勝手連、玄太郎そしてシーズンの終わり…

<ジャム瓶のデザインを変えた…>初めてジャムを作ったのが、2009年の夏。7回目の夏になる今年思い切ってジャム瓶のデザインを変えた。 理由はいろいろあるが、最大のきっかけはこれまでのラベルが耐水性でなかったこと… やはりジャム瓶は水分の近くにあることが多く、ラベルの字や図柄が滲んでしまうことがあった。販売中にそうなるともう売り物では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文月あれこれ 

何はともあれ申し訳ない。 現在というかここの処ずっと、到底ブログに入れる状況にない。時間的にも気持ちの持ちようも… で、またまた昨年同様画像のみでご勘弁いただく… <ノビリス> 園内ピカ一!!甘く、大きく、実もかたい… いろんな条件が重なったのだろう。理由は定かでないが、今年の実はむちゃくちゃ甘い… 特に7月後半から、ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テラス変貌?・・・水無月あれこれ

<アジサイの太巻き> なんとも美しい千葉県人得意の太巻き…もう美術品である。 わが愛するパン屋「フリブール」の奥さんがママさんにプレゼントとして持参。感動ものであった。 多分これまで見た太巻きでこれ以上のものはなかった。というより良くまあこんなことができるものだと人の技の無限を感じた。そして本当においしかった…食べるのに逡巡したの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイブッシュシーズン始まる…6月勝手連

<スパルタン>左下3cm、極大粒。上中1.8cm、これが一般的に「大きい」と喜ばれる大きさ…6月、今年もハイブッシュ種のシーズンが始まった。昨年の当園最初の摘み取りが6月5日2.7kg。今年は6月1日には我慢しきれずに摘み取りを始めた。5日も早くシーズンが始まったのだ。しかも例年ならまず北部ハイブッシュの極早生種(ウエイマウスもアーリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよシーズン開始…5月勝手連

<デューク> 好天続きの5月、心臓の手術や脚立からの落下騒動での4月の遅れを取り戻そうとシャカリキになったのだが、やはり一人遊びでは遅々として進まない。 必死になって草刈りを進め5月半ばには第2、第3のハイブッシュテラスを刈り終えた。これで6月から始まる収穫時にも足元が気にならないし、ショウジョウバエ対策も何とかなりそう。 第1(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カテーテルアブレーション完了…卯月あれこれ

<デューク> 今年のハイブッシュ種は結果が少し早いか… 突然の話だが、長雨が終わりやっと晴天の続き始めた4月も末の26日、ママさん付き添いで千葉県循環器病センターに入院。翌27日長年連れ添った発作性上室性頻拍(PSVT)とおさらばするカテーテルアブレーション治療を実施。翌日経過を見て4日目の29日退院。なんともあっけない3泊4日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モッチャン草刈り機に挑戦…4月勝手連

<デューク>4月22日、ハイブッシュの純白の花が美しい。満開である。 ただこれまでに比べて花の白さがやや目立たない気がする。花芽数を去年の半分近くに落としたためだと思っている。 お師匠さんの片岡氏が、「ハイブッシュは二芽にすると実が大きくそろう。」とおっしゃり実践されている。 いろいろ悩んだ末に一度試してみようと今年決行したのだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと接ぎ木作業へ…弥生あれこれ

<今ミモザが最高にきれい…>そして菜の花も… 例年にないほど雨の日の多い今年の3月、作業予定がずるずると遅れる。 15日からと考えていた接ぎ木、20日を過ぎてやっと作業に入れた。 一昨年の秋、接ぎ木することを前提に約100本のラビットアイ種を第2、第3テラスに地植えした。 そして昨年3月そのすべての樹に3本~4本のハイブッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈没テラス復旧開始!  3月勝手連①

<やっと春らしくなってきた> 今回の勝手連活動の日程は通常と大きく異なった。 というのは、モッチャンが農園沈没を重大視しその修復にと18日から23日までと6日間もサポートしてくれた。 そして日を合わせ久しぶりのボスが18日から1泊、チュンさんが21日から2泊と一緒のようなばらばらのような変則的な集まりとなった。 期間が長いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会員圃場見学会

2月28日(これも晦日といって良いのだろうか…)、いすみブルーベリー振興会恒例の会員圃場見学会に参加。 今回はいすみ市の岬地区の会員のお宅を視させていただいた。 特に今回は接ぎ木についての現地研修も予定されており楽しみにしていた。 好天に恵まれたが、参加者は意外に少なく15人ほど。珍しく女性の会員が少なかった。 岬地区は今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農園沈没…2/14 魔の南岸低気圧

今日は2月25日。あれから10日以上が過ぎ、やっとブログに記せるまで気持ちが治まってきた… 2月14日、予報どおり朝から雪。時間がたつにつれ雪はひどくなる。今年のいすみは例年になく積雪が多い。 あまり耳にしたことのなかった南岸低気圧とやらのせいだという。 昼間防鳥ネットに積もる雪の量に恐れをなし、ネットの下から雪を叩き落として…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第1回の剪定作業やっと終わる…

<源氏の恵方巻き> 知らなかったが、今お江戸では節分の豆まきより恵方巻きの方がブームらしい。 先月末今年2度目の来夷になるママさんが「あら、いすみでも恵方巻きブームなの?」と嬉しそうな声… そうじゃない!いすみでは昔からの習わしなのだ。 ということで初めて恵方巻きを買って、今年の恵方東北東に向かってむしゃぶった。 残念ながら予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手戻り作業の1月勝手連

正月も20日過ぎだが、花芽はまだ固い <蝋梅> <デューク> 平成26年最初の勝手連。20日モッチャン来訪。 他のメンバーの予定が合わず、今回はモッチャンと二人だけの活動となったのだが、当のモッチャンもやや風邪気味。農家の冬は朝夕室内の方が寒いぐらい。体調気にしながらの活動となった。 初日は亭主がブルーベリー振興会の剪定講…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次年度準備の始動  9月勝手連

今年は彼岸花が早い。そして例年より数が少ない感じ…それでも秋を実感させる。 9月21日、東京組のチュンさんが腰痛で急きょ不参加になりモッチャン単独で到着。 そしてこれまた間の悪いことにモッチャン到着の直前、亭主の不整脈の発作が始まり、昼前から夕方まで7時間全く動けずタイムロス。 モッチャン一人に灌水ホースの片づけを頼む。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

収量900kg シーズン終了。 

<藤江さんのイチジク> ママさんの大好物イチヂクをブルーベリー仲間の藤江さんが、それは見事に栽培されており、8月の半ばにお呼ばれがてら見学に行った。 イチヂクジャムを分けていただいたら、生実をプレゼントしてくださった。口の中でとろける甘さが忘れられない。 9月11日、メデットの残り実360gを摘んで今年のシーズンを終わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

働き蜂6個ゲット 玄太の夏休み

<玄太の目線① 直売所マンテンに出荷されたブルーベリージャム> 今日8月27日、今年のブルーベリー摘みも最終盤となり、残るのはノビリスとバルドウインの残り実だけ。8月末か9月第1週には終了となりそう。 ママさんも3か月の長期サポートを終え昨26日杉並へ帰った。 25日からやっと一か月ぶりの大雨も降ってくれ、雑草だらけの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サポート隊第5陣 最強の主婦連合と働き蜂軍団

<花がないので…上総一ノ宮のレストラン「カレント」の夏のランチ> 何せ野菜が美味い。ここの人参なら亭主も好んで口にする… 実(げ)に恐ろしきは女の思考回路。 どうしてこういうことになったのか見当もつかないが、7月の初めに突然ママさんが「操さんがお手伝いに来てくれるわよ…」とのたもうた。「ジェ ジェ ジェッ!!」である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サポート隊第4陣…待ってました石釜パン

<さすがに今回の巻頭は花よりパン> ここ数年、夏の摘み取りが始まると期待を込めて待つのがこの石釜のパン。 人様のお持たせを期待するのは図々しい限りだが、何とも待ち遠しさを消し難い逸品である。 たらこマヨネーズを挟み込んだのとか砂糖でコーティングされたのとかチーズパンとかいろいろバラエティに富んでるのもさることながら、我が家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有朋自遠方来 不亦楽乎…7月の来訪者

<久しぶりの大賀ハス> 8月に入ってもう7日。 ぼつぼつブルーベリーシーズンも終盤に差し掛かってきて、今更の大賀ハスでもないのだが… 連日の摘み取り、水遣り、出荷が続き、身も心も疲れ果ててきている昨今、少し時間ができたので遅ればせのブログ報告。 7月は本当に多くの来訪者に助けられ、癒され、気力充実、力が湧いた。 突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more