テーマ:ブルーベリー

摘みとりサポート第1陣

<7/10 7:45> <7/11 6:30> 梅雨明け前から連日の猛暑である。早朝でも朝日が昇った途端に熱波が始まる。 それでもテラスの中はいつも風がある。高台で恵まれている。 そして酷暑でも爽やかな気持ちをくれる大賀ハスが今年も咲いた。 そして13日、毎年ミツバチでお世話になっている岩佐夫妻が来訪。 摘み…

続きを読むread more

ハイブッシュの摘み採りと大草刈り…6月の勝手連

この植物ご存じだろうか? 国内では最近やっと少し知られてきたルバーブである。 何となくセロリやフキに似た感じもするのだが、我らがテラスで第2の商品化素材にしたいと思っている楽しみな野菜である。 6月16日勝手連開始である。 梅雨のさなか雨にたたられるのも辞さず決行された。 初日(木曜日)はまずモッチャンが列車で来訪。い…

続きを読むread more

今日のブルーベリー① 北部ハイブッシュ ウェイマウスとデューク、エチョータなど

【6月12日】 昨日から玄太がホタル狩りに来訪。 摘み取りを手伝ってくれました。 アーリーブルー ウェイマウス もう初期の記録の必要が無くなりました。 デューク これも以後記録は省きます。 エチョータ いよいよ熟期に入ります。 バークレイ 今になってもさっぱり青みがかかりません。 【6…

続きを読むread more

めくるめく5月

<雉夫婦のウォーキング…第3テラス> 巣作りの場所探しか…テラス内に作らないで欲しい… ゆったりの雉夫婦に比べ、なんでこう忙しいのか… 農園の造成、サンルームの構築、R&Bガーデンの植え付けなどなど粗方の基本計画はほぼできあがり、いささかは落ち着いた5月が過ごせると思っていたのだが、とんでもない状況だ。 なにせ毎日作業に…

続きを読むread more

作業メニューは目白押し 4月の勝手連

ハイブッシュの花が盛りを過ぎ結実に向かい始めた4月下旬、ラビットアイの花が一斉に開き始めた。 いよいよまた本格的なブルーベリーシーズンが始まる。 そんな22日、勝手連フルメンバーが集合した。 <ラビットアイの開花が始まる。> <ミレニア 南部ハイブッシュ> 花弁が落ち、めしべだけ残った咢が見える。もうすぐここが膨らみ始める…

続きを読むread more

モッチャンの救援

いよいよシーズン到来。 ブルーベリーの花芽が日に日に膨らみ始めた。 心浮き立つ時期がやってきたのだ。 <シャープブルー> 昨年ウッチャンが持って来てくれたミモザアカシアの若木も満開である。 大震災以来、かなりショックを受けたのか余震が続くせいなのか本当に全く何もしたくなくなっていた。 それでも昼間はまだ良かった。…

続きを読むread more

ご多忙の田舎遊び 1月の勝手連

蝋梅が七分咲き…(1/15) ナバナが美味い 今年の農園は暖かと言うか穏やかと言うか… 昨年12月の22日夜にドバッと猛烈な雨が降って以来ずっとピーカン。 最高の作業日和が続いている。 きっと気温は低いのだろうが、日が差している毎日なので体感温度は意外に過ごしやすい。 TVの気象情報は「今年一番の寒さ」とか「記録…

続きを読むread more

第3テラスの整地進捗

<紅葉真っ盛り 12/2> 11月25日、またまた第3テラスは変化した。 この日亭主はブルーベリー仲間のOdakaさんの農園の視察に繰り出していた。 同氏の大多喜に数か所あるらしいブルーベリー園は前々から気になっていたのだが、11月勝手連のブログのコメントから発展してお邪魔する機会を得たのだ。 行ってみて驚いた。何代も続…

続きを読むread more

感動の第3テラス!  11月の勝手連

やっと紅葉らしくなってきた。(左フェスティバル 右ジューンベリー) 片岡会長が第3テラスの整地をしてくださった3日後、19日に11月の勝手連活動が始まった。 最高のタイミングである。 一生懸命スケジュールを立ててもちっとも思い通りにいかないのに、運がいい時はこんなに間の良いものなのだ。 トラクターでの耕運の直後大雨が降り…

続きを読むread more

白馬の騎士舞い降りる 第3テラスの造成本格化!

11月も半ばの14日、愛孫玄太王子の七五三の祝いとかで上京。娘夫婦のマンションにお邪魔した。 <王子の御礼ご挨拶> 9月の末から11月半ばまで、中欧旅行、ビッテと家内の送り迎え、小学校の同窓会、三女の婚姻、孫の七五三等々、各種行事が目白押しで農園どころじゃない期間だった。東京を何往復したか… おかげで中欧旅行のブログは…

続きを読むread more

会員圃場視察会

10月もいよいよ半ばに入った14日、いすみブルーベリー振興会の会員圃場の視察会が開かれた。 仲間の圃場が今年一年でどの程度育ったかを見たり、自分の圃場と比べたヒントや進んでいる部分をお互いに知り合う結構役に立つイベントである。 で、今回の白羽の矢の一つが亭主のテラスに立った。 今年は年初から不順な天候が続き、決定的な夏の異常気…

続きを読むread more

風は秋、されど炎暑。9月の勝手連

「いつも今頃咲いたかな」と頭をかしげるのだが、ブーゲンビリアが真っ盛りだ… 沖縄では夏の暑い盛りを避けて咲くような気がしていたのだが… ま、気象予報士でも異常気象とのたまう今夏だ。花には花の都合もあるのだろう。 8月の異常な暑さと晴天を引きずっていた9月だが、17日の勝手連到着を迎えるように前日は大雨。 8日の熱低襲来の…

続きを読むread more

そしておしゃもじ隊の来訪 8月の来訪者④

お盆である。 新春に逝った母の新盆でもある。 直売所でこの辺りのお盆のお飾りを販売していた。 初めて接する地域らしさにちょっと嬉しくなって、レジのお母さんに飾り方を聞きうろ覚えで飾ってみた。 ついでにナスとキュウリの馬も作って飾った。 婆さんのことだからあちこち行ってるかもしれないがちょっとは寄ったかもしれない。 そ…

続きを読むread more

引き続き作業の危険な8月の勝手連。

どうしようもない炎天続きである。8月に入ってまともな雨は一度もない。 立っているだけで汗が滝のように流れる。 汗の倍ぐらい水分を取ったつもりでもすぐにのどが渇く。 そんな猛暑の中にトウガラシの実はツヤツヤとして夏らしくなく艶めかしい。 つらい話だが、雑草に埋もれたトロ箱の中でブルーベリーの苗たちが次々に枯れていく。 苗…

続きを読むread more

鯱光の朋来る。  8月の来訪者③

「よくもまあ」と半ば呆れたのではあるが、高校時代に最も親しかったクラスメート2人が名古屋からはるばるこの外房の片田舎まで訪れてくれた。 特に何かがあったわけではない。 ただ「農夫になった亭主の状況視察」が旅の目的だという。 もちろん「チョー嬉しい。」のではあるが、一般的に考えて男がこんなことするか? 女性ならわからんでもないが、…

続きを読むread more

恒例の小鬼連来襲!!  8月の来訪者②

全部自分たちで作った手作りのジャムである。 向かって右のルバーブは杉並()、その隣のブルーベリーとスモモと夏ミカンは亭主が作った。 奥の紫色はウッチャンの奥方の作品。 大好きなリンゴはみな食べてしまって今はない… でもこれだけの種類があると気持ちが本当に豊かになる。 一つひとつがそれぞれに特徴を出してうまいのだ。 毎朝一…

続きを読むread more

杉並のお向かい仲間 8月の来訪者① 

今年の大賀ハスは哀れだ。 例年これでもかというほど咲き乱れる大輪の花が、今年はやっと二つだけ。 そもそも植え付けの時に「痩せた茎だな」と思ってはいたのだが、春先からの天候不順、夏の猛暑とダブルで痛めつけられクタクタになったのだろう。完全にバテてる。 秋になったら来季に備えて立ち直らせるつもり… そんな猛暑続きの8月の来訪…

続きを読むread more

いすみでの広がり① 7月の来訪者⑤

牛乳かん(羹)という。 いすみの主婦たちが至極手軽に作るスイーツである。 手軽でもとてもナチュラルでおいしい。 これに関わるエピソードが広がる訪問者があった。 夷隅農林振興センターが帰農者指導を目的として毎年開いている「農業実践塾」という講座がある。 亭主もいすみに住み始めてすぐにこの講座を受講した。 おかげでいすみ…

続きを読むread more

人妻とジャムづくり 7月の来訪者④

もうブログのトップを飾る花のネタが切れてきた、と思ってたら花のように色どり豊富なパン持参で遊びに来てくれた仲間がいた。 7月28日。企業生活を共にした山崎氏夫妻と西川氏の3人である。 山崎氏はもちろん会社仲間であるがそれ以上に酒飲み友達。 その頃はともに「斗酒なお辞さず」の勢いであった。良く呑みよく話をした。長続きしたのはお互…

続きを読むread more

チュンさん一家 7月の来訪者③

今年のカンナは肥やし不足か水不足かそれても春先からの気候のせいか、全体に小ぶりでハナも小さい感じがする。 それでも猛暑の中、健気に頑張ってる。 そんな7月19日、勝手連メンバー チュンさんが初めて家族をつれていすみにやってきた。 最初は長男のトモノリ君と2人の予定だったが、やはりブルーベリーは女性に人気らしい。 お嬢さんのト…

続きを読むread more

ママさんの青春 7月の来訪者②

7月のブログへの最大のクレームは本当はこれなのだ。 「まだできないの ! なぜ!! 早くやって!! 」とママさんからのきついお達し。 その一方で、 「ブルーベリー採れてる?」、「ジャムは作ったの? 」、「早く起きないからよ! 遊んでないで早く寝なさいよ。」 あたしゃいっ寝りゃいいのか… 7月13日にお湿り程度の雨が降っ…

続きを読むread more

危険極まりない猛暑 7月勝手連

4月初め、ママさんが昨年取れた風船カズラの種を居宅の南面にありったけ植えてくれた。 見事に皆育ち、日よけ効果は抜群である。 <4月8日 これは風船カズラの前にセフィランサスを植えてるシーン> なにせ暑い。 もちろんコンクリートジャングルの都会の暑さに比べれば、まだまだ凌ぎやすいはずのこの辺りなのだが、それでも風のがな…

続きを読むread more

ラビットアイ6/25~ 夏剪定

R&Bガーデンのクレマチスの花が随分小ぶりになってきた。その一方でナスタチュウムがやっとのさばり始めた。 今年の春先からは確かに異常気象といえるシーズンだった。 今頃になってやっとナスタチュウムがしかも鉢植えだけが咲き始めた。 本来なら庭いっぱいに広がるはずなのに… 6月の勝手連がアジサイの植え付けなどにシャカリキになっ…

続きを読むread more

2010年 初出荷

6月18日(金)ママさんとビッテを連れて杉並へ帰る途中、満天(近くの直売所)にハイブッシュブルーベリー(ウェイマウス、エチョータ、デューク)を11パック(1パック100g)置いてきた。 取り始めだから、余計粒がでかい。直径20㎜軽く超える大粒ばかりだ。 今年の初出荷である。 こちらへ来ていたママさんが採ってくれたや…

続きを読むread more

ハイブッシュ 6/5

<トロ> 露地の「トロ」は一本しかなく気がつくのが遅れたが、今年の園内ではこれが最も早く熟しそう。 2005年の秋に購入した10本のうち9本が、翌年の夏に枯れた。≪参照ブログ 2006/08/07 ≫ そして残りの1本も次の年に枯死した。 この「トロ」はその最後の1本を剪定した際、挿し枝していたのが育ったものだ。 わが園では貴…

続きを読むread more

ブルーベリー 5/30

5月30日の写真。 熟し方が遅い。 振興センター大山さんのの話では、春先からの不順な天候の影響でハイブッシュの成熟が例年より1週間程度遅くなっているとのこと。 農園を見てるともっと遅れているような気がするが… <エチョータ> 少し赤みがさしてきている。 <デューク> 薄っすらと色づいてるが星(果柄痕)のところ以…

続きを読むread more

防鳥ネット広がる! 5月の勝手連①

昨年の春に植え付けたクレマチス。育ちが鈍く冬は越せないだろうと思っていたのだが、大輪の花を数多くつけてくれた。今、前庭ではひときわ鮮やかに咲き誇っている。 雨を心配していた5月第3週。運よく雨が上り、晴れ間のみえた5月14日勝手連到着となった。 今回の作業は絶対に晴れてくれてないとできない仕事だったのだが、いつも通り天気の都…

続きを読むread more

春前作業完結! 3月の勝手連

春である。一斉に庭や農園で花が咲き始めた。 <イチゴの花が咲いた> 今年もまたあの甘くて大きな苺が食べられそう。 <杉並から持ってきた黄水仙と高師さんから頂いた白水仙> <食用ナバナ> 亭主はベーコンと一緒に炒めパスタに混ぜるのが大好きである。 突然のグレコ事件で記述が前後したが、最近には珍しくうららかなと言…

続きを読むread more

剪定講習会・豚プン湯などなど・・・2月勝手連

前庭の紅梅白梅が満開になった。 フキノトウもどんどん伸びて塔らしくなってくる。 林の色は萌黄に近い。 春近し…焦る。 剪定も終わっていないし、元肥も撒けていない。 ブルーベリーはもちろんガーデニングの世界もだ… 雨が多かったことを理由にしてサンルーム造りで遊んでたせいだ。 改めて考えても、やはりブルーベリー…

続きを読むread more

冬の仕事 テラスの増設

ブルーベリーの栽培は老人向きだといわれる。 忙しいのは夏の果実の採取時だけだとも… 確かに出来上がった世界では多分のんびりした仕事になるのかもしれない。 特に今の時期はゆったり剪定作業を楽しむストレス解消の時だ。 <1回目の剪定を終えたラビットアイテラス> しかしわが農園は今そんなことを言っておられる時ではないのだ。 …

続きを読むread more