テーマ:田舎住まい

玄太郎のGW

5月4日、またまた5か月ぶりに玄太郎王子のご来訪を受けた。 直前の5月2日が3歳の誕生日であり、到着時に「玄太郎です。3歳です。」とご丁寧なご挨拶をいただいた。 ジージとしては感動ものである。なにせいささかまともに会話が通じるようになったのだから・・・ 王子のジージ宅ご臨幸の最大の興味は、ジージの軽トラとショベルカーで…

続きを読むread more

おしゃもじ隊来訪!!

年をとったからかそれとも毎日忙しいからか、365日がアッという間に回ってくる。 昨年より5日早い4月29日、天気も最高のGW始まりの日、またまた勝手連おしゃもじ隊が婆さんを元気づけにやってきてくれた。 錦上に添える花「菊ちゃん」は不参加となったが、癒し系3美人の来訪は婆さんが指折り数えて心待ちにした日であった。何せパッと花が咲いたよ…

続きを読むread more

タキさんが来た。

4月13日、勝手連の3日目。やはり同時期の仕事仲間だった瀧澤さんが遊びに来た。 その飄々とした風に似合わず斗酒なお辞せずの酒豪でまた結構いやし系の人物である。 前からモッチャンが誘ってくれていたのがやっと実現したのだ。 往年の美少年もいつの間にか銀髪に… 初来訪の賓客は必ず「肴は大原の田中屋の≪アジとイカのさしみ≫、…

続きを読むread more

大山の千枚田を見に行った。

3月半ばから立て続けに鴨川の亀田病院に行く機会があった。 全国的に人気が高いらしく、なにしろ混んでる。 予約を取っての診察でも1~2時間ぐらいは待つことになる。本持参は絶対だし転寝もよくできる。しかも片道一時間はたっぷりかかるので丸一日つぶれる。晴れた日の通院など本当にもったいないと思うこともある。 しかし母の気に入りようは相当な…

続きを読むread more

春の花真っ盛り。

3月半ばからいすみは花に包まれ始めた。 本当はもう少し真面目に一つひとつ撮ればいいのだが、生来不精な亭主にはなかなかそれができない。 それでも毎年感動するのがいすみ鉄道沿線の菜の花。 「菜の花鉄道」の愛称を持つこの可愛い一両のディーゼルがトコトコと菜の花の間を縫って走る姿はうまく撮ればメルヘンだ。いつか撮ってみよう。 …

続きを読むread more

風呂焚き場の改修

こちらに常駐する以前(3年前まで )、風呂は蒔で沸かしていた。さすがに面倒くさいし、一旦ぬるくなったら沸かし直しに行くのが大変だった。レトロで良いという意見もあったが、毎日のことだけに住み始める前に灯油焚きに作り替えた。 その結果風呂焚き場が必要でなくなったのだが、農園の方の忙しさに取り紛れてそのままに放置していた。ひんやりと涼しく日…

続きを読むread more

母の世界

母がいすみに住み始めたのが昨年の五月。早くも一年が過ぎることとなった。こんな田舎で我慢できるかどうか心配だったが、気丈なものだ、そして楽しみ方を知っている。「空気は奇麗だし、野菜が豊富。本当にいいところ。」と堂々たる生活ぶりだ。 退屈を感じるときはほとんどなさそうだ。 母のいすみで過ごしている様子をその作品などで記録しておく。 (…

続きを読むread more