テーマ:農園づくり

9月15日のブルーベリー

9月19日、台風13号の来襲で室内にいる時間ができた。ブログをバンバン作ってる。 いくら「雨よ、降れ! 」と言っても台風で来ることないのに・・・ 列島沿岸沿いに来てるから、昨年の悪夢(テラスのブルーベリーが8本折れ跳び、サンルームの屋根がぶっ飛んだ。)が思い出されるが、雨台風みたいだから被害も昨年ほどではないのじゃないかとこわごわ期…

続きを読むread more

9月の勝手連

いよいよ秋だ。「きっと雨が降ってくれる。」と期待してまた裏切られていた9月の12日、 モッチャンが上総一ノ宮に到着した。 今回はウッチャンも中橋君も急に都合が悪くなり(ずる休みでなく!!)東京からはモッチャンだけとなった。 そして次の日長谷川君がやってきた。連休が幸いして、長谷川君が2泊してくれることとなり、作業の多い9月も大いに…

続きを読むread more

8月の勝手連(1) 水汲み大作戦

猛暑は気にならないのだが、6月29日の雨以来40日も雨が降らず、いい加減気持ちのくたびれてるさなかに北京オリンピックが始まった。と思ったら開会式の前になでしこジャパンは勝てる試合を引き分け、反町ジャパンも敗退。亭主のオリンピックは開会式の前に終わり、何もする気がなくなった8日勝手連のメンバーが訪れた。 「何から始めますか?」と檄を…

続きを読むread more

7月15日のブルーベリー

連日のうだるような暑さ。 天気予報では相変わらず「雨が降る。雨が降る。」と言ってくれるんだが、さっぱりだ。 満タンだった貯水槽の水も心なしか減り加減。そりゃそうだ、「雨が降る。」って言ってくれるもんだから、結構信じてたっぷり使ってたのだ…。 デューク(ハイブッシュ)の感動の初収穫から丸一カ月が過ぎた。やはりラビットアイとの熟成…

続きを読むread more

7月の勝手連

7月の気象情報はどうもピタッと来ていない。 勝手連の到着した4日からは雨模様と予報されていたのに、ものすごい暑さが始まった。 梅雨があけたんじゃないのかなあ。(今日はもう13日。ずっと雨がない。) この天気では前期高齢者仲間の勝手連を肉体労働を課すのは危険なのだ。 「今回は、15分働いて45分休むぞ!」ってなペースで始めた。 …

続きを読むread more

貴重な晴れ間の中で  6月勝手連

4月、5月の雨日の多かったにことうんざりしてたら、何と6月は2日から梅雨入り。こんなに早い梅雨入りは記憶にない。そのせいか育つべき野菜が育ってない。何か今年の農園は危険な感じがする。 そんな6月の6日に勝手連が短い晴れ間を持ってきてくれた。 3月のブルーベリーの挿し木が終わってから4月、5月は車庫の改修で終始した勝手連。久し振り…

続きを読むread more

5月15日のブルーベリー

5月15日現在のフルーべりーの様子を記録。農園づくりの記録という割には、印象の強い勝手連や来訪者の記録ばかりで、ブルーベリーの記述が少なすぎるきらいがある。真面目にやる気があるのかと自戒の念を込めて… ≪新芽が元気 08.03挿し枝≫ 昨年は今ごろからだんだん枯死する姿が多く見えてきた挿し枝だったが、今年は日照りの少ないせいもあ…

続きを読むread more

4月15日のブルーベリー

3月9日に大半を終えたブルーベリーの挿し木。新芽が動き始めた。 このあたりは昨年と同じで一斉に芽が吹き出し、「生きてる」って確認できる待ち遠しかった時期だ。 春本番。全てのブルーベリーがそれぞれの活動を始めるのが目でわかる。3月の挿し木の苦労を忘れさせる大好きな時期だ。 <新芽が出始めたノビリス RE> <同じくブルーク…

続きを読むread more

軽トラが来た! 

とうとう軽トラを手に入れてしまった。 ある意味、まったくの衝動買いなのだが、今の生活ではトラックは必需品だ。 昨年7月、いすみを豪雨が襲った折、傷だらけの愛車「ハイラックス」を失った。 豪雨のためというよりこれまた私の判断ミスで…。無謀にも冠水した道路へ突っ込んでいったのだ。 以来9か月、やれピートモスが切れた。やれもみ殻、…

続きを読むread more

春が来た!!  3月勝手連

やっと春だ。 本当に待ちどうしかった春がやってきた。 2月とはうって変わって、天気も最高の時期に3月の勝手連来訪となった。 8日、東京からウッチャン、モッチャン、中橋君。龍ヶ崎から長谷川君と久しぶりにフルメンバーでの集まりとなった。 加えて今回はゲストに船橋の田中君を招いてコラボ(後述…

続きを読むread more

春一番(野の花シリーズ)

今年最初の春の花。 いすみに移って、年追うごとに春を待つ気持ちが強くなる。 2月は毎日花を探して農園を巡視していた。フキノトウや狂い咲きのタンポポは別として26日の春の嵐の日(またまた倉庫の屋根がぶっ飛んだ。)やっとブルーの小さな花を見つけた。 今年の農園に咲いた一番早い花だ。あれよあれよと思ううちに農園中に広がった。 あわてて…

続きを読むread more

春への準備

いすみのわが家はいわゆる萱葺き屋根の木造平屋建で、そのままだと寒さには結構強い私でも、寒の頃はやはり我慢できる寒さではない。 おやじの時代に少し興ざめなところもあったが屋根をトタンでカバーし、ぐるりの廊下をサッシ窓で囲った。私が来てから畳を全部ウッドフロアに作り直した。廊下の内側は障子が取り巻いてるので居室は一応二重のバリアで守られて…

続きを読むread more

アートファーム「いすみの青苺」へ!?  1月勝手連

今年の一月は意外に寒い日がまた雨の日が多い。農園も住人は震え上がってたが、ブルーベリーはいたって元気。結構々々。 そんな26日の昼、モッチャンとウっチャンがやって来てくれた。今回はメンバーの都合が合わず二人だけになった。 それでも精力的な連日となり、当面の農園作業はほぼ一段落。これで春が迎えられると亭主も一安心。 初日はまた清…

続きを読むread more

剪定講習会

1月20日の朝から、いすみブルーベリー振興会の年始め恒例の「剪定講習会」が開催された。昨年は21日だったから本当にちょうど一年前。こうやってみると1年なんて本当に早いもんだ。 ブルーベリー協会の副会長(千葉支部長)江沢さんがまた講師で来てくださった。振興会の会員も新たなメンバーが増え28人の大人数となっていた。 江沢講師が日本の…

続きを読むread more

12月の勝手連 

12月21日(金)から勝手連の本年最後の来訪となった。初日まずモッチャンが到着し、翌日中橋、内田両氏がそして3日目に長谷川氏とばらばらにはなったが、久しぶりに全員集合となった。 残念ながら中二日悪天候となり、活動はみんなの満足するものではなかったが、忘年会はおでんパーティと安上がりに盛り上がった。 勝手連が今年も毎月一回の会…

続きを読むread more

オープンデッキ完成。9月の勝手連

まさに生き返った感じだった。 9/14 昼前、予定どおりに元気を運ぶ宅急便(?)勝手連が来訪。今回は内田氏が欠席(?)だったのでモッチャンと中橋君がモッチャンの車でやってきてくれた。 9/6夜半来襲した台風10号の被害から1週間たっていたが、被害ショックを引きずったみたいで、その後の動きはやることなすこと裏目に出てしまい、全くや…

続きを読むread more

台風9号上陸! 被害少なからず!!

9月6日から台風9号が関東に来襲。伊豆半島あたりからゆっくりと丁寧に北上してくれたので、その東側に位置するわが農園はばっちりと強風にさらされた。 予報を知りつつ会合の予定で6日の正午から杉並へ帰っていたため、はらはらしながらTVで情報を見てるしかなかった。8日早朝あわてて帰ってきてその惨状に一瞬力が抜けた。 わが家へのアプローチを登…

続きを読むread more

8月の勝手連

長引いた梅雨の7月から一転して水枯れの8月。必ずと言っていいほど雨を呼ぶ勝手連もさすがにこの猛暑を雨天にはできなかった。 到着直後すぐに頼んだのはブルーベリーテラスへの水やり。 なにせ8月に入って全く雨が降ってないのだから、乾燥を嫌うべリーにとっては大変なことだ。8月初めに一度ホースで潅水したが無駄が多く、貯水槽の水を半分近く使って…

続きを読むread more

7月の勝手連

7月の勝手連はだらだら続く梅雨の合間となり、思い切った大きな作業に取り掛かれず、加えてペースメーカーのモッチャンが参加できなかったこともあって、活動はややダイナミズムに欠けたが、「緑挿し」というブルーベリーの初夏の挿し木が中心となった我慢強さの求められる中身の濃いものになった。 3月の挿し木は物置の中でやったが、梅雨のさなかの今回は物…

続きを読むread more

いすみ農業実践塾の皆さん来訪

「いすみ農業実践塾」という講座に通っている。夷隅農林振興センターという県の機関が、定年帰農者対象に農業の基礎知識や技術の習得を支援する目的で毎年開催されてる活動で、内容が今の私にはぴったりの貴重な塾である。嬉しいのはそれだけでなく、メンバーの環境や想いに共通な部分が多いので、初めての土地に住み始めた者にとってなかなか難しい「地域の人たち…

続きを読むread more

開墾勝手連が土木勝手連に変身!!!

勝手連東京チームがフルメンバーで来夷。昼食を摂りながら今回の活動内容打ち合わせ。すでにブルーベリーの挿し木も終わり農園作業も一段落した4月、梅雨前の作業予定の第一はサンルームづくりとなるのだが、それとは別になんとも気になって仕方がなかったのが、隣の高師さん宅との間にうずたかく積まれた多量のブロックの廃材だった。たぶん親父がブロック塀を作…

続きを読むread more

4月の農園(③ 水耕栽培)

昨年の春だったかTVでペットボトルでの水耕栽培が放映された。面白いと思って始めたのが「病膏肓]の域に入りそうだ。 昨年はペットボトルだけだったが、その管理の手軽さが私のように一人で片手間に多種の野菜や花をいじる者にとっては超便利な手法だと気がついた。 昨年秋の水耕栽培(ガラスケースの中はイタリアンパセリとかレタス。母が縁側から取…

続きを読むread more

4月の農園 (① ブルーへー゛リー )

3月の初めにデジカメが全く動かなくなった。ヤバいなとは思ってたが、土埃舞う農園の中で泥だらけの手で写しまくってたのだから仕方がない。やっと直って手元に着いたので早速ここ一ヶ月半の作業成果を記録した。 まずはブルーベリー 勝手連が3月に挿してくれた1000本のブルーベリーの小枝から葉芽が出始めた。小さいが艶やかで勢いのある逞しい美…

続きを読むread more

やったぜ! 挿し木1000本UP!! 

2月の暖かさが嘘のように寒くなった3月半ば、勝手連内田、望月両氏がまず到着(中橋君は年度末で今回不参加)。昼食もそこそこに挿し木づくりを開始。挿し木用の枝は、昨暮定植した3年生苗等の剪定枝を大小かまわず集めて(一応品種ごとには分けて)冷蔵保存していたもの。勝手連来訪の直前に適当なサイズに切り揃えておいたが、その数や品種別に15袋、1袋に…

続きを読むread more

古代エジプトの奴隷もかくや?

2月もまだ前半というのに、うららかと言っても過言でない日が続いている。ブルーベリーの剪定も終って春の植付けまで間のある身としては、何か新しい作業に取り掛かりたかった。前から考えてはいたが、その作業量の膨大さに着手に逡巡していた倉庫裏の土手状の荒地の整地を覚悟を決めて開始した。気が遠くなりそうな量の土砂をはがして、2段になってる農園(通称…

続きを読むread more

ハイブッシュ系の植え替え開始

一月も半ばを過ぎ、いよいよブルーベリーの冬の作業が始まる。 ラビットアイ系100本は11月に畑への定植を終えたので、今度はハイブッシュ系30本の植付けに入るのだが、落合川の河川改修に引っかかり直ぐに定植というわけに行かず、今年はもう1年仮植えのままでいくことになる。ただこれまでのポットでは根が育ち過ぎてるので定植と同じ環境にしてやろう…

続きを読むread more

アッパーテラス完成!!!(12月の勝手連 ①)

11月30日今年最後の勝手連来訪。 昨年春から一年半以上かけた第1期の農園づくりもいよいよ最終段階となった。農園の西半分(アッパーテラス)にラビットアイブルーベリーの定植を行うときが来た。 仮置きしていたブルーベリーの周りを掘り返して柔らかくし、少し広めの穴を掘ってピートモスで苗を包み植え込んだ。周りに油粕+骨粉50gと硫安50gを…

続きを読むread more

「いよいよ定植」の前準備などへ

11月も半ばを過ぎ仮圃場のラビットアイも赤く紅葉してきた。 いよいよ念願の定植の時期が近づいてきたことになる。30日から勝手連が来訪し定植作業にかかる予定なので、その事前準備に入った。 ①まず、どの種類をどの穴に植え付けるかを決めて、間違いのないように植えていくために先に各穴に所定の鉢を仮置きしておこうと30鉢ばかり置いてみた。…

続きを読むread more

四十七士見参!

抜けるように青い空にお日様がさんさんと輝く秋本番の10月12日、 庭を走り回っていた猫たちがブルーベリーの挿し木ポットの入ったプランターをひっくり返した。「ウワーッ!」と叫んで走りよったがもう遅い。ボットはみなお椀を伏せたような哀れな格好で崩れてる。 「どうするんだ!」と怒ってもどうしようもない。いっそのことと考え直し、挿し木を1本…

続きを読むread more

勇姿?

ウッちゃんが、ユンボーを駆使(?)してる私を撮ってくれた。ちょっと嬉しくなったので、写真を残しておく。 農園づくり第一段階最後の穴を掘っているところ。今年の穴掘りはこれで終了。 農園で一番景色の良いと思う西側をバックに…。それと隣の高師さんの田んぼを背景に。

続きを読むread more