屋根はぶっ飛び、樹は倒れ…台風18号

なんともはやである。 懸案のラビットアイテラスの大草刈りが終り、穏やかな10月が始まっていた… ママさんは草刈り後のラビットアイテラスやビッテのメモリアルパネル周りのジューンベリーに施肥をしたり、 1月遅れのにんにく植え付けにいそしんだりしていた。植付け個数220球 そんな6日、今年2回目の悪夢の一日が始まった。 …

続きを読むread more

亭主ナマスを吹く… 9月勝手連

<農園からのスーパームーン> 8月28日、今夏のブルーベリーシーズン終了宣言をした途端に完全に気が萎え腑抜け状態になった。 2月の大雪被害以降、その修復からシーズン突入まで全く気の休む暇がなかった。 プロではないのだから無駄働きも多いが一日の労働量はそれほど多くはない。肉体的な辛さは少なかったが、精神的には消せない焦りが常…

続きを読むread more

摘む々々々々々々…8月勝手連

8月15日、いすみの田畑は既に黄金色。千葉にしかない早期収穫のブランド米「ふさおとめ」である。 亭主にはまだ夏真っ盛りなのだが、周囲はもう秋の気配みたい。ちょっと早いか… 8月7日に今夏初めての灌水を行った2日後、関東では雨のみとなった台風11号のおかげで大雨。 相変わらず間の悪い亭主の農園対策である。 やっと農園が息を…

続きを読むread more

玄太の夏休み② 本当の夏休み

8月5日昼、玄太の親友雪チャンが雪チャン父ちゃんに連れられてやってきた。 これでやっと少しジージの強制労働から解放され、本当の夏休みに入れる。 可哀そうに雪チャン父ちゃんはお仕事忙しく、チョンの間のいすみで東京にとんぼ返り…お疲れ様でした。 雪チャン父ちゃんと漁港付近で釣りを楽しみ、獲物の小魚と捕まえた磯の蟹を料理、から揚げで…

続きを読むread more

玄太郎の夏休み①  アルバイター玄太

<デライト> …以下の文章は昨年の夏のもの… ≪今日8月27日、今年のブルーベリー摘みも最終盤となり、残るのはノビリスとバルドウインの残り実だけ。8月末か9月第1週には終了となりそう。 ママさんも3か月の長期サポートを終え昨26日杉並へ帰った。 25日からやっと一か月ぶりの大雨も降ってくれ、雑草だらけのテラスの土も黒…

続きを読むread more

待ってました! 恒例のパンとともに…7月の来訪者④

7月最終日、山崎夫妻がサポートに来訪。 そして毎年こうやってパンの花畑が広がる。 もちろんパン一つひとつが手が込んでいるのだが、考えられないことにこのパンの広がりをイメージし創りあげるのはご亭主なのである。 しかも、わざわざご自宅から綺麗なぺーパーシートと竹ざるまで持参いただき、台所でパン一つひとつを丁寧に切って配置を考え並べ…

続きを読むread more

忙中閑??? 7月の来訪者③

7月29日、西浦氏来訪。 氏については4月に約10年ぶりの来訪についてブログで紹介したが、その折奥さんを帯同しなかったたため帰ってこっぴどくやられたらしい。 現役時代の若いころ、氏夫妻は中野区の笹塚に住まわれており、杉並の拙宅とは目と鼻の先。 共通の趣味となった洋ラン談義の交流で奥さん同士も顔見知りだったのだ。 そんなことも…

続きを読むread more

ノーチャン様ご一行・・・7月の来訪者②

平年並みとはいえ昨年より2週間は遅かった梅雨明け。計ったかのようにタイミング良く、25日ノーチャン夫妻がお友達と3人で来訪。摘み取りを楽しんでもらった。 ノーチャンは高校のクラスメートだから五十余年の付き合い。 ノーチャンの来夷は2度目。前回の来訪は100歳の祝いをしに来てくれた時だからまた5年の月日が流れていた。 <2009…

続きを読むread more

マドンナ菊ちゃんが来た … 7月の来訪者①

<ブルーベリーテラスのマドンナ 菊ちゃん> なんともはや賞味期限の切れた記録で申し訳ないのだが、今8月7日夜、やっと少し時間ができた。 で、今夏最初の来訪者の記録から… 7月19日わが農園のマドンナ菊ちゃんが朋友佐野さんとともに早朝から来訪。すぐさま摘み取りの応援に入ってくれた。 実はその2日前からすでにモッチャン(菊ち…

続きを読むread more

新らしいママさん御用達決定  ホタルカフェ …7月あれこれ①

11日早朝。亭主はまだ白川夜船・・・ ママさんがあわてて寝室に飛び込んできた。「キジ! キジ!」と… いつもどうり朝5時にブルーベリーの摘み取りに出て、防鳥網の上に黒いものが乗っかっているのを発見したらしい。 よく見るとテラスの家賃未払い間借り人のキジの宿六が、あろうことか亭主の大切な防鳥網に足を絡め動けなくなっているようだ。…

続きを読むread more

勝手連はズッキーニが嫌い?…6月勝手連

毎年のこととはいえ、大賀ハスが咲くとやはり感動ものである。仏様がこの花を選ばれた理由がわかるような気がする。 今年はまだ1本しか咲いていない。このまま終わるのは残念だ…せめてもう一花欲しいところ… 1か月間ブログが書けなかった。5月勝手連が帰京した2日後、5日にはウエイマウス(北部ハイブッシュ)の摘み取りが始まった。と、見る…

続きを読むread more

強運の皐月の晦日 5月勝手連

テラス手前の苗木置場、ふと見るとキジの親父がのんびり散歩。優雅なもんだ… 勝手連到着後防風網の支柱周りの雑草を刈っていたらキジのメスがあわてて飛び立った。 あれっと思ってよく見たら小さな卵が二つ… 参ったなと思ったがやむなく周囲の雑草を少し残して刈り進んだ。 と! 少し離れたところで青大将がじっとしてる… 雑草さえ駆らなけ…

続きを読むread more

新しい家族の参入

<フク> 2か月ぶりで杉並に戻った。 なんともはやまたまたお犬様のお使いである。 ビッテが逝ってほぼ3年。 杉並方面でそぞろニューファミリーへのニーズ&ウォンツが高まってきたようだった。 5月2日は玄太王子ご生誕の祝日。 王子の希望するプレゼントは「子犬」… ママさんもぼつぼつ散歩相手が欲しくなっていたようだ… ここ…

続きを読むread more

卯月2度目のアルバイト 玄太王子のG/W

防鳥網の支柱補修で頭と体が一杯の卯月下旬、気がついたらさくらんぼ… かっての会社の後輩がfacebookでサクランボ酒を造ったと載せていたが、当園のサクランボは今年初めて実を着けたばかり。むろん酒造りには到底実数が足りない。見るだけにして鳥達にプレゼントすることにした。 暖かくなったり寒さが戻ったりと予定の立てにくい今年のGW。 …

続きを読むread more

手戻り作業の4月勝手連

<接ぎ木苗の芽吹き> やや早いかなと思いつつも3月半ばから始めたハイブッシュの接ぎ木、ほぼすべての枝が芽吹き始めた。勢いも良い。しっかり着いて育ってほしい。 今年は早々とマルハナバチが活動し始めた。3年ぶりに多そうだ… 4月19日勝手連来訪。今回はやはりボスの腰の調子がよくなくモッチャンとチュンさんの二人。 接ぎ木を…

続きを読むread more

有朋自遠方来

<ジューンベリーが満開> 11日、かつての会社の同僚だった西浦氏が久しぶりの来訪。四街道からだからあまり「遠方来」でもないのだが… ブログを遡ると前回は2005年の秋だったと思う。9年ぶり…。 最初の訪問時は、全く先の見えないなかで、だだっ広い荒れ地をむやみやたらに掘り返してる亭主を「ドンキホーテだ」とあきれた人物だ。 …

続きを読むread more

玄太の春休み 母を離れて25里

菜種梅雨とはよく言ったものでここのところ晴天が続かない。 3月半ば過ぎからラビットアイ種の台木約80本ほどに北部ハイブッシュの接ぎ木(穂木約300本)を開始したのだが、降っては止み降っては止みの不安定な天候続きで作業がなかなか進まない。 確かに辛気臭いというか細々して神経を使う仕事なのでインターバルがあるのは、気持ちの萎えるのを防ぐ…

続きを読むread more

竹チップ入手 3月勝手連②

3月勝手連は防鳥設備の大修復作業の合間を縫ってもう一つ今後につながる大仕事も… 2月の接ぎ木研修会の日、仲間の佐藤さんが竹チップの処理で難渋されてると伺いチップを欲しがってる亭主にとっては渡りに船。3月にはいただきに行くと約していた。 22日の好天の日、モッチャン、チュンさんと軽トラで飛んで行った。我が家から15分、7kmぐらいのと…

続きを読むread more

沈没テラス復旧開始!  3月勝手連①

<やっと春らしくなってきた> 今回の勝手連活動の日程は通常と大きく異なった。 というのは、モッチャンが農園沈没を重大視しその修復にと18日から23日までと6日間もサポートしてくれた。 そして日を合わせ久しぶりのボスが18日から1泊、チュンさんが21日から2泊と一緒のようなばらばらのような変則的な集まりとなった。 期間が長いの…

続きを読むread more

弥生あれこれ

<仙台枝垂れ桜> 3番目の外孫「作」が生まれて1年になる。月初仙台枝垂れを河べりの三角地に植え付けた。 最初の「玄太郎」(右)、2番目の「伯」(左)のしだれも順調に大きく伸びている。 やはり3月弥生である。梅、桃もさることながら処々に菜の花や野の花が咲き乱れてくると大雪被害のショックからもいささかは回復し始め、むしろ春…

続きを読むread more

会員圃場見学会

2月28日(これも晦日といって良いのだろうか…)、いすみブルーベリー振興会恒例の会員圃場見学会に参加。 今回はいすみ市の岬地区の会員のお宅を視させていただいた。 特に今回は接ぎ木についての現地研修も予定されており楽しみにしていた。 好天に恵まれたが、参加者は意外に少なく15人ほど。珍しく女性の会員が少なかった。 岬地区は今回…

続きを読むread more

勝浦の雛祭り

<勝浦駅近くの交差点> 農園大破のショックからいささか落ち着いてきた24日、ママさんがまだ見ていないというので勝浦の雛祭りに繰り出した。 生憎の肌寒い雲空ではあったが、小一時間のところ。おいしいもの探そうとドライブ・・・ 途中、御宿でも「吊るし雛」での町興しを始めてることを知ったが、次回に回すことにし勝浦へ直行。 小さな町の…

続きを読むread more

農園沈没…2/14 魔の南岸低気圧

今日は2月25日。あれから10日以上が過ぎ、やっとブログに記せるまで気持ちが治まってきた… 2月14日、予報どおり朝から雪。時間がたつにつれ雪はひどくなる。今年のいすみは例年になく積雪が多い。 あまり耳にしたことのなかった南岸低気圧とやらのせいだという。 昼間防鳥ネットに積もる雪の量に恐れをなし、ネットの下から雪を叩き落として…

続きを読むread more

杉並→いすみ8時間 豪雪???

<温室で真っ盛りのカトレアとブーゲンビリア> 2月7日ママさんを連れて杉並へ… 8日は関東大雪の予報なのにと思いつつ都知事選だからというので連れて帰る。(亭主は千葉県民…) 案の定8日朝から終日「観測史上初めて」だとか、「45年ぶり」だとかいろいろ言われるほどの大豪雪。 杉並も30cmほど積もってしまった。 <ノー天気母子> …

続きを読むread more

第1回の剪定作業やっと終わる…

<源氏の恵方巻き> 知らなかったが、今お江戸では節分の豆まきより恵方巻きの方がブームらしい。 先月末今年2度目の来夷になるママさんが「あら、いすみでも恵方巻きブームなの?」と嬉しそうな声… そうじゃない!いすみでは昔からの習わしなのだ。 ということで初めて恵方巻きを買って、今年の恵方東北東に向かってむしゃぶった。 残念ながら予…

続きを読むread more

手戻り作業の1月勝手連

正月も20日過ぎだが、花芽はまだ固い <蝋梅> <デューク> 平成26年最初の勝手連。20日モッチャン来訪。 他のメンバーの予定が合わず、今回はモッチャンと二人だけの活動となったのだが、当のモッチャンもやや風邪気味。農家の冬は朝夕室内の方が寒いぐらい。体調気にしながらの活動となった。 初日は亭主がブルーベリー振興会の剪定講…

続きを読むread more

新春いろいろ③

新春いろいろは②でお仕舞の予定だった。 今朝起きて寝室の廊下に出てウェッと目が覚めた。 窓の外、あたり一面真っ白であった。 冗談じゃない!予報は雲のち晴れのはずだったのに…雪もちらっと可能性ありとは言ってたかなぁ… あわてて農園に直行。ジェジェジェ!!!であった。 まだ7時過ぎ、空はどんよりとして朝の日差しも映らない。陰鬱…

続きを読むread more

新春いろいろ② 玄太の冬休み

<デッキに日よけのスクリーンを張った。> 11日からの連休、玄太郎母子が冬の田舎遊びにやってきた。 嬉しいことに玄太はいすみがことのほかお気に入りらしい。JR特急「わかしお」での駅弁も魅力みたい… 到着が夕方になり初日は遊びはあきらめて、これまたお気に入りの「ジージのホットなチキンカレー」で夕食。 2日目、まずは焼き芋づくり…

続きを読むread more

新春いろいろ①

<神棚がやってきた> 正月も早14日、昨日嵐のごとき玄太旋風が収まり、再び独居老人の気ままな日々が戻った。 三十日に賀状を発送し、園内の松の枝を杉並の家の門の松飾にすべく2本切って帰った。 3が日を杉並で過ごし3日ママさんといすみへ。 近くの国吉神社で皇大神宮と国吉神社のお札をいただき、杉並のお下がりの神棚に飾る。 この神…

続きを読むread more

小春日和の中で… 12月勝手連

母屋の前のバラや果樹の庭にレンガを並べてみた。 ガラリと雰囲気が変わった。 柔らかい日差しの中で朝露が眩しい。 飾ることは得手でない亭主が、柄にもなく12月勝手連で庭を庭園らしくしてみようとお手伝いをお願いした。 まだ真ん中だけだが、全体が出来上がると仲々なものになりそう・・・ 12月21日、今年最後の勝手連活動が始ま…

続きを読むread more