ムーミン列車初体験…卯月あれこれ

画像
いすみに住み始めて13年になるが、いまだ「いすみ鉄道」に乗ったことがなかった。毎朝の散歩を始めてから日々早朝のムーミン列車を見続けていると、一度乗っておかないとまずいなって気分が増してきた。「とうとう乗ることもなく…」と言われる日が来ちゃうのも寝覚めが悪いし…ということでママさんと「乗ろう!」ということになった。
画像

折り良く「大多喜のさくらまつり」のニュースが入り、折角だから距離は近いが大多喜まで往復することにした。
4月2日(日)10時過ぎ、最寄りの国吉駅について驚いた。(よく考えれば当たり前なのかもしれなかったが…)、お祭りのお陰で普段見たこともないほどの人だかり…
画像
なんとレトロなバスまで走ってる。
画像
普段見慣れた列車だが、いざ乗るとなると少しく心踊る。
そして再度の驚愕!!なんと列車は東京の出勤時の電車のごとく込み合っているのだ。いすみで初めて見たラッシュである。
画像
画像
トップの画像のように沿線の菜の花は真っ盛り。そして大多喜駅も普段見たこともない混みよう。やはりローカル線にとってイベント開催というのは本当に大切な仕事だと実感した。また大多喜の町も昨今は大河ドラマ「真田丸」にあやかって本田忠勝の居城の町であることを大きな武器にしている。
画像
小ぶりだがなかなか姿の良い平山城である。桜はまだまだ花芽が固い…
名門大多喜高校
画像
お城でお茶をいただいて帰路につく。
画像
画像

駅に戻ると、鉄道マニアにとってはたまらないのじゃないかと思える気動車があちこちに…
画像
画像
そして大学の友人山家氏の作品も大多喜駅に健在!!
画像

国吉駅に戻って親しくしていただいてる安藤さんの里山弁当を買って帰宅。何かホッとした心豊かな一日であった。
画像

"ムーミン列車初体験…卯月あれこれ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント