春本番 卯月あれこれ

画像
約1か月ブログが作れないでいた。
2005年2月に作り始めたこのブログももう11年続いた。田舎でくらし始めた老人の生活も11年も書き続ければ毎年毎年そんなに目新しい変化があるわけではない。ここへ来て少々作りあぐねた感があった。ベトナム旅行もあったが確かに正月から剪定、接ぎ木、草刈と春まで毎日焦りの中で過ごしてきて、夜はブログよりゲームで遊びたがる気持ちの日々が続いた。ママさんから「ブログ全然作ってないじゃない。待ってる人がいるんでしょ」と叱咤され重い腰を上げることにとした。やはりサボってると気持ちが落ち着かない…

体感的にはさほど感じないのだが、樹々や草花は春本番のよう。
テラス内も家の周りも花だらけといっても大げさでないぐらい。そして桜の終わったこの時期の拙宅内ではやはりジューンベリーが一番美しい。花数もすごいが朝日に輝くその純白は息をのむほどである。
画像
画像

今20本ほど植え付けているが、挿し木を増やして庭の外周をジューンベリーで取り囲もうかとも考えている。
多分桜よりも開花日数は多そうな感じだ。
また今年は皇帝ダリアの挿し木が杉並の温室で管理したおかげで15本も育った。この植え場所も考える必要がある。
画像
ママさんによると、このダリアの苗、直売所で1本800円近くで売っていたと驚いていた。どうやら植えるより売りたいみたい…
画像

草刈りのできない雨続きの日は、テラスデッキで挿し木や苗づくりの作業。
<ローズマリー>
画像
<クレマチス>
画像
<レモン>
画像
<もちろんブルーベリーも…>
画像

居宅前のバラ中心のガーデンにハーブを植え付けるつもりのスペースを整備した。正面右側の煉瓦で囲った四角く細長いスペースがそれである。
画像
まだまだこれからハーブ類の種蒔や冒頭のジューンベリーや月桂樹そしてバラたちの挿し木も進めるつもり。
3月に友人の関谷氏から分けていただいたシイタケの原木も仮伏せ状態。
画像
ここで載せるのも申し訳ないのだが、関谷氏の別荘へ伺ったのが3月19日。ご自慢の山桜が満開で見事というほかなかった。
画像
画像

そして4月は11日かっての学友小松ちゃんがいすみ鉄道を撮りに来た。
画像
すでに桜は盛りを過ぎていたが、まだ菜の花はいささか元気を残していた。あいにく雨日和でもあって撮影の方は十分目的を果たせなかったが、おかげで昔話に花が咲き、話題は尽きることがなかった。
画像

"春本番 卯月あれこれ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント