再び忙中忙へ…2月勝手連

画像
こんなに暖かい冬が続くのが良いのか良くないのか…何せうちの周りが季節に合っていない。2月の初めミモザがうっすらと黄身がかってきたので枯れるのじゃないかと心配したのだが、何のことはない1か月以上も早く花が咲き始めていたのだ…この分では2月末には満開になる勢いだ…。
<こっちはほぼシーズンどおり…>
画像
画像

2月3日早朝ハノイから成田に着き、その足でママさんともども真っすぐいすみへ帰ってきた。普段なら一旦杉並に帰るのだが、さすがに今回はその時間ももったいなく、早々に剪定作業に戻った。
画像
画像
第1テラスのラビットアイは樹高が3m近いものも多く作業は遅々として進まない。焦る…
そんな2月15日モッチャンがサポートに到着。すぐに施肥作業に入ろうとしたのだが、生憎の雨模様で初日は作業できず。雨を避けようと一日予定を繰り下げての来夷だったのだが、予報を裏切りこの日もダメ…焦る…
<手持無沙汰…>
画像

翌日はやっと快晴。まずは短時間で済みそうな作業をとテラスに「塩化カリ」を撒いてもらう。
画像
画像
一樹100g強を散布
画像
この間亭主はただただ剪定に集中。カリの散布が終わったモッチャンには、竹の支柱づくりに入ってもらう。
画像
今冬何本の竹竿を作ってもらっただろうか…
画像
この支柱がなくては剪定作業を進めることができない。敷地内に竹藪が残っているので本当に助かる。
画像
そしてこの後は今回のメインとなる本テラスへの防草シート敷きの作業。
周囲200mの本テラスの支柱の下に防草シートを敷き詰めるのだ。草刈りの度に防風ネットやワイヤーを切ってしまう事故を防止するのが主目的だが、防風ネットにつる草が昇るのを防ぐことなどメリットは多い。
画像
最初、東側の作業でこれまで敷いてあった古い防草シートを再利用した。しかしあまりにも傷みがひどく作業の手間がかかって仕方がない。結局残りの北と西側には新しくシートを購入して作業を終えた。それでもほぼ2日かかりギリギリでの完成となった。
画像
<北側斜面  まだ仮止めの状態…>
画像
とりあえず春の芽吹きの前までにと焦っていたシート張りを終えることができ、安心して剪定作業に集中できるようになった。もちろんこの後防風ネットの補修等は続くが、これは5月までに終わればよいので時間はできた。
本命の剪定作業は22日現在ラビットアイテラス15列中の6列が残っている。ママさんと二人であと1週間で終わるかどうか…暖冬のおかげで超多忙な冬であった。

"再び忙中忙へ…2月勝手連" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント