手戻り作業の1月勝手連

正月も20日過ぎだが、花芽はまだ固い
<蝋梅>
画像
<デューク>
画像


平成26年最初の勝手連。20日モッチャン来訪。
他のメンバーの予定が合わず、今回はモッチャンと二人だけの活動となったのだが、当のモッチャンもやや風邪気味。農家の冬は朝夕室内の方が寒いぐらい。体調気にしながらの活動となった。
初日は亭主がブルーベリー振興会の剪定講習会に出席せざるを得ず、モッチャン単独作業。
剪定時に大量に細竹を必要とするので、いつもどおり前のやぶでの竹切りをお願いする。
画像
画像

講習会から帰ってみると4m程度の竹が30本ほど…これだけあれば安心してブルーベリーの樹の整形がスピーディに進められる。
2日目、本来ならこの時期はすぐに剪定作業に入るのだが、先日の積雪のせいであちこちに障害が発生。この補修を急がざるを得ず優先順位を手戻り作業に切り替えた。
①第3テラスの防風・防鳥ネットの支柱が真っ直ぐに立ってしまった。
画像

新雪がネットに積もった重みで支柱が立つのを食い止めていた地中のアンカーからワイヤーが外れたらしい。
ワイヤーの取り付けが杜撰だったのだ。
補修は穴掘りなど力仕事になるのでこの作業は次回に順延。
②テラスデッキの古い波板の張替え。
10日ほど前、サンルームの雨漏りがひどくてこの補修をしていたところ、あろうことか出来上がったばかりのテラスデッキの波板を破損させてしまった。と言ってもこの波板、新たに増設した部分と違いもう6~7年たっていて寿命ではあったのだが…
先日の積雪が融けた折、デッキは水浸し…瓢箪から駒と完全に張り替えることにした。
③サンルームの雨どいの補修。
折角古い波板をはがす機会ができたので、日の前にその波板の上を通る雨どいも新しいものに付け替えることにした。
早春から草花を含め植えつけ、移植等が増えるのだが、この雨どいが変形し外れたままで放置されていたのでは貯水槽に水が溜まらない。
で、とりあえずここから開始。
<デッキの古い波板をはがし、雨どいを取り付ける。>
画像
画像


2日目から3日目にかけ、またまた波板の張り付け。
最初にサンルームなどの屋根を張ってから7年が経過しており、往時の塩ビの波板はあちこちオシャカになってきている。
おかげでモッチャンはここんところ必ずと言ってよいほど天井仕事。
もちろん亭主が上がってもいいのだが、体の柔軟度の差はいかんともしがたく、もっぱらモッチャンの仕事となっている。
画像
画像

途中浄化槽の汲み取りに業者の方来訪。モッチャンの手慣れた作業姿に感心しきり…
画像

なんとなくモッチャンの雰囲気にいつもの元気さが感じられなく、風邪の危険を感じたので日程を一日短縮して本日帰還されることを提案。ゆっくり自分の布団で寝るのが一番…
ということで最後に本来業務の剪定要領を思い出してもらうように2時間ばかり剪定作業。
剪定前のテラスはどの画像を見てもまるでジャングルだ…
画像
画像
画像


"手戻り作業の1月勝手連" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント