小春日和の中で… 12月勝手連

画像

母屋の前のバラや果樹の庭にレンガを並べてみた。
ガラリと雰囲気が変わった。
柔らかい日差しの中で朝露が眩しい。
飾ることは得手でない亭主が、柄にもなく12月勝手連で庭を庭園らしくしてみようとお手伝いをお願いした。
まだ真ん中だけだが、全体が出来上がると仲々なものになりそう・・・

12月21日、今年最後の勝手連活動が始まった。
今回もモッチャンとチュンサンの二人組。
ボスが畑仕事で腰を痛めたようで今冬は動けなくなったとメールが入った。
タフガイも少しずつ足腰に故障が出てきたようだ。祈早期快癒 

師走とて今回はモッチャンも2泊3日の活動予定になった。
当初、防草シート張りをメイン作業と考えていたが、時間内で完結する作業を優先して、防鳥ネットのワイヤー張替えをメインに切り替えた。
当初セットした補助ワイヤーがあまりにお粗末で使い物にならず、新たに丈夫なエクセル線を張り直すことにしたのだ。
〈まずは支柱用の竹の採取〉
亭主がワイヤー止めを買いに行ってる間、二人はブルーベリーの支柱にする竹の採取を進めてくれた。
剪定の折1本1本の樹を丁寧に見ることになるので、補強用の竹が必ず必要になる。
竹やぶが目の前にあるのは本当に助かる。
画像

ワイヤークリップが手に入ったのでいよいよワイヤー張り。
が、このエクセル線が難問。
亭主を始め全員が輪に巻いてあるワイヤーを上手に伸ばすことができない。毎回からませてしまって解くのに難渋するのだ。どうすればよいのか、理論的にはわかっているつもりなのだが、実際には毎回ストレスが溜まる・・・
画像

〈イライラ、イライラ・・・・〉
画像

結局初日は50mのワイヤーが2本張れただけ…それでも二人はクッタクタ…
一方亭主はハイブッシュの剪定で樹の疲れ様にガックリ…今夏の暑さは思った以上にダメージが大きい。

2日目。この日も天気は上々。12月でも小春日和と言って悪くはないのだろう。やや風があるのでウララカとは言えないが、農園で働く楽しさが実感できる日々が続いた。
ワイヤー解きもいささか楽になったらしく、お二人さん快調にワイヤー張りを進める。
画像

のどかである…
画像

終わった・・・空は真っ青…
画像

予想以上にワイヤー張りが早く終わり、つぎは先日の強風で10月に張ったサンルームの波板が思いもよらず曲がってしまった。よく見ると打つべきところに釘が打たれてなかったのだ。
なんともはや亭主の指示ミス。再びモッチャンに屋根に上がってもらう。
〈ひんまがったポリカ波板〉
画像

画像

〈完全に職人の域…〉
画像

〈こっちも要領よくサポート〉
画像

3日目
予定した作業が終わって余裕が出来た。
急遽、いつかはと考えていた前庭のグレードアップを手がけることにした。
バラや果樹を植えた前庭がなんとなく締まりのないのが以前から気になっていた。
先月コメリで大量のガーデニング用のレンガにえらく安い価格がついているのを見つけ、店長に理由を聞くと「生産中止で在庫処分です。」という。「全部くれ」といって数えたら320個あった。「300個分にしようよ」と値切っててにいれ運んでおいたレンガも出番を待っている。
〈植地と道の区別が曖昧で草刈の時にいつも植木を傷つける…〉
画像
画像

〈高さの調整は高齢者には結構目にこたえるし草臥れる…〉
画像
画像
画像

流石に天気も曇り始めたし、そういえば今日は天皇誕生日…3連休最終日ともあって道路も混むかも…
帰心逸る二人に頼み込んで中央部分の周囲をレンガで取り巻いた。仲々である。
完成画像はトップに…
今年も12ヶ月12回、一度も欠けることなく勝手連は活動してくれた。
「ともあれ、少しずつ良い方に変わってるよね…」とお互いに納得しながら進んでいる。ありがたいことである。
来年もまた更に良い方へ向かって作っていこう。
今年も本当にお世話になりました。どうぞみなさん良いお年を…!!!

"小春日和の中で… 12月勝手連" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント