久しぶりの軽業作業…10月の勝手連

すでに10月半ばを過ぎた。
シーズンオフの気抜けなのかそれとも古希を過ぎた体力の落ち込みか…ブログも進まない。
裸祭りや新しく見つけたフレンチレストランなどネタは結構あったのに…
<名前のわからない野の花>
ボスの運んできたクンシランのポットの中で可憐に咲いてる。
画像

画像


そんな亭主を奮い立たせてくれたのが10月勝手連。
13日(木)からスタートした。
初日は最近のパターンどおりモッチャンが一人で先行来夷。
到着後すぐ、先月から最も気になっていた隣家の高師さん宅のもみ殻運びに取り掛かった。
好天に恵まれた爽快な秋とはいえ、゜モッチャン、何せものすごい馬力である。
次から次へのもみ殻を袋詰して運んでくる。
画像

<もみ殻の山はこの写真の倍近くあった>
画像

<山がなくなった…>
画像

亭主はその迫力に押され、必死でラビットアイの樹下までもみ殻を引きずって行き撒き続けた。
50m×25m=1250㎡は結構広い。何度も途中で投げ出したくなったが、モッチャンの袋はどんどんたまる。
意地になって撒きつづけた。
後で聞いたらモッチャンも亭主が撒き終わった袋をどんどん返してくるので仕方なく詰めつづけたらしい。
ま、相乗効果の結果驚異的な力が発揮され、半日でラビットアイテラス151本の樹下にもみ殻をたっぷり巻き終わった。
画像

<2日目午前、ハイブッシュテラスのもみ殻撒き>
画像

<もみ殻を詰めた袋>
画像


2日目昼、ウッチャンとチュンさん到着。今回はボスがお休み。
話は前後するが、中日にテラスデッキでの休憩の際ウッチャンが「最近野ブログおんなじ写真ばっかなんだよね…」と笑う。
そうなんだ。春以降、ブログの写真はシーズンの摘み取り作業以外はほとんど農園の草刈りとテラスデッキでの休憩の写真ばかり…。
<見飽きた写真①>
画像

<見飽きた写真②>
画像

今年の勝手連は毎回草刈りしかしていない印象だった。
特にウッチャンは草刈りをメインの作業と自認しているからなおさらだ。
やむを得ないのだ。今年の雑草は気が狂うほどよく伸び、刈っても刈ってもなくならなかった。

しかし今月はそんなマンネリを打破する絶好の冒険が発生した。
まるで6年前の農園開墾当時に戻ったみたいにはしゃぐ出来事だった。
で今回のブログもそれをメインで取り上げる。

9月21日、迷走台風15号が予想に反し房総半島直撃。雨台風だと喜んでたら風も意外に強く、テラスサイドにある10mを超える枯れた孟宗竹が風にあおられ防風網に倒れ掛かったのだ。
画像

<倒れる前 8月16日>
防鳥網の向こうに黄色い2本の竹が見える。
画像

<倒れる3日前 9月18日>
画像

放っておいたら必ず倒れる。ブルーベリーりの樹もさることながら防風ネットのワイヤーにあたりが来て補修が大変なことになる。
「アーでもない。」「コーでもない」と鳩首怪談(?)の結果、梯子をかけて登って2回に分けて切り倒すことになった。

まずは梯子を伸ばし、倒れた竹に立てかけて、はしごと竹を結わえ付ける作業だ。
「誰が登る…」と不安な中にも久しぶりのイベントになんとなく楽しそうだ。
「そりゃ一番軽いウッチャンだな…」と亭主。
「俺、高いところは…」、「大丈夫、下で3人で支えてるから…」と言い含める。
(実際には亭主は写真を撮ってて支えてなんかいない。何たるいい加減さ…)
胸の中では「高さ約5m、竹が、撓って揺れるかな…最悪でも骨折はないな…」とイメージ。
意を決したウッチャン。立てかけた梯子を登る。
画像

重さで次第に竹の角度が戻り、梯子が大きく下へ滑る。
ヒヤッとはしたが、下で2人が支えてるので、はしごが竹から外れることはなかった。
<姿勢がかっこいい!!>
画像

揺れの程度が判断できたウッチャン。あとは落ち着いて梯子を竹に縛り付ける。
このころには梯子の上から指示する声が弾んでた。

次の出番はやはりモッチャン。
ウッチャンで様子もわかり、楽しそうにいそいそと登っていく…
画像

切り落とした竹がテラス内に倒れないよう方向を定め、反対側から亭主がユンボーで引っ張っているので、竹はテラスの外に向かって大きく傾いている。
自由で気ままなモッチャンだから、何をしでかすかわからない。「必ず自分の目より上の位置で切ること」と固く言明。おかげで不自由な姿勢となった。体の固い亭主にこの真似は出来ない。
画像

切れた…!! ぶっつけ本番で事故なくできた。ホッとした。
考えてみれば(考えなくても…)もう皆60代も後半なのだ…
画像


3日目
やはり冒険ごっこは楽しい。
ノリノリで2本目の枯れ竹もカット。
画像

画像

ついでに若竹のほうもチュンさんがカット。
画像


終わったとたんに雨。
本業の草刈りもそこそこに雨用作業にり変えた。
また長くなったのであとはおまけで写真の説明。
作業① さぼってた挿木の移植。
今年も夏前に移植ができず、苗の大半を枯らせた。残った苗も半死状態。
一人では無理なことと分かっていたが…やはり移植を避ける方法に戻ることが必要。
画像

<アジサイも…>
こっちはまだ元気。
画像


作業② 野栗の皮むき。
亭主の大好きな番組、NHKの「3シェフ競演」で、中国料理の孫さんが「栗と鳥の煮込み」を紹介した。
さっそくメンバーに食べさせようと、テラスにある栗の樹の下から身を拾ってきた。(拾ったのモッチャン)
4分ほどゆでてみんなで皮むき。
画像

画像

苦労して剥き終ってさて鶏肉の手当と思ったら鶏が見つからない。
「買い忘れ?そんな馬鹿な…」と思ったがやはり見つからない。
恨めしげな皆の視線を避けながら夕食の準備を促す。(これも亭主はかかわらない…)
今夜は鍋…
画像

そして今回ウッチャンがリッチな友人からふんだくって来たのが懐かしいジョニ赤!!
なんだか昔の酒はうまい。久しぶりのスコッチだからかなぁ…
画像


本当はまだ続くのだが、今回はこれでおしまい。

"久しぶりの軽業作業…10月の勝手連" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント