運びや稼業再び…10月の勝手連。

ノーちゃんがいすみ鉄道で五井へ向かって出たのと入れ替わりに勝手連が次々にと到着した。

<母の百寿の祝いにいただいたアケビを地植えしていた。>
画像

今年の勝手連は結構天気に恵まれているようだ。
今回も穏やかな日差しの中で密度の濃い作業を進めることができた。
なにせ亭主の大切な役割である事前準備の作業が何もできていない。
気は焦るのだが、農園作業は片手間ではできない。
かといって炊事、洗濯に加え母の身の回りのサポートとなるとこれまた結構な時間を取られる。
どちらを採るかと考えたら当面はやはり農園を捨てざるを得ない。
テラスの地植えのブルーベリーはまだ全然大丈夫だか、ポット栽培のブルーベリーの苗や鉢植えの植物たちそして野菜はそうはいかない。
それでもこんな時もあろうかと水耕栽培にしておいたのが役に立って、いささかの時間を与えてはくれている。
これが真夏だったら確実にテラスの木が枯れるか、婆さんが枯れるかどちらかだったろう。

初日は到着後食事もそこそこに片岡農園に届いていたピートモス50袋の運搬だった。
現地の積み係にウッチャンと中橋君(ブログで本名を書き続けるのもいかがなものかとこれからは『ひょうたんつぎの旦那』と呼称することにした。)
ドライバー兼積み係兼降ろし係がモッチャン。(大変)
降ろし係と畑作りがボス。
と役割編成をして約3時間の重い(1袋170ℓ約20kgはあるだろう。)作業だった。
軽トラで一度に10袋を運んでも5往復。
現場にいた片岡(兄)さんは「朝来た会員は1度に13袋積んでたよ。」とおっしゃるが、なにせ当方の本古「白竜」は先月の豚糞運びと伊豆大遠征でお疲れ気味。10袋が精いっぱいだった。
と、亭主は思ってるのだが…実際に何往復したか知らない…。
しかも写真係を決めるの忘れてたので、残念ながら記録写真なし…

長々書いたのは2日目もやはりその分担で、今度は江沢さん宅にもみ殻をもらいに行ったからだ。
なにせ今回は運んでばかりの作業だった。
<江沢さんのお宅の庭>
どれだけの田を経営されてるのか、無尽蔵とも思えるもみ殻の山だ。
しかし最近はもみ殻の買い手が現れて、ただで譲ってもらうのもなかなか難しくなってきた。
画像

<ピートモスの空き袋も役に立つ>
『ひょうたん次の旦那』が写真を撮る役回りが多く、なかなか記録に姿が現れない。
画像

<もみ殻はこれでも半分程度か…奥に見えるのが今度のピートモス>
画像


第1テラス、第2テラスの300本の樹の根元に撒く量には十分なもみ殻が集まった。
残りはまず長谷川ワールドのマルチ、そして最後は第3テラスの土壌改良に使う。(第3テラス分にはまだまだ足りないが…)

運搬用の袋が無くなったので、もみ殻運びは一旦終了し、まだまだある別メニュうに向かう。
先ずは防鳥網の傾いた支柱の立て直し。
画像

立て位置を間違えたというよりは全体の微妙なバランスで傾いてしまったのだろう。
先日の台風の時は倒れるんじゃないかとはらはらしたが、運よく台風がそれてくれて杞憂で済んだ。
改めて位置を定め直し、まっすぐに立て直した。

このほか、草刈りや苗の移動など後手に回った作業が次々にこなされていく。亭主は亭主で久しぶりにユンボーで第3テラスの農地造成。
テラスを長方形の姿にするべく、今の川べりに出る道路をつぶして方向を少し北側に向けた新たな道路を造った。

間を縫って「ひょうたん次の旦那」は先月農園で落とした眼鏡探し(見つかったら奇跡だ、亭主のなんか8月から見つかっていない。)、モッチャンは、陶芸の釉薬用にと、もみ殻を燻らせて灰をつくる作業も始めた。
なかなか火は着かないし、しかも灰を白くしてしまってはダメだというのだから技術的には大変難しい。
亭主の全く無知な世界だが、多分今回は失敗だったのだろう。
画像

<担当業務終了のボスも興味津々でサポート>
画像


ボスの畑は今回は11月への準備作業が中心だったようだ。
玉ねぎやきぬさや等を植え付ける畝が次々にできた。
先月植え付けたニンニクも元気に育っている。
画像

こっちはどうやらそら豆を植えたらしい。
その向こうで芽を出してるのは、これも先月植え付けたエシャレット。
最近ボスは名札を立てないので、亭主にはどこに何が植わってるやら芽が出るまで分からなくなってきた。
画像


そして第3日までかけてテラスの樹々へのマルチ。
画像

今月の勝手連は時間か足りないぐらいに色々と作業をこなしてくれてまたまた大幅に遅れを取り戻した。
直販所にやっとジャムが置けた状態だか、これで苗木の販売にも枯れそうだ。

やはり「ひょうたんつぎの旦那」の写真がない。
最近は注意はしてるのだが、なにせボケが始まり記録を撮るのを忘れることが多い。
会食事だけでご勘弁。
画像

婆さんも車椅子ながら会食事は必ず参加。
勝手連とはやはり一緒にいたいのだ。しかも精一杯おしゃれをしてる。
画像


しかしこの時かそれともノーちゃんの時の刺身が引き金か、母には不運な結果が待っていた。(つづく…)


"運びや稼業再び…10月の勝手連。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント