5月の農園 ミツバチ効果?

画像

防鳥ネット作りで大わらわの5月なのだが、そんな人の気持ちも全く忖度せずテラスも長谷川ワールドもガーデンも全ての植物が「水だ! 肥やしだ! 土寄せだ! 早く手当てしろ!」と}叫んでる。
分かっちゃいるけど、やってられないんだと途方に暮れる。
まさに猫の手も借りたい毎日なのだが、ハナはチンクとデイト。素知らぬ顔だ。
≪テラス≫
ラビッアイの実がむちゃくちゃについた。壮観とはこのことだ。
やはりミツバチの飛んでくれた効果なのだろうか…?
考えてみれば、昨年はテストでの着果だったし、よその農園ではほとんどハイブッシュしか見てないので、ラビットが本格的に実を付けた姿は初めてだ。実の数がこんなに多くなるなんて想像の域を超えてる。
摘花はルール通りにやってるから着け過ぎとは言われたくないのだが、それにしても恐ろしい。まさに鈴なり状態。
<フェスティバル>
画像

<デライト>
画像


<エチョータ>
ハイブッシュは昨年と変わらない。このエチョータも昨年同様大きな実をつけてる。
画像


≪長谷川ワールド≫
夏に向けて収穫が始まる野菜たちがグングンと伸び始めラストスパートに入った。
<ジャガイモ>
画像

<玉ねぎ>
今年はどうなのか…あまりでかさは感じない。
画像

<ニンニク>
試し掘りをしてみた。さすがに3回目、今年はやっとニンニクらしい感じになってきた…
画像

もうすぐ地上部が枯れる。枯れたら収穫だ。奥方各位、待っててね~
画像

<ソラマメ>
近所の亀田のおばさんの言うことには、今年はこの辺のソラマメはあまり出来が良くないようだ。
画像

このほか写真のつるありエンドウ、スナックエンドウ、絹サヤ
画像

<そしてナス、キュウリ>
画像


≪ガーデン≫
<イチゴ>
こちらも大変なことになってる。
茂りすぎのイチゴがこれまた鈴なり状態に実をつけ、次々に熟して始めた。
元の苗はうまそうな質のいいやつ3種類だったのでもうどれなんだか分からない。
画像

画像

昨年は数えるほどしか実をつけず、熟した実は先に全部アリに食べられた。
地植えだし2度ほど油粕とトンコップンをばらまいてた程度で放りっぱなしだしと、今年もあまり期待してなかったのでもみ殻を敷くなんてサービスもしてなかった。
それがここんところ急に真っ赤に熟し始め、さすがのアリも食べきれないみたい。
婆さんが喜んで必死に食べてるが、アリの消費量とどっこいどっこい。ジャムでも作るか…。
<ナスタチュウム>
今年もナスタの種を育てていたのだがその必要は全くなかった。ガーデンのあちこちから昨年落ちた種が芽を吹き、今年はナスタだらけになりそう。
画像

<バラ>
これも年初剪定したままほったらかしだったのが元気に咲き始めた。
画像

<洋野菜>
ちょっと宗旨替えしてガーデンの一部に色鮮やかなパプリカ、ズッキーニ、トウガラシなどの洋野菜を植えてみた。
このほかにアーティチョークやルバーブを植えてみる予定
画像

<ジャイアントダリア>
先日岩佐氏が「育ててごらん」と苗を3本持ってきてくれた。育つと4mくらいになるらしい。末恐ろしいので道路際のカンナの隣に植えた。

≪水耕栽培≫
車庫の改修時に合わせて半透明のルーフのある通路を作った。雨に弱い野菜などを水耕栽培で育ててみようと準備した場所だ。
特に大玉のトマトやメロンなんかを試してみようと狙いだけは意気軒高。どうなるやら…
<高級トマト>
なんか高級なトマトらしい。苗の値段も高かった。
画像

そのうちの一つはイタリアントマトだ。今からパスタが楽しみなのだが…
画像

<メロン>
これはもうセンミツヤの世界。出来たらお慰み。
画像

<なぜかプロッコリ>
ついつい種をまいてしまったら、みんな生えてきた。こんなに苗があっても植えるとこがなくて放置状態。
画像

<そしてイタリアンパセリ>
これもプロッコリ同様だが、ハーブのところにでも植え付ける予定。
画像

"5月の農園 ミツバチ効果?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント