正月勝手連

正月も半ばの16日今年初めての勝手連来訪となった。
あらためて別記する予定だが、暮れから母が坐骨神経痛を患いばたばたした年明けを迎えることとなった。
そんなこんなで作業準備も間に合わず、せっかくのサポーターを活動不足の状態で過ごさせることになってしまった。
本来なら作業は山ほどあったのだが、一つ一つ事前の手当がないと手戻りや無駄な作業がはなはだしく中途半端に手がつけられない。
やむなく短時間で集中的にできる防風柵づくりに絞った。これまた悔いの残る正月だった。

何せ大きな川に取り囲まれたテラス状の台地だから四方からの風が年中吹き通ってる。
一昨年、台風16号で悲惨な被害を受けたのも記憶に新しい。
3つのメインテラス(ラビットアイテラス、ハイブッシュテラス①②)は梅雨前までに防鳥網と同時に出来る予定だが、河岸側の三角地(苗テラス)はその計画外の場所だ。とはいえ風は同じ条件で吹き付ける。
無防備な苗は強い風を受けてぐらぐらになり、根をだめにしてしまうのが何本か出た。
そこで防鳥網作りの前段として簡易な防風柵を作ろうと考えた。この経験は大型の造作に何かヒントや知恵を与えてくれるとも考えたのだ。

モッチャンと中橋くんがまず家の前の通り沿いに茂ってる竹やぶから青竹を30本ぐらい切ってきた。
これを1m幅で河岸の管理道路沿いに打ち込んで行った。
盛り土だからすぐ打ちこめると思ったら、意外に下の土が硬く締まっており地面が固く直に打ち込むのが困難だった。
<掘り位置を決めて少し穴を掘る。>
画像

<木杭で竹を打ち込む穴を作る。>
画像

<竹の打ち込み>
2mある竹を50cmばかり打ち込むのは結構大変。モッチャンの背の高さが役に立つ…?
空はあくまで青く、春のような穏やかな天気に助けられた。
2日目に合流した長谷川ワールドのボスは今回は定職なく、徘徊中か…。
画像


<忙中閑>
うららかな天気だし、テラスデッキより野天の方がコーヒーもうまい。
画像


<ネット張り>
約30mにわたって打ち込んだ竹の上下に6mmの針金を渡し、カインズで買ってきた4mm目の防風ネット(1m×50m 1750円)を張り付けていった。
長さがあるぶん上下を揃えてピンと張るのはとても難しい。防鳥網はもっと難しいかもしれない。参考になった。
画像


<完成!!>
張り付けが終わってから一つ一つの竹柱の頭をすべて節の上で切りそろえた。雨水のたまるのを防ぐためだ。
これで完成。結構しっかりした柵となった。(まだ大風は吹いてないが…)
画像


<ご褒美>
毎年名古屋在住のママさんの兄上が贈ってくださる「勅題ようかん」(名古屋 美濃忠)がご褒美となった。
きれいだし結構うまい。ちなみに今年の勅題は「生」。 
画像

"正月勝手連" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント