功労車そして愛車

農園開拓の最大の功労者(車)はなんと言っても地元の平山さんからお借りしたユンボー。これが無かったら荒地開墾は不可能だった。老体に鞭打ち約一年間文句もいわずに働き続けてくれた。亭主はいつでも土木工事のアルバイトができるまでになった。
画像


ついでに亭主と勝手連の通勤(?)必需品である愛車も紹介。それぞれにウォンツの特徴が出てるセダン、ボックス、トラック・・・

ゴルフ三昧のウッちゃんのセダン
画像

菜園で忙しい長谷川君のボックス
画像

農園暮らしの亭主のトラック
画像

"功労車そして愛車" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント