もう葉月…5ヶ月ぶりの勝手連

大賀ハスが今年も綺麗に咲いてくれている。これは2番花と3番花(7/25)である。

IMG_8192-2.JPG

8月末まで合計10個の蕾が付き、8つが咲いてくれた。
1番花は7月11日に咲いたが梅雨のさなか日照も少なくやや弱弱しい咲き方であった。

IMG_8131.JPG

下の画像は8月11日 のもの。6番花、7番花の蕾が膨らんでいる。

IMG_8282.JPG

そして8月21日、8番目、最後の蕾が開いた。やや小ぶりだが形良く美しい。

IMG_8313.JPG

毎年この時期に必ず、小さな水瓶のなかで40日以上もの間、華麗かつ爽やかさ、涼しさで目を和ませてくれる自慢の名花である。

とは言え大賀ハスを語るにはこの画像は欠かせない。

毎年3月には必ず鉢の中の泥土を掘り返し、増えた根を丁寧に整理し、肥しを入れて夏に備えてくれたモッチャンの地道な作業…これまた感謝である。
IMG_7461.JPG
この日はコロナ騒ぎで月初めから疎開していた玄太郎が、晴れてお許しが出て杉並に帰る日でもあった。

IMG_7464.JPG

そしてこの頃から、国内では「県をまたぐ移動」を自粛する気運が高まり、勝手連活動も休止を余儀なくされた。

4月、5月、6月、7月と4ヶ月、勝手連始まって以来の活動中断となった。

この時期農園の丁寧な草刈りが少なくとも2回は必要である。これが自走草刈り機で1回しかできなかった。
6月、7月はもちろん収穫で大わらわ…
4月は夏に向けての野菜畑の手当てと昨秋台風で破損した防鳥ネットの取り外しと 新たなネットの取り付け。これを玄太郎と二人で完遂した。来年は傘寿を迎える老爺と中学生の孫。本当によくやれたと思う。玄太郎が役に立つ少年に大きく成長していたことにやや感動した。
5月は玄太郎が帰京し、亭主一人となった。本当はこの月に本格的な草刈りが必要であり、またブル-ベリーの樹々の生育状況の観察に集中しなくてはならないのに、防鳥ネット、防風ネットの仕上げに手を取られていた。焦る気持ちを抑えるのに苦労しながら…
勝手連のいない月がどれほどこたえるか…あらためて 恐ろしくなった。
画像は3月勝手連でチュンさんが刈ってくれた第2テラス。地面がしっかり映っている。

IMG_7470.JPG

今回8月同じ所をモッチャンが刈り始め…「草刈り機がストップして草刈りが出来ません」と白旗を挙げてしまった。草丈は腰まで伸びていた。

IMG_8290.JPG

8月、コロナ禍は一旦は静まりかけたものの第2波も始まったようで、更なる長期化の様相を呈してきた。
が、勝手連も4ヶ月の活動休止はやはり気になっていた様で「8月、行きます。」とサポート再開宣言。2日から2泊3日でやって来てくれた。
丁度梅雨が明けた時で摘み取りに猫の手も借りたい時期となっていた。
IMG_8261.JPG
IMG_8263.JPG
IMG_8271.JPG
IMG_8265.JPG
IMG_8274.JPG
IMG_8276.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント