房総沈没 9月勝手連

<9月8日のグリーンレモン>この日は快晴。朝のひかりにレモンが輝ていた。まさに嵐の前の静けさ…
IMG_6245.JPGIMG_6246.JPG
同日夜半これまで経験したことのない強風が農園を襲う。未明まで口笛を強く吹いたような風音が鳴り渡り豪雨が窓を打ちつけ続けた。
9日早朝、ベッドのスタンドのスイッチを押したが明かりはつかない。「停電だ…珍しい。」とつぶやく。
これまで何度もいすみ市内が停電になったことがあるが、ここ新田野が停電になることはほとんどなかった。
この時はその後だんだん判明してくる房総半島の災害のすさまじさを知る由もなかった。
台風15号の千葉市上陸は瞬間風速60mという大暴風雨を伴い房総半島のほぼ全域を舐めていった。停電63万戸、断水、交通遮断等々インフラの壊滅的な機能停止。まさに房総半島沈没である。
加えてまたまた東電の生活者を見向きもしない不遜な対応が続き、本日9月19日。いまだ4万戸近くが停電している。腹立たしいことこの上ない。奇しくも

朝6時前、不安を抑えきれず園内を見回る。
最も恐れたのは宅の屋根が破損していないかであった。かやぶき屋根の上をトタンで覆った造りである。トタンが飛ばされたらひとたまりもない。とりあえず無事であった。ホッとした。IMG_6280.JPG屋根以外であれば農園も含めて自分で修復可能な造りになっている。
一安心しながら家のぐるりを巡ってやや安心ではなくなってきた。
寝室前の子庭に聳えていた樹齢70~80年の太い古木が根元近くから折れて、運良く幹の中ほどが地上に、幹の先の方が布団部屋の屋根に倒れ掛かっていた。先だけだったので屋根の損傷は極めて軽微。ここも助かっている。IMG_6323.JPGIMG_6271.JPG長年甘い実を楽しませてくれた畑の奥のシンボルツリー「スモモ」も幹を折られ第3テラスのネットに引っかかっている。IMG_6261.JPG本テラス前の苗場にも幹の直径30cmほどの栗の樹が倒れていた。秋の収穫は断念。IMG_6270.JPG
いつもは川底からポンプで揚水している落合川も大河のごとく満々と水を貯えあふれそうなぐらい…IMG_6265.JPG
今回の最大の被害はやはりブルーベリーの農園にあった。もう何度経験したことか…防鳥ネットの破損…亭主の不精が最大要因。8月のうちに巻き上げておけば無事であったかもしれないが、今年は9月まで収穫が続いた。そこまでの作業は気力的に無理だった。IMG_6304.JPGIMG_6263.JPG
9月14日、モッチャン到着。その被害の大きさにショックを受けつつも作業に入る。
9月は例年防鳥ネットの巻き上げ作業なのだが、今回は破損したネットの「お片付け」になった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント