摘み取りの前捌き…5月勝手連

画像
画像
お判りだろうか?日本ミツバチの偵察隊である。任務は新しい軍団の住処を探すことにある。
ただ探してくれるのはいいんだが、すでに分蜂の盛んな時期は過ぎている。あまり期待しないで様子を見ている。要領が分かったので来春はきちんとしてあげて住んでもらえるようにする。

そしてボツボツ遅まきながらブルーベリーも青い粒が見つけられるようになって来た…
画像
この分なら平年並みのスタートになりそう。

5月26日モッチャンが久しぶりのチュンさんを伴ってやってきた。皐月勝手連の開始である。
チュンさんの頸椎狭窄症の術後経過が順調とは言えないようで、まだ左手のサポートなしでは右手を持ち上げることができない厳しい状態。活動も大幅に制限されるのだが、気晴らしも兼ねて来るように誘ったのだ。
厳しい出来事ばかりではない。おめでたいことに4月20日息子さんに長女誕生。チュンさんの初孫である。
名は「光凛(ひかり)」チャン、愛称ヒカリンとの由。とても可愛い良い名前だ。
亭主は「記念植樹をしよう」と彼の来夷を楽しみにしていた。

当日普段より1時間早い10時半にいすみ到着。この日はちょうど米大統領トランプ氏が羽田にエアフォースワンで到着する日で高速道路は交通規制。その直前を走り抜けたようで道路はガラガラ…トランプ様々だったようだ。

到着後すぐ植樹の話。というのも5月というのに気温は35度を超える猛暑。午後の日差しをまともに受けての作業は危険すぎる。ということで記念樹の苗木を探しに「なのはな」へ。
画像
家内は「ハナミズキなんかどう」と言っていたが、チュンさんはどうやら実のなる樹がいいよう。そういえばモッチャンも由鶴君の記念樹に「栗」を選んでいた。というわけで選んだのがスモモ(プラム)の樹
画像
受粉率を高めるために2本のスモモを購入。涼しくなるのを待って植え付けた。
画像
画像
プラムの先にあるのが先一昨年に植えた由鶴君の栗の樹。

二日目は広域な草刈りを開始。テラス内の草刈りはすでに終わらせていたので、園の外周をきれいにするのだ。チュンさんも自走草刈機を動かす作業は可能だったので管理道路の草刈りをしてもらった。画像に日付を入れているのは、この草刈り作業を県のアダプトプログラムの参加作業としているで結果報告用に使うためである。
画像
画像
画像
画像
モッチャンと亭主は自走では無理なエリアを刈払機で刈っていった。
<テラス北西角の段差>
画像
画像
<宅の進入路沿いの土手>
画像
<取水路の傾斜>ここは腰に来る。
画像

出来れば摘み取り開始前にと思っていたエリアの草刈りをすべて終えることができ余裕をもって収穫作業に入れそう。そして趣味の火遊び…ピーも…
画像

今回はモッチャンも2泊3日の日程。最終日となるこの日はメインの灌水パイプの敷き直しである。実際の灌水開始は7月からになる予定なので、汲み上げポンプの設置や取水確認は6月にするとして、とりあえず園内のパイプ敷設だけ終わらせた。
画像
画像
亭主はパイプの壊れた部分の補修作業
画像
日程が短かったのに中身の濃い5月の勝手連であった。ブルーベリーの実りが遅れたおかげで前捌きの作業を終わらせる余裕ができたことになる。当初の目論見ではお二人に摘み取りに入ってもらう予定でいたのだ。災い転じて福と言えるか…
お土産は結構豊富にあった。
ソラマメがちょっと時期遅れになったが量だけは結構残してあった。
画像
画像
このほか玉ねぎやレタス等々出来は悪くないのだが見てくれの良くない畑の作品が春は豊富だ…
画像

この記事へのコメント