今年もたっぷりもみ殻運び…11月勝手連

相変わらずの雨日の多い今年の11月下旬。20日から勝手連の活動開始となった。
例年のことではあるが今年も隣家高師さんの裏の田んぼに堆く積まれたもみ殻運びを始めた。
画像
前述のとおり雨の日が続き、もみ殻も下の方は雨がしみ込んでいて掬うにも運ぶにも結構重くなる。
初日はチュンさんが掬い、モッチャンと亭主が運ぶ役となった。
画像
初日はラビットアイ種が158本ある第1テラスから始めた。
画像
2mを超えるまでに育ち広がる樹の下にもみ殻を置くのは結構手間…
画像
それでも初日に第1テラスのほとんどに敷くことができた。
画像

今回はモッチャンも2泊3日のスケジュールとなり普段より滞在が短い。作業が途中で終わるとまた12月までかかる。もみ殻はもっと湿気て重くなる。ということで2日目は鈴木さんにも応援を頼む。
画像
朝ご飯の片づけや洗濯の終わったママさんももみ殻掬いに参加。一挙に強力なチームとなる。
画像
第3テラスに移ると樹の大きさが格段に違い、敷き込みのピッチは一挙に上がった。ただ樹下の雑草をとってないところがあり一手間余分な作業もあった…
画像
結果第2テラスの2/3を残しほぼ400本の樹下に籾殻を置くことができた。昨年モッチャンが運び方を革新させもみ殻運びは皆やる気満々の1大イベントに変身した。また直売所等で籾殻を購入すると1袋300円はする。1袋で3樹程度に撒くので400本だと130袋は必要。4万円程度のコストとなる。高師さんのお蔭でコストカットができているのだ。
<第1テラス>
画像
<第2テラス>
画像
<第3テラス>
画像

一方勝手連にもみ殻運びをしてもらってる間、亭主は防獣ネット張りに大わらわ…というのも朝テラスまわりを見たらまたイノシシに荒らされていたのだ。
画像
画像
これまで対策がいくらか功を奏していたのだが、イノシシにとっては本格的に餌のないシーズンが始まったようで、これまでの防獣ネットの弱いところを探して強引に農園に入ってきだした。改めてまたより細かく防御する必要に迫られたようだ。
画像
画像
画像

この記事へのコメント