文月のサポーターそしてあれこれ…

画像
今年も大賀蓮がよく咲いてくれた。
6月から雨の全く降らなかった今年の夏、毎日6時前に起きて亭主はコーヒーを淹れ、ママさんはフクの散歩に出かける。朝食後亭主はJAや直売所、スーパーへの出荷、ママさんたちは摘み取りに…
これがもう60日続いている。70半ばの老夫婦としては大した奮闘努力であると思う。
そんな二人をこの古代蓮は毎朝元気にさせてくれた。こんな清潔なまた神々しさすら感じさせる花はあまり多くない。しかも真夏の暑さに耐えてだからなおさらである。
画像

あまり蓮ばかりだと睡蓮がかわいそうか…
画像

7月13日、今年も山崎夫妻が摘み取りのサポートに来てくれた。
画像
千葉市のおゆみ野から愛車ミニクーパーで1.5時間ほどかかるようだ。
画像
この車亭主のあこがれ…
夫妻のサポートももう5年ほどになるか…二人でコンビの摘み取りスタイルはもうベテランの世界。
画像
画像
午前中に10kg強摘んで午後からは歓談。
これがまた亭主やママさんの待ちに待った時間なのだ。
見てほしいこのお昼…すべて旦那手ずからの作品。(パンは別…)
画像
洋風かと思いきや、真ん中は「ナメロウ」なのだ…
画像
ドレッシングがまた美味い。
画像
舌鼓を打ちながら、一年ぶりの歓談。よき友の来訪は本当に命の洗濯…
画像

7月も後半に入りラビットアイシーズンも本格化。
画像
花芽数を少なく剪定したので大粒なものが多い。500円玉クラス…
画像
そして甘さも…
画像
総収量は落としたものの質のレベルは一段アップした感じ…
16日、今年も名古屋から弟の嫁「ミサオ」が長期サポートに駆けつけてくれた。
画像
ここ数年毎年やってきてくれるようになり本当に助かっている。が、どうやらホントのホントは嫁同士で亭主のだらしなさ、情けなさをあげつらうのを楽しみにやってきてるみたい。鈴木さんも加わってテラス内ではどんなに大声で悪口を言ってても、亭主は一人選別室…聞こえやしない…
彼女は銅鍋のジャムをなめるのが大好きなのだ(行燈の油でなくてよかったが…)
画像

そして翌17日、7月はチュンさんも都合が悪くモッチャン一人で到着。
すぐさま選別作業に入る。
画像
摘み手が3人となると亭主一人の選別担当ではなかなか間に合わないのだ。老眼鏡をかけ頑張る姿は痛々しいか…そして摘み取りも…
画像

このテラスデッキを作って本当に良かった。ここで写るみんなの顔はいつも晴れやかで楽しげ…みんなで一緒に働いてる感を共有してる顔なのだ…
画像

雨のない7月もようよう終わろうとしている。川の水をくみ上げた日は何日有ったろう。お陰で今のところ昨年良ような水やり不足は起こってなさそう。いい夏のシーズンの終わり方をしたいものだ…
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント