恒例のもみ殻運び…11月勝手連

<ベンジャミン、プルメリア、ブーゲンビリア>
画像
ママさんがいすみに定着しだしたので杉並の洋ランや亜熱帯植物群の管理ができなくなってきた。特に冬場は温室の管理ができないとそれらの全滅は火を見るより明らか。かといって全部いすみに持ってくるのも無理…ということでノアの箱舟じゃないが数種の植物を選んで軽トラで運んできた。
南向きの廊下に保温性を高めるコーナーを作り、この冬を越しきるかのテストをしてみる。
画像
一方いすみ育ちでは今皇帝ダリアが満開。降り続ける雨に耐えながら果敢に林立し咲き誇っている。冬桜も毎年少しずつ花数を増やしている。
画像
画像


そして11月13日、モッチャンとチュンさんが昼前に到着。日曜日とあって道路が込んだらしく到着か普段より30分以上遅くなった。
11月の活動はもう何年も同じ。隣家の高師さんが裏の田んぼに飛ばしたもみ殻をいただいて、ブルーベリーの樹下にマルチとして敷く作業。本テラスにある310本ほどの露地植えに約30リッターずつ掛けていくので、総量9300リッターが必要となる。
画像
画像
画像
重さはそれほどでもないとはいえ、その数を処理するのは結構体力が要る。画像の袋で約150袋ほど撒かねばならない…
画像
<第2テラス>
画像
<第1テラス最北西側>
画像

しかも二日目は亭主が防鳥ネット台風被害に対する国や自治体の特別支援金の申請などで半日外出を余儀なくされ、チュンさんが初日の作業で腰をやられ軽作業につかざるを得ず、もみ殻運びの重作業はモッチャン一人でとなった。
画像
画像
今年は台風の後始末も含め庭内の樹々の枝を相当切り落とした。モッチャンの火遊びも久しぶりに豪快…
画像

3i日目
ラビットアイの樹々の下に潜り込むようにしてもみ殻を撒く…
画像
昼前ようようもみ殻まき終了。一方チュンさんも畝間の刈り払った雑草を全部畝の上にのせてくれた。お陰で次の草刈りの時草刈り機に枯れ草が巻き付くことがなくなった。
画像


今日はチュンさんが帰京する。お土産の里いもを掘る。今年の里いもも粘土質の畑のお陰でねっとりして美味である。
画像

そして最終日、もう亭主はもちろんさすがのモッチャンも草臥れて作業に入る気がなくなっていた。
が、やはり孫可愛さはどこの爺さんも同じ…モッチャン俄然、残りの体力を振り絞って動き出す。
先月植え付けた外孫「ユヅルくん」の記念樹「利平栗」の植え付け状態に満足できないようで、さらに大きく穴を広げ大量の腐葉土を投入しはじめた。ユヅル君が農園で走り回れるころにはきっとうまい栗がなり始めているだろう。
画像
画像


そして丁度この日、亭主が今年の作業の自分へのご褒美として購入したエンジンシュレッダーが到着。
画像
毎年大量に出るブルーベリーの剪定枝。ただ燃やしてしまうのはもったい思いが強かった。チップにすれば樹下に撒ける。ただ、このエンジンシュレッダーは10万円ほどする。しかも動かすのにガソリンが要る。これだけのお金を使い空気を汚してブルーベリーの枝チップをマルチにするより、燃やしてしまった方がずっと安上がりそして自然に優しい…でもやはり農園遊びの延長線では枝のチップを作る方向を選んでしまう…どうだろ…?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント