綾錦、雪中行軍、中尊寺…ママさんの小旅行

<紅葉はどんなに下手にとっても耐えてくれる。>
画像

久しぶりに旅に出た。
旅といえるかどうかはともかく、感動の3日間であった。
10月27日、生まれて初めてJTBの国内のパック旅行に参加したのだ。
ことの起こりは秋の初め、「私、中尊寺行ったことない…」というママさんの一言。
亭主としては、こういうのを早く処理しておかなければ、後あと話がでかくなり取り返しがつかなくなる。
で、どうするか考えたが、秋の東北、今から紅葉の盛りの宿泊を探すなどややこしくてやってられない。
やはり老いたのか、面倒な些事に精力を注ぐ気力は失われている。
取り敢えず「中尊寺」の含まれるパックツアーをWEB検索。
一応かってお世話になった旅行会社のツアーから探したのだが、驚いたことに適当なものが見当たらない。
探す時期が遅かったのかもしれないが、ツアー数が想像以上に少なかった。
結局上記JTBの2泊3日「十和田、八甲田、平泉」を巡るツアーに参加することとなった。

早朝7時半東京駅集合。参加者26人、娘さん連れを含め全部がご夫婦。しかも喫煙者は亭主只一人という真面目かつおとなしいお客様の集団だった。
<ハヤブサ101号>
この車両も初めての東北新幹線でスタート。一路盛岡へ…
画像

驚いたことに初日のコースは十和田湖、奥入瀬なのに、下車駅は盛岡…。もっと近くまで新幹線の方が早いだろうにと思ったのだが、やはり時代は大きく変わっていた。高速道路もしっかりできてる。若干の忙しさはあったが、発荷峠越えで十和田湖では遊覧船にも乗って、十分コースとして成り立つルートになっていた。
<お昼は鹿角のホテル鹿角>
蕗の味噌煮がうまかった…
画像

<鹿角ホテルの中庭>
画像
画像

<発荷峠は紅葉も終わり曇天の中初冬の様相>
画像

<十和田湖畔も曇天で光量不足…晴れてたら燃え上っていたろう…>
画像
画像

<腐っても奥入瀬…盛りを過ぎたとはいえさすがに見事なもの…>
画像
画像
画像
画像

<星野リゾート青森屋?>
八戸の聞いたことのない宿…昔はここらには古牧温泉にでっかい旅館が1軒しかなかったはず。それに星野リゾートといえば軽井沢の新婚さんのホテル…隠棲する亭主には世の中の10年の移り変わりは驚きだった。
なんてことはない、かっての古牧グランドホテルだった。お世話になった杉本老人の時代は10年前に終わりをつげ星野リゾートの経営改善で復活したようだった。ハウステンボスや都ホテルなどもしかり、軽薄短小のサービス業はヤフーや楽天あるいはクラブツーリズムやHIS等が名をあげ、かっての大手は見る影もないものが多い。企業、経営なんてそんなものなのか…
<夕食はバイキング…おいしかった!! >
特に最後に温かいご飯にこれでもかとイクラをのせて食べたのはバイキングならではの特権…
画像
画像

旅費も国内にしては安くはなかったが、さすがに部屋もゆったりしていた。夫婦二人でのんびりかつぐっすり就寝。

2日目はとんでもないことになった。
コースは古牧温泉から盛岡の繋温泉までのバス旅行なのだが、途中八甲田山を経由するコース。
午前中をかけて越える予定のこの八甲田高原がなんと大雪となったのだ。
途中焼山まで戻ったまではよかった。
画像
が、空は雨模様。悪い予感…
画像
そして始まった…
画像
<大好きなブナ林も…>
画像
<城の倉大橋>
画像
本当はこれが見たかった。(ブログ「津軽発」からいただきました。PA181094.jpg:紅葉最盛期)
画像

八甲田高原はまさに「雪中行軍」で画像できず…せいぜいこれ…八甲田ロープウエイの中から…
画像

ブナで覆われた八甲田の広大な雪原を抜けるのにたっぷり午前中を要し、ロスタイムもだいぶ出た模様。
それでも山を下りると辺りは再び紅葉に変わった。
<黒石市民のソールフードらしい黒石つゆ焼きそばの付いた昼食>
画像
中野紅葉山という名所は辺りと比べ何となく場違いな感はあったが、確かに箱庭のような紅葉の美しい一角だった。
画像
画像
紅葉が食傷気味になりつつあったところでリンゴを発見
画像
そうだ!!ジャム作らなくちゃ…と、昼食時間に探しに探し「紅玉」をおまけも含めて13個ゲット!!
画像
夷隅ではなかなか見つけることのできなかった「紅玉」…これで冬の終わりぐらいまでは持つだろう。
この後八幡平ルートも雪で閉鎖。ただ走りに走って明るいうちに繋温泉のホテル「紫苑」に到着。ゆっくりお風呂に入って夕食。そして就寝。
画像
画像

そして最終日、とうとうテッペンを見せてくれなかった岩手山を後に田沢湖へ…
画像

<田沢湖から見る秋田駒(右)と乳頭山(左)>
大学2年の秋、ここ田沢湖から秋田駒ケ岳、乳糖山、岩手山と3泊4日で尾根歩きの単独行したことがある。途中一泊は宿に着けず山中でビバークもどきという苦い経験もあり、今でも忘れられない縦走だった。その全景を40余年後の今、田沢湖の南から懐かしく見上げた。
画像

<角館>
美しい街であった。ただ…行き過ぎると馬篭や高山のように観光過多の街になってしまうのではと気になった。
一軒でしか食していないので何とも言えないが、稲庭うどんもカトキッチャンの冷凍食品の方が亭主には向いていた。
観光ルートからちょいと外れた美術館の紅葉は素直に美しい一角だった。
画像

画像

<そして中尊寺…>
画像

長くなったが、やっと中尊寺に到着。ママさんのウォンツを満たすことができたようだ…
金色堂もガラスに包まれかっての荘厳さは見る影もない。天気の悪かったせいもあるか…
この後またまた何故か仙台までひた走り新幹線で東京帰着は8時半。
仙台で買った牛タン弁当がうまかった…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック