多様な作業メニュー 10月勝手連

<秋です…ジューンベリー>
画像

2つの大きな台風通過後も、なんとなくうすら寒い日の続く10月後半。
いつもになく在夷日数が少ない月とて、何とか効率よく働こうとするのだが気持ちばかりが焦って体はおっくうがる。
やっとのことでコリアンダー、カモミールなどのハーブやルバーブ、遅まきながらの玉ねぎの種撒き等々春先向けの種まきがやっと。
そんな19日、首を長くして待っていた勝手連到着。
嬉しいことに今回は久しぶりにボスも参加。といってもまだ腰の調子が万全でなく、自宅で栽培した「筍イモ(サトイモ)」をわざわざ運んでくれるために日を合わせてくれたのだ。
<筍イモとヤーコン>
画像


モッチャンとチュンさん昼前に到着。まずは近くの知人矢代さん宅のもみ殻をもらってくる作業。
軽トラで乗り付け、貯めていた培養土の袋にありったけ積み込む。
画像
画像

2時間ほどで全部掬い取り、20ℓ×50体ほど持ち帰る。
日暮れの早くなってきた時期、残り時間が少ないのですぐラビットアイの根元に撒き始めた。
画像
画像
新しいもみ殻を置いた樹は何となくきれいだ…
画像

2日目、久しぶりのボスも一緒に朝食…なにはなくともジャムだけは豊富。この日はブルーベリーの他ラズベリー、リンゴ、イチゴ、ママレード…イチジクはママ用なので蓋は開けていない…
画像

この日の大仕事は台風でずり落ちた防鳥ネットをセンターワイヤーともどもセンター支柱に戻す作業。
センターワイヤーを南北の両端で引っ張っていた3mmのアンカーワイヤーが強風で引き千切れ、センターワイヤーが緩んだせいで先月畳んだばかりの防鳥網がそのまま西へずり落ちたのだ。
画像

こればっかりは手作業で持ち上げ縛り直すしかない。午前中一杯かけての大きな手戻り作業だった。
画像
画像
緩んだ支柱の根元も補強し直し…
画像
そして今まではセンターワイヤーの留め金具は鉄のキャップだけだったのだがこれに単管パイプ用の自在クランプを工夫してワイヤーが支柱から外れないようにした。あとはアンカーワイヤーを新たに4mmに付け替えることで補強を図る予定。
二人にネットを任せた亭主は、次の作業の前捌き…2月の大雪で大破したサンルームの屋根の補修準備に取り掛かっていた。新たに物を作るのはスムースなのだが、補修というのは手間が3倍ぐらいかかる…
<青空の見えるところは以前屋根があったのだ…>
画像

割れた波板の残りを引き千切り、折れた材木を抜き取ったり外したり…この残骸をどこへ捨てるかあるいは再利用するか…
画像

午後からは二人も加わって残骸を取り去り何とか新たな補修作業に入れる状態にまで持ち込んでくれた。
画像
画像

3日目。朝モッチャンがとんでもないことを言い出した。
「サンルームの西側の外柱の根元は腐ってる。この際取り替えましょう。外の道路脇に台風で倒れた杉で適当なのが2~3本ありました…」
「うーん…」亭主のまったく予定していない追加作業の提案であった。もちろんその提案は正しい。そうしたい。
が、亭主は今回の作業でサンルームの屋根ふきまで完全に終わるようにタイムスケジュールを組んでいたのだ。
この提案を受け入れると今回は屋根は張れず、屋根下の支えとなる張りの材木を雨ざらし状態にしたまま終えることになる。
もちろんそのあとを亭主が続ければいいのだが、一人作業では時間がかかり過ぎるのが難だった。
どうやらチュンさんもモッチャン案を支持してるみたい…。考えた挙句提案を受け入れ外柱の台座調整から補修開始。
画像
画像

宅から200mほど先の家庭ごみ集積かごの付近から台風で折れて放置されてる杉の木を2本運搬、チェンソーで3本の柱を作り、これまでの柱の間に加える。(赤みがかった材木が新しいもの…)
画像
<緩んだガラス窓の調整>
画像

新たな外柱の高さ調整、設置位置の変更等で手間取ったが、どうやら基本的な位置取りは完了。
帰宅するチュンさんを送った後天井の梁までは付け終えた。
画像
そして外観は恐ろしいほど頑強な姿に一変した。…
画像

最終日、朝から猛烈な雨…
案の定、本日予定していた屋根ふきはできず順延となった。そして取り付けた木材類は雨ざらし状態…
そして次の日も…
何とか10月中には屋根の取り付けを終えたかったが、この後の予定を考えると11月にずれ込みそう…
ま、メイクァンシー、何とかなるさ、アスタマニアーナ、ケセラセラ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック