弥生あれこれ

<仙台枝垂れ桜>
画像

3番目の外孫「作」が生まれて1年になる。月初仙台枝垂れを河べりの三角地に植え付けた。
画像

最初の「玄太郎」(右)、2番目の「伯」(左)のしだれも順調に大きく伸びている。

やはり3月弥生である。梅、桃もさることながら処々に菜の花や野の花が咲き乱れてくると大雪被害のショックからもいささかは回復し始め、むしろ春の準備に心躍らせる気分が強くなってきた。
5日恒例の大学のクラス会出席のため杉並へ。
ここはママさんの城。いつも花や季節の飾りがある。
画像
温室のブーゲンビリアは今年も絶好調。
画像

いすみに戻ると勝手に咲く花ばかり…しかも黄色、黄色…みんな黄色…
画像
画像
画像

こいつは白勝ち
隣の高師さんの物置をねぐらにしてる4匹の半野良のうちの一匹であるが、どうやらグレコのいなくなった小生宅の後釜を狙い始めたようだ…オスなのでハナも嫌がっていない…どう対処するか…
画像
<グレコ>いなくなる前日の深夜、珍しく亭主のデスクに伏せか細くニャアと鳴いた。後から考えるとお別れを言いにきてくれたみたいだった。おとなしい臆病なオスだった…
画像

9日からママさんがやってきてくれ、春の仕事を本格的に開始した。
最重点はブルーベリーの接ぎ木
第2、第3テラスに植え付けてあったラビットアイ種の若木にハイブッシュの接ぎ穂を継いでいく作業
画像
画像

第2テラスの台木は15本。第3テラスの台木は40本。
各台木に平均4本の接ぎ穂を接けるので合計220本ほど、気の疲れる細かい作業となる。
それでもハイブッシュが増えることは、夏場の摘み取り作業が月々平均的に行えるようになることまたハイブッシュは早い時期に実るので出荷価格もいささかは高めで納められるなどのメリットは大きい。5種ばかりのハイブッシュを接ぎ木する予定である。

今年の新しい果樹のうえつけには、気になっていたオリーブを選んだ。
かっていすみで生活を始めてすぐにオリーブを12本ばかり植えつけたのだが、まだまだ手法が未熟であったり土が出来上がっていなかったことなどで結果としてすべて枯らしてしまった。
それ以来なんとなく植えつけるのを避けていたのだが、やはり欲しい。コメリで時売れ残りの苗を安く売っていたので3種6本買ってきて李の周りに植え付けた。クライネガルテンにするつもり…図々しいか…
画像
画像

防鳥網の修理もさることながら3月は夏場へ向けての野菜苗も準備する必要がある。
トマト、ナス、キュウリなどはもう少しして苗を手に入れるつもりだしジャガイモはこの後の勝手連でボスが植えつけてくれる予定。
取りあえずハーブや苗で手に入れにくいものを種まき。
画像
画像

ルバーブ、ズッキーニ、バジル、コリアンダー、カボチャなどの種を播いた。
こうしてるといつもの春の訪れになってきた…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック