テラスデッキの増床着手…11月勝手連

<紅葉の始まった11月16日のハイブッシュテラス>
画像

11月も半ばを過ぎたが、暑かった夏を引きずっているのかハイブッシュですらモミジは未だしの感がある。
葉が散らないと入れない剪定作業が遅れることになりそうだ…

16日モッチャンとチュンさん到着。今月はボスが勤務の都合で別行動。
今月は何はともあれ着手してから2年間放置されていたテラスデッキの増床に取り掛かった。
オフシーズン作業の優先順位で防鳥ネットの補修や灌水装置の設置などに先を越され、ずっと後回しにされ続けていたのだが、やっとその順番が回ってきたことになる。
今夏かっての会社仲間が6人で訪れてくれた折、デッキで懇談してもらったのだが、いかにも狭く窮屈だ。
しかも下は小石やコンクリート片がゴロゴロし雑草も伸び放題。
もう利用の限界に来ていた。
画像
画像

思い起こせば、ここを造ってから早や7年が過ぎている。
<2007年9月、台風の直撃でサンルームの出入り口の屋根がすっ飛んだ。>
画像

<折角だからとテラスデッキを増築>
画像

<完成直後のデッキ>
画像

それでも当初から廃材で造ったデッキだから古びては見えるが、基本部分はあまり痛んではおらず、床以外は現状を延長して空間の拡大を図ればよいと考えた。
現状で約4畳。屋根を前方に倍増させ、空間を8畳に広げることにした。
画像

勝手連の到着前に床に残ったコンクリート部分はハンマーでたたき壊していささかの整地はしておいた。
画像


初日はともあれ屋根づくり。先に床など造り始めて途中雨でも降ったら大事になる…
隣の高師さん(:かっては大工の仕事もやっていた。)に頼み込んで丸太を6本頂いた。
持ってきてみると床柱になりそうなのも3本ばかりあり、もったいなくて悩んだ末柱にせず梁に使うことにした。(梁なら雨にも当たらず今の姿を最も長く保存できると考えたのだ。)
早速今ある梁に新たに延長する梁を結び付けせり出させる距離を調整する。
画像
画像

2日目。せり出させた梁の突先の下に柱を立てる。
いつものとおり亭主のいい加減さで、全部目見当での作業だから柱を真っ直ぐしかも同じ高さに立てるのは結構手間がかかる。
画像
画像

3本の柱の上に角材を渡し右が高いの左が高いのと侃侃諤諤。柱立てに数時間を要した…
画像

好天に恵まれ、晩秋の空気が最高にうまい。おかげで喧嘩にもならず作業は着々と(?)進行…
画像

あまりいい画像じゃないけど、田舎の秋なのだ…
画像

波板を打ち付けるための角材を梁に取り付け本日の作業は終了。
画像

3日目、いよいよ柱や梁の本格的な固定に入る。
<ブロックの上に建てた柱の横に杭を打ち込み柱をワイヤーで縛り付け、つぎに柱と梁をL型金具で固定。>
画像
画像

快調に波板の張付けに入った。
画像

屋根完成。!!!
画像

好天と勝手連の我慢強さに恵まれ、亭主の予想よりはるかに早く屋根の拡幅が出来上がった。
ざっと見渡しても見違えるほどゆったりとした広さの空間である。
終了後牡蠣や掘り残しのジャガイモを土産にチュンさん帰宅。
モッチャンももう一泊してくれた後ありったけの渋柿を土産に帰宅。新春には干し柿のお裾分けがあるに違いない…

さていよいよこれから難関の床づくりが始まる。なるべく早く終わらせないと、もう冬剪定が目の前だ…

そして日、ボスが単独で日帰り来訪。
忙しい合間を縫って玉ねぎの植え付けにやってきてくれた。
亭主も大童で畝づくりをして来訪を待った。
画像
画像
画像

ニンニクの植え付けは既に終わり今回が玉ねぎ、来年こそ手抜きなく長谷川ワールドの野菜の賑やかな収穫をと覚悟を新たにした…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック