次年度準備の始動  9月勝手連

画像
画像

今年は彼岸花が早い。そして例年より数が少ない感じ…それでも秋を実感させる。

9月21日、東京組のチュンさんが腰痛で急きょ不参加になりモッチャン単独で到着。
そしてこれまた間の悪いことにモッチャン到着の直前、亭主の不整脈の発作が始まり、昼前から夕方まで7時間全く動けずタイムロス。
モッチャン一人に灌水ホースの片づけを頼む。
1畝20m以上あるフイルム状のホースは樹下を這い、周りを雑草に取り囲まれている。引っ張ったりせず丁寧に外していかないと、破れて使い物にならなくなる。しかもこのホースを取り外さないと樹間の草刈りが全くできない。
半日フルに使っても48本のホースを取り外ずすことができず、イライラでモッチャンクタクタ。
半日寝ていた亭主は夕食時には発作も静まり、あっけらかんと大酒を飲んでた。申しわけなし。


2日目、朝から近くの矢代さん宅のもみ殻をもらいに二人で出動。
画像

ピートモスの袋で31袋、約100樹分のもみ殻をいただくことができた。
あと最低でも200樹分のもみ殻は欲しい。10月に高師さん宅のもみ殻で補えればいいのだが…
画像


昼前、ボス到着。
待ってましたとばかりに、今回の最大の緊急事態解消に取り掛かった。
下の画像は2年前のもの。枯れた竹を切り倒すべく作業にかかっているのだが、その後ろに移っているのが、まだ元気な栗の木。
画像

気が付かなかったのだが、その頃からだろう、カミキリムシが巣食い始め、今年の夏には完全に枯れてしまった。
前回のブログで紹介したように、9月16日の台風18号で栗の樹は根元から折れ防鳥ネットの上に倒れた。
画像

またまたネット破損で取り替えか(何回替えればいいのか!!!)と思ったら、傷はそれほど大きくなく、補修で何とかなりそうだったが、この4mもある枯れ木を一人で取り除くのは到底不可能。で、勝手連を待った。

相変わらず、考え出す手法は原始的・・・
まずは防風ネットの外にある孟宗竹に3mほど延ばした梯子を立て掛け、栗の木の先のほうに括り付けたザイルを梯子のトップを越して反対側に回し、引っ張る。ものすごく単純な手法。
画像

でも案外こんなことでうまく栗の木が動いてくれ、ネットの外側に外すことができた。
もちろんその間四方に広がる枝は外せるだけ外し、ネットの破損を可能な限り避ける努力もしている。
画像
画像

なんでこんなにネットがらみで問題ばかり起こるのか…と情けなくなったが、仲間のお蔭でメゲるほどには至らなかったのが幸せであった。
モッチャンもまたこの枯れ木で釉薬が作れるかも…

そしてボスは本務のにんにくの植え付けに入る。
画像

200粒を超えて植え付け完了。
画像


モッチャンはハイブッシュテラスの樹下の草刈りを鎌で丁寧に刈り取り開始。
画像

毎年、根の深く広がる萱がどんどん増えて悩ましい。1~2年のうちには何らかの手を打つ必要に迫られるはず…
画像

亭主はラビットアイテラスの草刈り。自走式では無理なところを刈払機で刈っていった。

3日目、4日目もただひたすらに草刈…。
画像

モッチャンがハイブッシュテラス158樹の樹下の刈り取りを完全に終え、亭主はラビットアイテラスの15列のうち
11列までとネット下の草刈りを完了。
これから遅ればせの秋の施肥、そして伸びすぎた枝の整枝と来夏へ向けての作業のスタートとなった。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック