サポート隊第2陣 ミツバチジーヤの冒険?

画像

またこの可憐な夏の花が咲いた。大好きなのだが名前は知らない。
何もしないのに毎年半日蔭に涼しげに咲いてくれる清涼剤だ。

7月12日サポート隊第2陣の来訪。
毎春ミツバチでお世話になっている岩佐夫妻が朝9時に到着。流山からは3時間近くかかるはずだから、相当早くから準備・出発いただいたことになる。
しかもこの夫妻、普段からミツバチの世話で屋外作業は手慣れたもの。作業開始から終了まで着替えや持参された飲用の準備など全部庭で済ませてしまう。その手慣れた動き、見事としか言いようがない。
挨拶もそこそこに15分後には摘み取り作業に入ってしまわれた。
確かに帰りの道路状況を考えれば、作業時間はあまり多くないという判断になる。
実に合理的かつテキパキ・アッサリの身の振舞われ方はなんとも小気味がいい。
画像

画像

この日はブライトウエルがほぼ摘みごろに入っており二人で集中して摘んでいただいた。
というより、二人で離れたがらないのだ。
このおしどり夫婦、画像で別々にとるのが結構難しい。常に2mと離れていることがないのだ。
独居老人には結構目の毒である。
画像

画像

5月のミツバチ作業の折も…
画像

しかも会話は夫唱婦随の関白風だが、行動は婦唱夫随と見た。
「ミツバチのオスは、。ちっとも動きません。全然働きません。全く役に立ちません」という静子夫人のあの名言があらためて耳に響く…
この旦那、あの名門旧愛知一中の流れを受けた高校の陸上部短距離のエースランナーとして名を馳せたのだが…そのカモシカは今やミツバチと令夫人を追っかけるミツバチジーヤになっている…40年たったもんなぁー。

この日の収量10.6kg。
事前に少々無理とは思ったが「目標10kg越え…」と言ったのが結構プレッシャーになってしまったみたい…
時間も少なかったのに申しわけありませんでした。
加えて嬉しかったのが奥さんに作っていただいたカレー。
美味かった。実にうまかった。
しかも量も意識して多く作ってくださってたので亭主の夕飯までまかなえた。
忙中である。本当に助かる。ありがとうございました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック