入梅もどきの初夏の収穫…玄太王子来夷

<灌水装置の放水テスト>
やっと配管だけは終了。残るは48個の吐水口へのホースの接続…
画像


5月31日(金)、夕刻に玄太母子来夷。
昨年納得のいかなかったホタル狩りの再挑戦である。
18時過ぎに大原到着。すぐさま自宅直行。
自宅についたらなんと岩佐夫妻がミツバチの撤収作業を終えるところであった。
画像

珍しいシーンに玄太興味津々。
岩佐夫妻、撤収後急いで帰宅し、ご自宅でまたミツバチを落ち着かせる必要があると早々に離夷。
いつもゆっくりしてもらえないのが残念。
夕食もそこそこに山田の第3地区へ駆けつける。
今年はやや肌寒ではあったが、天気も良く、ホタルもご機嫌に飛んでくれて比較的満足できる結果ではあった。残念ながら暗すぎて画像には残せなかった。

一夜明けて終日労働の日。
まずは玉ねぎの収穫…
画像

画像

今年は植え付け数を絞ったので1時間程度で収穫を終える。
やや小ぶりな出来具合のものが多く、ちょっとさみしい収量。
次いでにんにく…
画像

画像

<根と茎をちょん切って>
画像

画像

<乾燥へ…>
画像

画像

画像


3日目(日)最終日
朝から雨。
ブルーベリーを摘むつもりだったのだが、あきらめざるを得ず。試食で終わり。
デュークが本当に甘い。今年も良い出来のようだ…
画像

急遽。サンルームで工作教室。
まずは、灌水設備の吐水口づくり。
塩ビ管を切り、止水栓やニップルといったパーツをソケットを使って接着剤でつないでゆく。(なぜかハナも参加…)
小学2年生は、まだまだ力がない様でのこぎりがうまく使えない。
本格的な工作はもう少し大きくなってからだなと認識。
画像

次いでお母様、おばあ様のご要望で小刀の使い方の練習。
画像

鉛筆の削り方を教えようとしたのだが、王子は普段サウスポー。小刀を左で握ったので刃が裏返しになる。
道具の面白さを改めて感じつつ、右手で握るよう教える。
考えてみればのこぎりに力が入らなかったのもそのせいかもしれない。
右手で小刀を軽く握り、左手の親指で小刀の背をゆっくり押し出すように鉛筆に当てていく要領を数度繰り返させた。
途中、緊張で刃を握りそうになったり、刃を充てる角度がきつすぎて鉛筆に食い込んだりと危なっかしかったが、10分もかからず安心してみてられるようになってきた。
削った鉛筆でノートに落書きできたときはさすがに嬉しそうであった。

それでも雨はやまない。
最後はやむなく月桂樹の挿し木でごまかした。これも小刀の使い方の延長…
画像


わずか3日の滞在だったが、ホタル狩り、ブルーベリーの試食も含めた作物の収穫、工作教室と、玄太王子にとっては中身の濃い滞在だったのではなかろうか…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック