ツムツムツム!!!  7月の来訪者 サポータ③

7月下旬 遅れ気味だったラビットアイテラスの実も百果繚乱(?)の呈。湧き出るように実が次々に碧くなっていく。
天候の加減(遅れ気味の夏、突然の真夏)で先陣を切るオースチンやブライトウェルの熟しが遅れぎみのところへ最晩生のデライトやバルドウィンが早めに熟し始めたのが重なり、園内は突然ほぼ全ての樹が摘み取り時期に入ってしまった。
玄太母子が帰った後ママさんが連日早朝から摘み続けてくれるのだが、一人では到底間に合わない。
ここを支えてくれたのが次々に訪れてくださったサポータや友人の来園であった。

7月26日、今年も山崎夫妻と西川氏来園。
毎回楽しみにしている菓子パンを山のように携えて…
画像

バルド、デライトなど最晩生種の初積みに集中してもらい,ママさんが摘み続ける他品種の過熟化回避をサポートしてもらう。
画像

画像

画像


ついで7月27日
昨年春いすみ鉄道のムーミン列車が菜の花と桜の中を走る絵を描いていただいた山家氏とその絵仲間が来園。摘み取りを楽しんでいただいた。
いすみ鉄道大多喜駅に寄贈した絵を見がてらの一日旅行。年配の方々の屈託のない和気藹々ツアー…良いもんだ。
画像

この日は、体調不良でずっと勝手連を休んでいたウッチャンとカネコさんも、摘み取りサポーターとして早朝から駆けつけてくれた居たのだが、亭主バタバタで久しぶりのママさんとの会話シーンも写真なし。
もったいない…

出会いは続く…
翌28日は、若かりし頃(亭主30代前半)同じ職場で働いた旧姓角野さんが娘さんとお孫さんを連れて来園。
画像

暑い中ではあったが、摘み取りを楽しむとともに家内とのおしゃべりも数時間。
画像

画像

女子というのはどうしてこんなにいろいろと次々に話の種があるのか本当に不思議な生き物だと思う。

7月の最後、31日にやっと本格的な収穫目的のサポータの来園!!
ひさしぶりに岩佐氏が奥さんと駆けつけてくれたのだ。
画像

画像

特に説明の要もなく、すぐに摘み取りが始まり、要領よく仕事が進む。
この日の収量25㎏は、7月の最高収量となった。

この頃になると作業はピーク状態が連続し、連日摘み取りと選別に明け暮れブログそっちのけ。
タイトルにあるようトラトラトラもどきのツムツムツム状態が続く。
しかもラビットアイはハイブッシュに比べて摘み方が難しい。
青くなったからと言ってもすぐ摘んだらまだ甘くなっていないものが多いのだ。
青くなっても数日置かないと甘味は増さず、摘み取っても市場には出せない。
このあたりのタイミングも経験が必要となり、選別時間にも大きく影響する。
加えて7月25日からはなでしこジャパンの快進撃が始まった。引きずられてか男子も続く…

ぼちぼち書いてたこのブログも、今日は8月13日。
サポータの方々本当に申し訳ありません。
8月のブログがいつ作れるやら…
ちなみに昨日現在の総収量は453kgであります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック