ビッテのいない夏休み 玄太郎一家来訪

気が抜けたというわけではないのだが、8月のブログがまた遅くなった。
16日に玄太王子の家族とママさんがやってきてから昨日30日までずっとひとりの時間がなかった。
加えてこの間杉並のパソコンの修復などずらわしぃ状態もあったのが原因。

ま、弁解はともかく今年も玄太一家がママさんを連れてやってきた。
玄太と玄太ママは今夏2回目、前回は摘み取りサポータだったが、今度はパパさんも一緒の夏休み…
画像

その玄太パパには今回ちょっとした楽しみがくっついていた。
新しいバーベキューグリルに初めて火を入れることだ。
画像

玄太パパはバーベキュー大好き人間。
ずーっと一人で準備から調理まで立ちっぱなしでやってくれる。
画像

三女の婿殿もそうなのだが、この世代の父親ってのは本当にやさしいなとつくづく感心する。
そして亭主は早く生まれててよかったとも…

今の亭主にとって、他人が調理してくれる食事だったらもうそれだけで満足。
加えてこのパパさん、いつもいい酒を持って来てくれる。言うことなしだ…
画像

画像


ここ数年、毎夏の恒例行事となった玄太一家のバーベキュー。
毎年同じように和気あいあいでやってはいるのだが、昨年は母の姿がなくなり、今年はビッテの姿がない。
ママさんも心なしか元気がなく見え、亭主も少々感ずるとこありの今年だったが、
考えてみれば玄太は一段と逞しさを増し、7月には「伯」が誕生している。
時はたゆまず正確に刻まれているのだと素直に受け入れることにした。
<昨年8月>
画像

<一昨年5月>
画像

<送り火か…>
画像


<いすみの夏の楽しみはやはり海>
画像

画像

画像


そしてブルーベリーもちょっと…もう亭主の農園は玄太一家の摘み取りでシーズンが終わったのだ…
画像

画像

画像

画像


今年の夏も玄太一家はいすみを十分楽しんでくれたようだ。
雑草だらけの農園を楽しめる少年に育ってくれるのは亭主にとってもうれしくて仕方がない。
人生の大半をコンクリートジャングルで生活せざるを得ない宿命(?)にある孫が、いささかでも緑の空間・風のある時間を大切にする気持ちを身に着け、保ち続けてくれるよう願ってやまない。

そして6月から始まった今年の農園の摘み取りシーズンは8月半ば突然という印象で終わりを告げた。
長い長いシーズンだったのだが、その終わりはあまりにも唐突であっけなく、瞬間的に気が抜けた感だった。
総収量ざっと300kg。
忙しかったが、結果として1樹あたり2kgの収量ではまだ狙いの半分も行っていない。
来夏は多分500kgには達する。
働き方の段取りを上手に考えないとと今から覚悟を固めた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック