作業メニューは目白押し 4月の勝手連

ハイブッシュの花が盛りを過ぎ結実に向かい始めた4月下旬、ラビットアイの花が一斉に開き始めた。
いよいよまた本格的なブルーベリーシーズンが始まる。
そんな22日、勝手連フルメンバーが集合した。
<ラビットアイの開花が始まる。>
画像

<ミレニア 南部ハイブッシュ>
花弁が落ち、めしべだけ残った咢が見える。もうすぐここが膨らみ始める。
画像


先月は東日本大震災のあおりを受け勝手連始まって以来の休会となったので2か月ぶりの活動である。
木々や草花にとっての本格的な春。
作業メニューはまさに目白押しであった。
テラス関係では
優先順位のトップはなんといっても本年最初の草刈り。
そして2回目の施肥。
可能であれば防風網の修理。
どれもこれも作業時間のかかるものばかりである。
加えて今回はまたモッチャン得意のもの探しハプニングで大ヒットがあり、
作業内容が大幅にアップする羽目となった。

一方で長谷川ワールドは、サトイモなど野菜の植え付け時期にあたる。
週末の天気を気にしながらそれぞれの作業を手早く片付けていかねばならない。
初老を迎えた各人が、それぞれどこまで根気を維持できるか?体力勝負の4月である。

初日(22日 金)最初に到着したのは、別働隊岩佐夫妻であった。
勝手連に日を合わせ、今年もミツバチの巣箱を運んでくださったのである。
前述のとおりラビットアイが咲き始めたぴったりの時期だ。
画像

昨年は巣箱をテラスの防風網の内側に設置したのだが、防鳥ネットを張る時期と重なってしまい、ネットを張った後蜂が巣箱に戻れないというハプニングが起こったので、今回は巣箱を防風網の外側に設置することにした。
画像

ご両人山野草に詳しく、毎年モッチャン、ウッチャン各夫妻を連れて山菜採りツアーに出かけるほど。
今日も時間が空くと仲良く園内の野草摘みに入った。収穫はヨメナとセリとのこと…
画像

画像

片道3時間を超える長距離ドライブで来訪のお二人、昼食もそこそこに夏の摘み取り時期の再会を約してご帰還となった。
持参いただいた奥さんお手製の大振りのお稲荷さん(30個)と内房で潮干狩りしたあおやぎのヌタ和えが美味かった。

ボスは今回も1泊予定。
なにせ時間が限られている。
シャカリキになって作業に入る。
<先ずはいんげんの支柱づくり>
今回はロシナンテとテラを駆使して畝作りを丁寧にやっておいた。
いささかは畑らしくなっていたのでボスもご満悦ではなかったかとひそかに思っている。
画像

画像

<そして大根の種まき 二日目>
加えてしょうがの植え付けも終えている。本当に素早い。
画像

<えんどう畑の雑草取り。>
さかすがに1泊では時間が足りない。モッチャンがサポートに入った。
画像

<早朝雨の中のサトイモ植え付け>
朝亭主がまだ寝てる間のことである。前夜からの雨がまだ上がる前、ボスはサトイモを植え付けたらしい。
寝ぼけ眼で庭を見たら一仕事終えたボスが帰ってきた。
なにせ時間がないので前日夕日が沈んだ後まで、サトイモを植え付ける場所をテラで整地をしておいた。
つぎの日は雨との予報にホストは連休に再度植え付けに挑戦しようと話していたのだが、ボスは勢いで雨中の植え付けを決行したようだ。タフである。
画像


テラスチームも時間に追われていた。
中日の天気予報は終日雨との予想。
到着後すぐに、といっても岩佐夫人のお稲荷さんに舌鼓を打ってからだが、全員で草刈り作業に入った。
といっても草刈り機は2台しかないから、最初はウッチャンとチュンさんが担当して、その間亭主とモッチャンはR&Bガーデンの支柱づくりを開始した。
<草刈り機の扱いはウッチャンの得意技になって来ている。>
画像

<モッチャンはまだビギナー>
チュンさん同様タッパがあるためか不器用なのか、草刈り機が全くピタッと来ていない。
これじゃ方からのベルトが長すぎる…
画像

<チュンさんは防風網の補修に回る。>
捻挫・骨折など傷病のデパート チュンさんもこの分野の作業は疲れが早く来るので得意とは言えない。
早々に防風網の補修に回る。
至極単調で退屈な作業で申し訳ないのだが、来月には皆でこの作業が必要だ。
春のポカポカ陽気のなか写真ではのんびりと楽しげにも見える。
画像


降ってはやみ、やんでは降る不安定な天気の中日、作業は当然不安定になる。
それでも合間合間を縫って草を刈り、防鳥網の補修を進めた。
お陰で第1第2テラスとも今年最初の草刈りが完了した。
<晴れ待ち顔>
画像


<水連の植え替え>
ハスのベテランであるモッチャンが水連の鉢の土も入れ替えてくれた。
水連も土替えをしないと花が咲かなくなるというのを知らなかった。
画像


3日目に大ヒットが生まれた。
早起きは3文の徳というか、犬も歩けば棒にあたるというか…
モッチャンが朝の散歩から興奮して帰ってきた。
「もみ殻を見つけました!」
「どこ?」「すぐ近く!」、「量は?」「かなり!」、「すぐ行こっ!!!」
「ゴミ捨てっぱなしのうちです。」「ふーん」、
「爺さんの一人住まい見たいです。」「似てるね…」、
「相当無精な人みたい。」「俺のことかっ!!!」
と、すぐありったけの袋を取り出し、軽トラに4人で乗って繰り出した。
宅から1kmもない全くの近く。「ラッキー!!」である。
<よくもまあこんなに近くに>
今までのもみから集めから行ったらチョー楽作業になった。
画像

<量も十分すぎる。>
持って行った袋を使い果たした。
画像

<すぐにマルチング作業に入る。>
画像

<たっぷり置いても使い切れない。>
画像

<第2テラスの新造成地>
画像

<第3テラス>
画像


助かった。本当に助かった。
いまどきもみ殻が手に入るとは思ってもみなかった。
今年の夏の水対策がまた大変と思っていた。
特に第3テラスは、浅植えした苗だ。マルチ無しでは夏の日照りに耐えられ無いだろうと、必死で木材チップを手に入れようとしていた矢先だった。
みんなにもその思いは伝わっていたのかもしれない。
帰京当日にもかかわらず、ピッチを上げた作業を続けてくれた。
そして全テラスの全ての樹々にマルチングをすることができた。

終わった時はみかなテラスデッキに座り込み、ほっと気の抜けた状態。
「モッチャン、今日みんなと一緒に帰れ。明日の作業は無理だよ…」
亭主も4日連続の労働は体が持たない。
「そうだな、山は越えたし、一緒に帰ります。」
と、モッチャンもくたびれた様子。

本当に皆さんご苦労さんでした。多謝々々であります。
これで第3テラスも夏を超えられます。
また一歩前へ進めることができました。

来月は防鳥ネットさえ張れば、遊びの作業が作れます…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック